負け組の人生は因果応報かも知れない、孤独を乗り越えて逆襲する方策



人生を過ごしていると、負け組の人生と感じることがあるもの。仕事が辛かったり人間関係に疲れたなど、生きることに疲れてしまうことにもなりかねません。

更にこれからの残された長い人生を思い描けば、余計に暗澹たる気持ちになり落ち込んでしまう、そんな負の連鎖ともなりかねません。

人間はそれぞれに違う個性があるので比べても仕方がない、そんな言い方もありますが、現実は他人を見るとつい自分と比較することになります。

そんな時に人生の勝ち組と負け組を別けるのは、職業をはじめ肩書だったり年収や家族構成などで見分けることになります。

ここで負け組に入っていると、長期に渡って人生勝ち組とは違う生活をすることになりかねません。

ここでは、負け組の人生は因果応報かも知れない、孤独を乗り越えて逆襲する方策を紹介しています。

 

 

 


負け組の人生は因果応報かも知れない、孤独を乗り越えて逆襲する方策


 

| 1.己が素晴らしいと思える目標になる人物を見つけるという

身近な場所にメンター的な存在を見つけるということ。負け組の人生から脱却するためには、己が素晴らしいと思える目標になる人物を見つけるというもの。

負け組の人生にある人は、先ずは基本的な生活パターンや行動などを見直すのが、孤独を乗り越えて逆襲する方策の一つ。

そのためには、己自身が憧れる目標となるような、メンター的な存在の人を見つけておくと、挫折しないで継続してモチベーションを保つことができます。

 

| 2.相談をするよう心掛け己自身を指導してもらうというもの

指導してもらうということ。己の周りにメンターに適した人がいた時は、相談をするよう心掛け己自身を指導してもらうというもの。

メンターに適したような人がいない場合は、ネット上で指導的な立場で活動を行っている人を探すようにします。

そのときは、最も己が憧れ目標となる、そうしたことができる人物を選ぶのが、孤独を乗り越えて逆襲する方策の一つ。

 

| 3.切り離せないものですが、怖れることなく挑戦し続ける

行動をスタートするということ。新しく何かを始めるときは、失敗例は切り離せないものですが、怖れることなく挑戦し続けることが重要というもの。

失敗を恐れて途中で止めてしまったり、失敗する度に落ち込んでいては、それ以上前に進むことはできません。

失敗を繰り返しても諦めずに努力をし続けることが成功への近道で、負け組の人生の脱却にも繋がる、孤独を乗り越えて逆襲する方策の一つ。

 

| 4.他者を羨んだり妬むことをしないようにするというもの

他の人への嫉妬心を捨てるということ。負け組の人生から脱却するためには、他者を羨んだり妬むことをしないようにするというもの。

人間は己が憧れる生活をしていたり、望む人生を謳歌している人物を見ると、羨ましいという心境になり嫉妬心が湧き起こることにもなりかねません。

負け組の人生の人はコンプレックスも強く、成功している人を敬遠するところがありますが、積極的に近付くのも孤独を乗り越えて逆襲する方策の一つ。

 

| 5.真似をすることで、己自身も同じように成功の秘訣を掴む

成功者の真似をするということ。成功している人に近付くように真似をすることで、己自身も同じように成功の秘訣を掴むというもの。

成功している人が身近にいるケースでは、積極的にコミュニケーションを取るようにし、その人の普段の思考パターンや習慣などを学ぶよう心掛けます。

成功者の思考や習慣を己に落とし込むことにより、同じような成功の道を歩くこともできる、孤独を乗り越えて逆襲する方策の一つ。

 

 

 


人生負け組はしょうもないということも、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.やる気もなく現状を変えるような行動が起こせないという

向上心がない心理状態。負け組人生の人に見られるのが、やる気もなく現状を変えるような行動が起こせないというもの。

仕事にしてもプライベートにしても変化を嫌う傾向で、それは転職や付き合う人を変えることになるので、エネルギーを多く使わなければならないから。

負け組人生の人は、常に現在の己自身にとって無難な道を選択してしまう癖があり、向上していくことはできません。

 

| 2.己に甘く何かを決心しても挫折してしまうというものです

己に甘く無責任という心理状態。負け組人生の人に見受けられるのが、己に甘く何かを決心しても挫折してしまうというもの。

それも、己自身が責任を背負うということでなく、周りの環境など己以外の何かのせいにすることになりかねません。

己自身の誤りを認めず誰かの責任にする人は、基本的に人間として成長することもなく、結果として負け組人生となってしまいかねません。

 

| 3.自信がなく、新しいことに挑戦することができないという

ネガティブな考え方という心理状態。負け組人生の人に見られるのが、己に自信がなく、新しいことに挑戦することができないというもの。

そんな自信のなさが切っ掛けとなって、普段の生活の中の考え方が全てネガティブな方面に偏りがちです。

結果的に、悪いことに出会ったときは、それを引き摺ってしまうことも多く、よりネガティブな方向へと進んでしまうことになりかねません。

 

| 4.比較して、非常にメンタル面が弱い傾向にあるというもの

メンタルが弱い心理状態。負け組人生の人に見受けられるのが、勝ち組の人と比較して、非常にメンタル面が弱い傾向にあるというもの。

何かで失敗を犯した時は、この世の終わりというほど落ち込んでしまい、立ち直ることがなかなかできません。

しばらくの間は誰とも口をきかなくなることも多く、1人で部屋に引き籠ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


人生負け組の診断なども巷にはあるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.悲観的な思考で、人としての魅力が根本的にないという

異性に対してモテないということ。負け組人生の人に見られるのが、己に自信がなかったり悲観的な思考で、人としての魅力が根本的にないというもの。

結果的に、異性に関心や興味を持たれることが非常に稀で、モテない人が多くいる傾向にあります。

こういった人間的な魅力がないので、異性だけではなく同性からの人気が低いというのも、負け組人生の典型的なパターン。

 

|  2.時々で思いもよらないような出来事に出くわすことがある

臨機応変に動けないということ。普段の日常生活の中では、その時々で思いもよらないような出来事に出くわすことがあるもの。

そういった時、負け組人生の人は生じた問題に向かって、適切な対処で動いたり最良の対応を取ることができません。

パニック状態に嵌まり込むことが多く、誰かに手助けしてもらわなければ、その状況から抜け出していくことができません。

 

| 3.暗い雰囲気で、全面的に己をアピールすることがないもの

存在感が全くないということ。負け組人生の人は自信がないので、見た目からして暗い雰囲気で、全面的に己をアピールすることがないもの。

普段から笑顔も少ないので、暗い人という印象を他の人に与えがちで、人間の内面と外見の双方が繋がっていることを存在として見せています。

結果的に、大勢の輪の中に入ると存在感が全くなくなり、どこにいるのか分からない、そんな風な不自然なことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

つい自分と比較することになり得ます。ここでは、負け組の人生は因果応報かも知れない、孤独を乗り越えて逆襲する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。