仲直りの仕方を把握して逆転に繋げたいもの、上手く伝える具体的な術



日々の暮らしの中で、仲直りの仕方を探すことがあるもの。普段どれほど仲の良い相手でも、些細なことが切っ掛けで喧嘩に発展することがあります。

その時は互いに意地を張っていて、仲直りするタイミングも掴めないで、その後気まずい状況が続くことにもなりかねません。

それはカップルである恋人をはじめ、友達だったり夫婦や家族などですが、仲直りの仕方がわからないということにもなりかねません。

喧嘩をした時は、なるべく由々しき事態には発展させないで、自然な形で関係の修復をしたいものです。

喧嘩の直後は頭に血が上っていても、少し時間が経った後に冷静になれば、きちんと話し合うことができるかも知れません。

ここでは、仲直りの仕方を把握して逆転に繋げたいもの、上手く伝える具体的な術を紹介しています。

 

 

 


仲直りの仕方を把握して逆転に繋げたいもの、上手く伝える具体的な術


 

| 1.目に入り、仲直りしたいという思いは湧き起こらないもの

関係の値打ちを思い起こすということ。喧嘩をしている真最中は、相手の悪いところばかりが目に入り、仲直りしたいという思いは湧き起こらないもの。

先ず大切なのは己の感情を整えることで、関係の値打ちを再認識することで、相手に対して共感を覚え許す気持ちも増える上手く伝える具体的な術の一つ。

喧嘩をするほど仲がいいという言葉もあり、争っているのは値打ちのある関係だからこそで、本音がぶつかり合って発展してしまったのを再確認します。

大切なのは相手に対する非難を一旦脇に置き、互いの価値を感じる部分を思い起こしてみることです。

 

| 2.こういった考え方では仲直りのタイミングは訪れないもの

己から仲直りする意識を持つということ。己から何かする必要はないとか関係は自然に修復するなど、こういった考え方では仲直りのタイミングは訪れないもの。

大切なのは自発的に仲直りのアクションを生み出すことで、理由は一旦横に置くのが上手く伝える具体的な術の一つ。

その時には再び喧嘩になったらという恐怖心も湧きますが、ほとんどのケースでは腹を割って話し合えれば相手も理解してくれます。

心理学では返報性の原理があり、己自身の想いは相手からも返ってきやすく、仲直りしたいと考えるほど気持ちも伝わって返ってきやすくなります。

 

| 3.素直に伝えるようにしてし話し合いの提案を出していくと

実際に話し合いをするということ。仲直りする気持ちが固まった際は、素直に伝えるようにして話し合いの提案を出していくというもの。

残念ながら拒否されることもありますが、ほとんどは応諾してくれるはずで、駄目な場合はしばらく時間をおいてから声掛けするようにします。

話し合いの場面に入ったら一旦己自身の考えは脇に置き、手始めに真面目に相手の考えを傾聴するのが上手く伝える具体的な術の一つ。

相手の話を傾聴する間に、納得できたり共感できる箇所をしっかりと見つけて、相手に伝えるよう心掛けます。

 

| 4.相手を尊重して素直に己の考え方や意見を表すというもの

素直に意見を表すということ。相手の話をきちんと聞いた後は気持ちも和らいでいるので、相手を尊重して素直に己の考え方や意見を表すというもの。

ここまでくれば大方は仲直りできているかも知れませんが、一方で未だに価値観のギャップがある時は、己の価値観も伝えるのが上手く伝える具体的な術の一つ。

大事なのはアサーティブな精神を持つことで、相手を尊重しながら己自身の主張を伝えるようにし、建設的な関係を築くよう心掛けます。

 

| 5.相手とはこれまでよりも、もっと深い絆で結ばれている

仲直りして関係を深めるということ。腹を割った話し合いができた後は、相手とはこれまでよりも、もっと深い絆で結ばれているもの。

喧嘩というとネガティブなイメージですが、これまでより互いの本音を知って仲直りすることができれば、反対に絆を深める切っ掛けにもなります。

先々衝突することがあっても、再び話し合えば乗り切っていける、そんなことを確認し合うのも上手く伝える具体的な術の一つ。

 

 

 


仲直りの仕方は彼氏に対して探すこともある、注意しておきたい原因面


 

| 1.誰であっても、得意分野もあれば苦手としているものも

相手に対してリスペクトがないということ。世の中で生きている人間は誰であっても、得意分野もあれば苦手としているものもあるもの。

己と違うことを理解しないで、自身ができることは必ず相手も可能と、同じことを要求するのは喧嘩に繋がりかねません。

人間の個性は個々に違っているのを前提にし、相手の素敵な部分を素直にリスペクトして、苦手部分を手助けできると人間関係の絆が深まります。

 

| 2.ドタキャンされるなど、約束を破ることが喧嘩の切っ掛け

約束を破るということ。恋人にしても友人にしても、決めていた予定をドタキャンされるなど、約束を破ることが喧嘩の切っ掛けともなるもの。

約束を守らないことが続いてしまえば、苛立つことも多くなり不安な気持ちも湧き上怒るので、相手に対する信頼感が薄れることになりかねません。

カップルで約束事が多くなり過ぎると、守れないことにストレスを感じてしまうので、度が過ぎない程度にするようにします。

 

| 3.喧嘩の切っ掛けともなることが世の中には数多くあるもの

身勝手ということ。自分本位な身勝手な行動が目立ってしまったケースでは、喧嘩の切っ掛けともなることが世の中には数多くあるもの。

我が儘も程度により許されるものもありますが、己自身の思い通りにならない場合、拗ねてしまうことになりかねません。

身勝手なことを口にする前に、相手がどういう気持ちになるか想定し、思い遣りが持てれば喧嘩に発展することはありません。

 

| 4.束縛が強くなり過ぎた時は、少し息苦しく感じてしまう

束縛などが激しいということ。カップル間でパートナーを心配する余り束縛が強くなり過ぎた時は、少し息苦しく感じてしまうもの。

メッセージやLINEの返信はすぐにして欲しいとか、どこに行くかを全部報告して欲しいなど、嫌になることになりかねません。

二人でいる時間は大事ですが、それぞれにある趣味や友達付き合いなど、己のスケジュールを優先させるようにすれば、必要以上の束縛は減るかも知れません。

 

 

 


仲直りの仕方を職場で探すこともある、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.衝突してしまい、喧嘩に繋がるシーンは多々見られるもの

異なった価値観という心理状態。相手との価値観の違いで衝突してしまい、喧嘩に繋がるシーンは多々見られるもの。

恋人や友人といえども違う人間同士なので、生活習慣だったり価値観などが違うのはある意味で当たり前です。

己自身と同じ考え方でいて欲しいという気持ちが大きくなり過ぎれば、すれ違いが起こることになりかねません。

 

| 2.見られるのが、パートナーに対しての浮気の疑いという

浮気の疑いという心理状態。カップルの喧嘩のパターンで良く見られるのが、パートナーに対しての浮気の疑いというもの。

相手のことが好きなあまりに、関心が他の人物にあるなどと曖昧な疑念を抱えて、喧嘩へと発展してしまうことがあります。

喧嘩してすぐに仲直りすることもありますが、もし繰り返してしまうようであれば、今後の付き合い方を考えた方が良いかも知れません。

 

| 3.連絡の頻度が非常に少ないことによる不安感というもの

連絡が少ない心理状態。カップルの中で良くあるのが、連絡の頻度が非常に少ないことによる不安感というもの。

そうした時に、パートナーに向かって苛立った気持ちを突きつければ、喧嘩が勃発することになりかねません。

また二人で会う時間よりも他の予定を優先しすぎたケースでは、一方が寂しさを感じ喧嘩に発展してしまうこともあります。

 

 

 

まとめ

自然な形で関係修復をしたいものです。ここでは、仲直りの仕方を把握して逆転に繋げたいもの、上手く伝える具体的な術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。