飽きっぽい人の末路も心配なもの、前に向かって巻き返していく対処術



身の回りを見渡すと、飽きっぽい人がいるもの。飽きっぽいところがあり、趣味など何をやっても三日坊主で長続きしないようなタイプ。

日本人は飽きっぽいとも言われますが、こうした人は器用貧乏というもので、ある程度までは行くものの、結果をすぐに求めることにもなりかねません。

飽きっぽい人は生き方的にも我慢するのが苦手なくせに、好奇心は溢れているところがあり、すぐに他者と比べてしまう傾向にあります。

そうすると差を感じて自信を失うことが多くなるので、何かを始めても諦めることにもなりかねません。

なので、自覚があるときは早々に見詰め直していくことが重要になります。

ここでは、飽きっぽい人の末路も心配なもの、前に向かって巻き返していく対処術を紹介しています。

 

 

 


飽きっぽい人の末路も心配なもの、前に向かって巻き返していく対処術


 

| 1.取り組むことで、行動している間に目的を忘れるという

目的を明確にすることを常に意識するということ。飽きっぽい人によく見られるのが、気分が向いたものだけに取り組むことで、行動している間に目的を忘れるというもの。

何かを思い立って行動をする際は、基本的に物事を達成したり目標に近付くために行動を起こします。

そのためには地味なタスクだったり作業ををこなしていきますが、飽きっぽい人はその目的が曖昧ということにもなりかねません。

興味本位で動くことが多いので、常に目的を明確に意識できるよう訓練するのが、前に向かって巻き返していく対処術の一つ。

 

| 2.苦手なので、大きな目標を掲げると挫折する傾向にある

日々小さな目標を立て行動するということ。飽きっぽい人は好奇心旺盛ですが継続が苦手なので、大きな目標を掲げると挫折する傾向にあるもの。

なので、毎日机の上だけ綺麗にする、そんな小さな目標を設定するのが、前に向かって巻き返していく対処術の一つ。

小さな成功体験を段々と積み重ねると、短期間のうちに達成の喜びを何度も感じれ、そうしたことが習慣になり飽きっぽい箇所の改善に繋がります。

 

| 3.同じ物事に長時間に渡って没頭する楽しみを知らないと

関心を持った趣味に没頭するということ。飽きっぽい人は結果をすぐに求める傾向があり、同じ物事に長時間に渡って没頭する楽しみを知らないというもの。

結果を出すまでの胸が躍る楽しみを知るためには、釣りだったり山登りなどの趣味をしてみる方法があります。

こういった目標までの道のりが長い、そんな趣味に没頭する経験を体験すると、プロセス自体を楽しめるようになります。

こうした趣味はすぐに結果が出なくても気にならないので、飽きずに達成できるようにもなる、前に向かって巻き返していく対処術の一つ。

 

| 4.成し遂げたいことに出会ってない可能性があるというもの

物事に対しての見方を変えるということ。飽きっぽい人に良く見受けられるのが、本当に成し遂げたいことに出会ってない可能性があるというもの。

自分はすぐに飽きてしまうので、長続きしないのが当たり前という風に決めつけるのは早計かもしれません。

結果として、物事に対しての見方を変えることが重要で、興味の幅を広げて普段とは違うジャンルに取り組むよう心掛けます。

本当に成し遂げたいものが見つかれば、飽きずに没頭していくこともできる、前に向かって巻き返していく対処術の一つ。

 

 

 


飽きっぽい人に向いてる仕事もあるもの、覚えておきたいそんな原因


 

| 1.自信もなく物事に対しての執着心や集中力が足りないもの

一つの事柄に集中するのが苦手ということ。飽きっぽい人は我慢が苦手で完遂した成功体験も少ないので、自信もなく物事に対しての執着心や集中力が足りないもの。

一つの物事に集中できた場合でも、執着心を持っていなければ、何かの切っ掛けで諦めたり投げ出すことにもなりかねません。

こうしたことを何度も繰り返している間に、諦め癖や逃げ癖が身に沁みついてしまうのが、飽きっぽい人となってしまう原因の一つ。

 

| 2.いつもと同じような毎日が退屈に感じられるというもの

常に刺激を求めるということ。飽きっぽい人に見られるのが、新しい物事ばかりを求めてしまい、いつもと同じような毎日が退屈に感じられるというもの。

常に刺激を求めてしまうので、好きなものや関心のある事柄の移り変わりが激しくなり、同じことを続けていくことができません。

刺激がないことに耐えられず、新しいものへのチャレンジしかできなくなるので、長続きせずに飽きっぽい傾向は一向に治りません。

 

| 3.好奇心も旺盛で、常に様ざまなところに気を取られがち

周りの影響を受けてしまうということ。飽きっぽい人は好奇心も旺盛で、常に様ざまなところに気を取られがちというもの。

流行好きなところがあるので、流行が変わると周りに流される傾向があり、常にそうしたものを追い続けていることにもなりかねません。

一過性のものばかりを追いかけているので、興味がどんどん移り変わっていき、新しいもの以外には刺激を感じません。

 

| 4.探しているので、流行に敏感で趣味が多い傾向にあるもの

趣味が多くあるということ。飽きっぽい人は常に新情報を探しているので、流行に敏感で趣味が多い傾向にあるもの。

1つの物事をしていても刺激が足りず満足できないので、他の情報が気に掛かって、頭の中ではそのことを考えていたりします。

飽きっぽい人は多方面への関心があるので、何でも興味を持って複数の趣味がありますが、なかなかそれらが長続きすることはありません。

 

 

 


そこには様ざまな面が見られるもの、注意したい飽きっぽい人の特徴


 

| 1.それなりに上手くやれるような器用さを持っているという

現在の状況に満足していないということ。飽きっぽい人に見られるのが関心が湧いたものに取り組んだ場合、それなりに上手くやれるような器用さを持っているというもの。

但し、器用貧乏の人が多くいて仕事でもスポーツでも、継続すれば成功することを頭で理解していてもやりきれないような人です。

結果として、最後まで継続することで達成感を得た体験もなく、現在の状況を振り返り満足できないと感じかねません。

 

| 2.無暗やたらと高い目標を掲げるのが好きな傾向にあるもの

目標が高いということ。飽きっぽい人向上心が高いところがあり、刺激だったり達成感が欲しいので、無暗やたらと高い目標を掲げるのが好きな傾向にあるもの。

但し、目標を非常に高く設定し過ぎることがあり、叶えるための過程や道筋が立てれないので、毎回到達できずに挫折感を味わうことにもなりかねません。

小さなものより高い目標を達成した場合、普段からすれば数倍の刺激や達成感が得られるので、飽きっぽい人はできる限り高い目標を掲げたいと考えています。

 

| 3.好きな物事や興味があるものにすぐに心が移り変わるもの

すぐに気持ちが切替わるということ。飽きっぽいは執着心もなく継続するのが苦手なので、好きな物事や興味があるものにすぐに心が移り変わるもの。

これには良い面もあり、仕事で失敗を犯して嫌な思いをしても、諦めてが先に立つのでくよくよ悩むことはありません。

飽きっぽい人は新しいものを見つけるのが上手くもありますが、次々と興味が移り変わるので、いつまでも継続する力がつきません。

 

 

 

まとめ

三日坊主で長続きしないようなタイプ。ここでは、飽きっぽい人の末路も心配なもの、前に向かって巻き返していく対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。