変わりたい時はスピリチュアルに関係するかも?先ず手を打ちたい対策



日々を過ごしていると、変わりたい時があるもの。将来に不安が芽生えることがあり、相対する自分自身が変わりたい時と思うことがあります。

但し、自分を変えたいと考えても、どうやって行動をするかが分からなかったり、失敗したらと恐怖心が湧き上がることにもなりかねません。

確かに、運が変わる時や大きく変わる時を迎えて人生を変化させるのは、途方もなく難しいことのように感じます。

でも、諦めないで努力していけば、人生は自分の行動次第でいくらでも変えることができます。

これまで変わりたい時に自分を修正できなかったのは、行動が間違っていたか行動する前に挫折していたかのどちらか。

ここでは、変わりたい時はスピリチュアルに関係するかも?先ず手を打ちたい対策を紹介しています。

 

 

 


変わりたい時はスピリチュアルに関係するかも?先ず手を打ちたい対策


 

| 1.己自身になりたいのか、そんなイメージを思い描くという

現況を把握するということ。変わりたい時には、先ず最初にどんな己自身になりたいのか、そんなイメージを思い描くというもの。

但し、なりたい理想像を想像するのも大切なことですが、やるべきことは己自身の現況を把握することが、先ず手を打ちたい対策の一つ。

現在の己に何が不足しているのか、どこを変えていきたいのかなど、現況を明確にさせるために、できる限り具体的に掴むよう心掛けます。

 

| 2.具体的にイメージを思い浮かべ、目標を明白に決めていく

目標を明白に決定するということ。現況を把握することができた後は、具体的にイメージを思い浮かべ、目標を明白に決めていくというもの。

目標達成のためには、達成後の己自身の姿を想像することが大事なことで、どうしたいのかを想定することが、先ず手を打ちたい対策の一つ。

漠然と変わりたい時を迎えようとするよりは、変わった後にどうしたいのかの目的があれば、努力に対しての意欲を維持しやすくなります。

 

| 3.把握した後は、いつまでに変わるのかの期限設定をする

期限設定をするということ。どんな己自身に変わりたいかをきちんと把握した後は、いつまでに変わるのかの期限設定をするというもの。

期限を設定していないケースでは、後でやろうとかいつか達成できればなど、後回しにすることになり結局そのままということになりかねません。

目指す目標などにもよりますが、期限が長過ぎると途中で挫折することもあり、半年前後を目安にするのが先ず手を打ちたい対策の一つ。

 

| 4.計画的に変える方法を予め検討するのが重要というもの

どういう方法で変わるのか検討するということ。何となく効果がありそうなことをしないで、計画的に変える方法を予め検討するのが重要というもの。

例を上げると、効率良く仕事をこなすようになりたい際は、隙間時間に必要なスキルを勉強するなど、具体的な方法をイメージするようにします。

設定期限をもとに、どういう方法であれば期限内に己が変われるか、そうした検討を明確にするのが先ず手を打ちたい対策の一つ。

 

| 5.現実に行動を起こさなければ己自身は変えられないもの

具体的行動を計画に組み込むということ。目標だったり変わる方法をどれほど検討しても、現実に行動を起こさなければ己自身は変えられないもの。

ここまでくれると、後は目標達成のため、どんな行動が必要なのかを明白にするのが、先ず手を打ちたい対策の一つ。

早寝早起きを心掛け生活パターンを整えるなど、具体的行動を計画を組み込んでいけば、後は一直線に行動していくのみです。

 

 

 


変わるべき時を感じることもあるもの、注意しておきたいその理由など


 

| 1.楽しく人生を過ごしたい、そんな感情が芽生えていると

人生を楽しく過ごせるようにしたいということ。変わりたい時にあるのが、もっと楽しく人生を過ごしたい、そんな感情が芽生えているというもの。

現況に満足することができないで、もっと楽しくし過ごしたいという欲求があるケースでは、己自身を変えたいという感情に火が点きやすくなります。

現実にいる立場に対して不満足な思いを持っていると、己自身を変えたいと努力する出発点ともなります。

 

| 2.目にしたケースでは、出世欲が俄然芽生えることもある

出世をしてみたいということ。仕事をしている中で同僚などが昇格しているのを目にしたケースでは、出世欲が俄然芽生えることもあるもの。

同期の人間が出世して周囲の人たちに頼られているのを見ると、唐突に己もという出世欲が湧き起こることも多々あります。

社会人として仕事をしていと、現況の変わりたい時の願いは、出世へと結び付きやすくなるのはある意味当たり前というものです。

 

| 3.己自身が変わりたいというよりは、現在の環境を変えたい

現在の環境を変えたいということ。変わりたい時に見られるのが、己自身が変わりたいというよりは、現在の環境を変えたいというもの。

人間関係や恋人との付き合い方だったり、職場環境など、己と関わり合いになる人たちを変えたいと思うことも意外にあります。

関わる人たちを変えるのは、己自身が動くことにより変えることもでき、転職などは積極的に動いて環境を変える方法の一つ。

 

| 4.気持ちというのは、己自身の心を突き動かす衝動ともなる

憧れの人を見て己自身もなりたいと考えたということ。尊敬するの気持ちというのは、己自身の心を突き動かす衝動ともなるもの。

職場にいる尊敬する上司だったり憧れの先輩がいる場合、関わる度にこういう風な人間になりたいと思うことがあります。

理想的な上司に恵まれた立場にいると、将来的に憧れられる存在に己もなりたいと考えて、変わりたい時を迎えかねません。

 

 

 


変わろうとする時も無理がある、覚えておきたい変われない人の特徴


 

| 1.強いものの、ただそう考えているばかりで行動に移さない

漠然と考えるだけで行動しないということ。変わりたい時への思いは本当に強いものの、ただそう考えているばかりで行動に移さないというもの。

例を上げると、お腹が減っていてご飯が食べたいと強く念じたところで、目の前にご飯が揃うことはありません。

コンビニに買いに出掛けたり、己で料理を作るほか外食に行くなど、行動に移さなければ考えるだけでは実現はしません。

それと同様に変わりたい時にも行動が必要で、実現するためには一刻も早くスタートするよう心掛けます。

 

| 2.変わろうとしない人は、同じ悩みがループし続けている

同じ悩みがループしているということ。変わりたい時を迎えながら変わろうとしない人は、同じ悩みがループし続けているというもの。

1年前とまったく同じようなことで同じレベルで悩んでいる、そういったパターンに落ち込んでいる人が意外に多くいます。

その時は何らかのやり方でクリアしたと一安心しますが、本質的には問題解決などはできていません。

こういった場合は知識として頭に入ったというだけで、クリアした感覚に陥って、その先の行動ができていないことになります。

 

| 3.変われない人の周りに、同じように変化を嫌う人が集まる

変わろうとしない人ばかりと付き合うということ。変わりたい時に変われない人の周りには、同じように変化を嫌う人が集まるもの。

そういうところでは表面で変わりたいと言う人がいても、本当の変化を求めた時は、やめた方が良いということになりかねません。

誰と付き合うかとか、どのようなコミュニティーに身を置くかなどで、己の思考も変化するので意識するのも重要なポイント。

 

 

 

まとめ

途方もなく難しいことのように感じる。ここでは、変わりたい時はスピリチュアルに関係するかも?先ず手を打ちたい対策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。