忘れたいことを忘れる方法で逆転したいもの、上手く向かい合う対処術



人生を過ごしていると、忘れたいことを忘れる方法を探すことがあるもの。仕事やプライベート面で何かに失敗すると、つい嫌なことを引き摺ってしまいかねません。

他にも忘れられない人がいたり忘れたい記憶があるなど、忘れる方法を探し求めることにもなりかねません。

人生は時間に限りがあるものなので、嫌な物事はすぐ忘れる方が良いはずですが、心とは裏腹に頭に思い浮かんでくるのは嫌なことばかりです。

周囲の人たちに相談を持ちかけても、思い出さないようになどと曖昧な返答ばかりで、どうすれば良いのかも分からないで悩んでしまうことにもなりかねません。

こうしたことには原因があり、それを掴んでいくことで解消に繋がります。

ここでは、忘れたいことを忘れる方法で逆転したいもの、上手く向かい合う対処術を紹介しています。

 

 

 


忘れたいことを忘れる方法で逆転したいもの、上手く向かい合う対処術


 

| 1.人間を運動させるためにある、そういった研究や意見も

運動をするということ。脳科学の分野では、ストレスというものは人間を運動させるためにある、そういった研究や意見もあるもの。

運動することで脳の運動に対する欲求を解消でき、結果的にストレスを感じるような嫌なことを忘れられる、上手く向かい合う対処術の一つ。

運動不足に心当たりがある時は、ジョギングやウオーキングなどの軽いもので良く、定期的な運動を心掛けるようにします。

 

| 2.続いている場合、徐々に脳内には疲労が溜まってくるもの

充分な睡眠時間を確保するということ。忘れたいような辛いことが続いている場合、徐々に脳内には疲労が溜まってくるもの。

脳が疲労するとストレスとして認識されるので、肉体的なものはもちろん精神的なパフォーマンスの低下にも繋がることになりかねません。

忘れたいことを忘れるには充分な睡眠時間を確保することが重要で、脳をリフレッシュさせることができる上手く向かい合う対処術の一つ。

 

| 3.一時的に仕舞込んでおく機能があるとされているものです

忙しく過ごすということ。脳科学の分野で人間の脳には、行動だったり感情などを、一時的に仕舞込んでおく機能があるとされているもの。

忘れたいことを忘れる方法に仕事や趣味に没頭することで、辛い記憶を薄れさせ効率的に消していくことがあります。

嫌な思いに捉われている時は、スケジュールを詰めて敢えて忙しくすることが、上手く向かい合う対処術の一つ。

 

| 4.なかなかに忘れることから逃れ難いのが人間関係という

環境を変えてみるということ。仕事だったりプライベート面で、なかなかに忘れることから逃れ難いのが人間関係というもの。

日常生活に嫌な人がいても、相手にしないで無視するのは簡単なことではなく、日々思い悩むことにもなりかねません。

そんな忘れたいことを忘れる方法で最も効果的なのが、相手のいない環境へと移動するよう心掛ける、上手く向かい合う対処術の一つ。

 

| 5.深く関わっている場合、根本的な解決は難しいというもの

旅行に出掛けるということ。忘れたいことが仕事やプライベートなど日常と深く関わっている場合、根本的な解決は難しいというもの。

そうした際は、思い切って日常を離れてみるのが良く、旅行中の経験から新しい視点が見つかることもある、上手く向かい合う対処術の一つ。

仕事を辞めたり人間関係を絶つのは別の問題に繋がるので、先ずは非日常を経験できるような旅行に出掛けるようにします。

 

 

 


忘れる方法は失恋などにも役立つもの、知っておきたいそんな原因面


 

| 1.良いことよりも悪い物事の方が、強く脳に刻まれ記憶に

悪い物事は強く記憶に残るということ。基本的に言えば、人間は良いことよりも悪い物事の方が、強く脳に刻まれ記憶に残るもの。

例を挙げると、SNSの投稿で10件の賞賛コメントよりも、1件の否定的コメントがあれば、そちらに目が行くことにもなりかねません。

数の問題だけ考えれば賞賛の方が多く喜びが勝るはずですが、1件の否定的コメント心に残り、ストレスの原因にもなりかねません。

 

| 2.トラウマになり、頭に染みついてしまっている事柄もある

トラウマになっているということ。意識していなくても無意識の間にトラウマになり、頭に染みついてしまっている事柄もあるもの。

例を挙げると、恋人に振られてしまった時に、自分では別れるしかないとか仕方がないと思っていても、大きなショックを無意識に受けていることもあります。

平気で過ごしていても心の本音は隠せないので、ふとした瞬間に辛い場面が何度も呼び起こされ、初めて自覚するケースもあります。

 

| 3.幼少期からこれまでの記憶同士を結び付けて覚えている

同じ局面で脳が記憶を呼び起こすということ。人間は頭の中で、幼少期からこれまでの記憶同士を結び付けて覚えているもの。

嫌な出来事が生じた状況が、特殊な環境であれば思い出す機会は稀ですが、似たような場面に直面すると、脳が記憶を呼び覚まします。

なので、普段の生活がよく似ている環境では、記憶を呼び起こされることが多く、頻繁に辛い気持ちになってしまいかねません。

 

|  4.忘れられない嫌なことを思い出しやすい傾向があるという

ネガティブ思考に嵌まり込んでいるということ。ネガティブ思考に落ち込んでいる場合、忘れられない嫌なことを思い出しやすい傾向があるというもの。

ネガティブな思考になると、目に映るものが全てが悲観的な要素として感じられ、事柄の悪い側面ばかりを見ることになりがちです。

何をしても上手くいくはずがないという考え方になっているので、過去の失敗を思い出しあの時も駄目だったと話の辻褄を合わせようとしています。

 

 

 


好きな人が忘れられないこともある、注意しておきたいそんな心理状況


 

| 1.手放してたものを、理想化したりするほか美化するという

美化してしまうという心理状況。人間は手に入らなかったり手放してたものを、理想化したりするほか美化するというもの。

好きな人を自分自身の都合の良いように記憶の中で美化していて、それが本物で真実の姿であると思い込んでることにもなりかねません。

現在忘れられない好きと信じ込んでいる相手も、自らの脳内の希望が作り出した幻想かも知れず、実在しない人物かも分かりません。

 

| 2.シンプルに依然として好きだから、そういった気持ちから

未練があるという心理状況。現実に好きな人が忘れられないのは、シンプルに依然として好きだから、そういった気持ちからというもの。

自分自身はまだ好きなのに別離しなければならなかったり、やむを得ない事情があって別れたりした人は、そう簡単に気持ちは切り換えられません。

恋が終わったことを受け止められず、時間を経ても好きな気持ちが手放せないので、執着心に変わっているのかも知れません。

相手に未練が余りに強く残っている場合、現在ある大切なものが見えなくなることにもなりかねません。

 

| 3.今のパートナーと好きだった人とを比べてしまうという

現状に満足していないという心理状況。現在パートナーがいる場合、今のパートナーと好きだった人とを比べてしまうというもの。

あの人の方が大事にしてくれたとか、優しくしてくれたなど、そんな風に考えていれば未練を断ち切ることはできません。

もし現在のパートナーに不満があれば、話し合うことが重要で、長所に目を向けるよう心掛ける必要もあります。

 

 

 

まとめ

嫌な事を引き摺ってしまいかねません。ここでは、忘れたいことを忘れる方法で逆転したいもの、上手く向かい合う対処術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。