立ち直る方法を掴んで大逆転に繋げたいもの、先を見据えて前進する術



人生を過ごしていると、立ち直る方法が欲しくなることがあるもの。それは失敗から立ち直る方法だったり、絶望から立ち直る方法だったりします。

人から拒絶されなかなか立ち直れない人は多くいて、中にはもうこんな経験は嫌だと内向きになってしまう人もいます。

但し、メンタルの強い人はまた違っていて、失恋したとしても出世の道を阻まれても、、強い意志を持ち跳ね返してしまいかねません。

挫折したときに立ち直れないというような悪習慣を繰り返している場合、自らを見失ってしまうことにもなりかねません。

鬱から立ち直る方法や依存から立ち直る方法はかなりの困難が伴いますが、挫折してしまった時の対応を知っておくと役立ちます。

ここでは、立ち直る方法を掴んで大逆転に繋げたいもの、先を見据えて前進する術を紹介しています。

 

 

 


立ち直る方法を掴んで大逆転に繋げたいもの、先を見据えて前進する術


 

| 1.人生の収拾がつかなくなったかのように振る舞いたくなる

現実を直視するということ。自らの不運を嘆いて、一度切りの挫折で人生の収拾がつかなくなったかのように振る舞いたくなるもの。

世の中の信用を失ったとか出世の道は完全に閉ざされたなど、そんなことを考え始めれば身も蓋もなくなることにもなりかねません。

挫折したからとこの世の終わりではない、そうしたことを自分自身にきちんと言い聞かせ、計画を立てていくのが先を見据えて前進する術の一つ。

 

| 2.おそらく能力の限界まで挑戦を試みたことがないという

チャレンジした自分を賞賛するということ。挫折を知らない人間は、おそらく能力の限界まで挑戦を試みたことがないというもの。

挫折を経験するのは、自分自身を限界まで追い込んで、果敢に新しい領域へチャレンジしたという証でもあります。

なので、誰かに突き返されたり断られたりするのは、自らが人生を精一杯に生きている証拠、そんな確信を持つのが先を見据えて前進する術の一つ。

 

| 3.興味がなかったとでも言うと、一時的には気持ちも休まる

湧き上がる感情をそのまま受け入れるということ。平静を装ってあの物事には元々興味がなかったとでも言うと、一時的には気持ちも休まるもの。

但し、長期的な観点からすれば、そんな風に取り繕ってみたところで、自尊心に受けたダメージを癒すことはできません。

立ち直るには、偽ることなく自分自身の本当の感情を認めることが重要で、心の傷を健全な形で癒せるのが先を見据えて前進する術の一つ。

 

| 4.経験から何かを身に付けようという気持ちがあればこそ

挫折から学ぶということ。挫折から学ぶことは多々あるものの、それはその経験から何かを身に付けようという気持ちがあればこそというもの。

言い訳をして取り繕ったり自分自身を責めたりの他、他人の責任にしていては成長などすることはできません。

そこから教訓を掴もうという態度で挫折に向き合うことが重要で、何を学んだのかと自問自答を繰り返し、整理していくことが先を見据えて前進する術の一つ。

 

| 5.人が一歩を踏み出すのを思い留まらせる要因ともなり得る

自信を胸に新たな一歩を踏み出すということ。挫折はときに人生の中で、人が一歩を踏み出すのを思い留まらせる要因ともなり得るもの。

但し、自分には無理と最初から諦めてしまうのは、自分自身で自らの限界領域を決めてしまっているに等しいことにもなりかねません。

メンタルが強い人間は、辛い挫折の後は回復するまで焦らず充分な時間をかけ、時機がくれば新たなチャンスを探し出すもの。

再び挫折することになっても、自分にはどんな状況も耐えられる強さがあると信じて、新たな一歩を踏み出すのが先を見据えて前進する術の一つ。

 

 

 


ショックから立ち直る方法は必然とも、知っておきたい挫折の原因面


 

| 1.非常に大切で、挫折してしまう人に見られるのが準備不足

準備不足ということ。物事をスタートするときは、事前準備は非常に大切で、挫折してしまう人に見られるのが準備不足というもの。

計画を立てたりをはじめ、必要なものを揃えたり知識を増やしたりと、成功を手に入れるべくしておくことはとても沢山あります。

ここを怠ってしまえば成功がどんどん遠のいて、モチベーションも上がらなくなって挫折してしまうことにもなりかねません。

 

| 2.明確な到達地点をきちんと設定していないというものです

目標の到達地点を設定していないということ。挫折してしまう人に良く見られるのが、明確な到達地点をきちんと設定していないというもの。

そなので、のんべんだらりと続けていく間に、何をどこまでしたら良いのか分からなくなって挫折してしまうことにもなりかねません。

到達地点が明確でなければ、途中でモチベーションも下がってくるので、物事を行うペースや質も下がってきます。

 

| 3.誘われた場合、とてもじゃないけど登れるとは思わない

目標が高すぎるということ。友人などからにエベレストの頂上に登ろうと誘われた場合、とてもじゃないけど登れるとは思わないもの。

先ず無理だと考える人がほとんどで、中には富士山でも無理と思って、誘いを断ってしまうかも知れません。

手始めに、1年間の目標を体力づくりとしてトレーニングに励み、比較的低い山に登ってみるのが目標に向かっての心掛けです。

 

| 4.挫折しやすい人に見られるのが行動力が乏しいというもの

行動力が乏しいということ。やはり人間には経験をすることが非常に大切で、挫折しやすい人に見られるのが行動力が乏しいというもの。

失敗は成功の元と言う言葉もあるように、何でも行動してみることが大事で、それが成功への道になります。

自信を失っている人は、始める前に心が折れてしまうこともあり、行動しないまま挫折ということにもなりかねません。

 

 

 


ミスから立ち直る方法は日常にも、注意しておきたい挫折の心理状況


 

| 1.挫折しやすく、自らのミスや駄目な部分を認められない

プライドが高く素直じゃないという心理状況。プライドが高く素直さがない人も挫折しやすく、自らのミスや駄目な部分を認められないもの。

プライドの高い人は自分自身の意志で突き進んでいく、そんな風に思われがちですが、特に自信が溢れているわけではありません。

反対にコンプレックスなどから、プライドばかりが高くなっていることもあり、気付いた時には取返しもつかず挫折してしまいます。

 

| 2.自己肯定感が低く、自分の能力を信じることができない

自己肯定感が低いという心理状況。挫折しやすい人に見られるのが、自己肯定感が低く、自分の能力を信じることができないというもの。

なので、不安なことや困難なことに直面した時、自分には乗り越えられないと諦めてしまうことにもなりかねません。

こうした自分自身の存在を否定してしまう、そんな自己肯定感が低い人はどうしても挫折が多くなります。

 

| 3.自分に驕りがあり思いあがっている人も挫折しやすくなる

思い上がっているという心理状況。自己肯定感が低い人の反対で、自分に驕りがあり思いあがっている人も挫折しやすくなるもの。

自らの才能だったり地位などを過大評価し過ぎて、自分なら楽に出来ると調子に乗ってしまうことにもなりかねません。

結果として、現実とのギャップの余りの大きさに、途中でに挫折してしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

絶望から立ち直る方法だったりします。ここでは、立ち直る方法を掴んで大逆転に繋げたいもの、先を見据えて前進する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。、

こちらもご覧ください。