卑怯な人の末路は因果応報かも、その心理面を把握して対処する方法



日常生活の中、周りを見渡してみると卑怯な人がいるもの。仲が良さそうな振りをして影でこそこそしていたり、あれこれ嗅ぎまわっていたりと心休まる間がありません。

そもそも卑怯と聞いてもネガティブなイメージしかなく、振る舞いが堂々とせず他者に抜け駆けしようと、裏で手を回したり陥れようとする様子を意味しています。

何故この卑怯な振る舞いに及ぶかといえば、自らが正々堂々と物事に対して向き合う勇気がなく、更に臆病であるため生じてしまうというもの。こんな卑怯な人間とは、できれば付き合いはしたくありません。

ただ、近所の人たちをはじめ、職場の同僚たちや学校のクラスメートなど、仕方がないときもあります。ここでは、卑怯な人の末路は因果応報かもも、その心理面を把握して対処する方法を紹介しています。

 

 

 


卑怯な人の末路は因果応報かも、その心理面を把握して対処する方法


 

| 1.どのように話せば自らのペースに丸め込めるか、すぐ計算

話し合いをするときは、落ち着いて対応するということ。卑怯者は頭の回転が早く、どのように話せば自らのペースに丸め込めるか、すぐさま計算してしまうもの。

なので卑怯な人と相対する会話では、いくら気を付けていても、気がつけば注意不足で相手の思うつぼに嵌まりがち。卑怯な人物の術中に嵌まらないようにするためには、話し合う最中はいつも以上に、沈着冷静になるよう気をつけます。

 

| 2.メールやLINEなど証拠として文字が残るものが大事

卑怯な人物とのやり取りは、メールなど証拠を残しておくということ。濡れ衣を着せることが上手い卑怯な人は、自らが優位に立つためなら事実の捏造も自然にするもの。

強気に出ることで相手を丸め込み、優位な立場に立つのも得意としているので、例えそれがとしても相手に反論する隙を与えません。

そんな卑怯な人の罠に嵌まらないようにするためには、やり取りはメールやLINEなど証拠として文字が残るものが大事。

 

| 3.言われたりする前に、周囲の人に先回りして事実を伝える

卑怯な人物の行動より、先手を打つということ。大人しくしているように見えても、常にずるいことをしているので、日頃から言動をじっくり観察することがポイント。

しっかり観察を続けていれば、そのうち卑怯な人が持つ独特の狡猾な言動を予測できるようになるもの。嘘の情報を流布されそうになったり、あることないこと言われたりする前に、周囲の人に先回りして事実をしっかり伝えます。

 

| 4.卑怯者に自身のウイークポイントは明かさないよう注意

自身の弱点などを明かさないということ。卑怯な人は、どんな小さな情報でも積極的に集めて回るもの。特に他人の弱点は最高の話のタネで、それをどのタイミングで披露しようか、最高の機会を虎視眈々と伺うようになります。

卑怯な人は、他人の痛みは自らの損得勘定には入れないので気にしません。なので、どんなに弱気の時でも、卑怯者に自身のウイークポイントは明かさないよう注意。

 

| 5.他の人にどれだけ影響を与えているか理解しようとしない

被害を受けないよう、距離を置くということ。卑怯な人物は自身のずる賢い言動が、他の人にどれだけ影響を与えているか理解しようとしないもの。

なので被害を受けてから、胸に迫るように卑怯な人に訴え掛けても時間の無駄です。先ずは被害を受けないように、出来る限りけ卑怯な人物とは距離を置きます。自らは話しかけない、近づかないことがとても大事。

 

| 6.もう一名連れて行くか他人の目があるところで話すように

卑怯な人とは二人っ切りを避け、複数人でいるということ。大事な話を他の人がいない二人っ切りの状態で、卑怯な人はあっさりとしてくるもの。

何故かと言えば、二人っ切りなら証人となる人が誰もいないので、後でいくらでも話しを捏造できるから。なので、どうしても卑怯な人と大事な話をしなければならない時は、もう一名連れて行くか他人の目があるところで話すようにします。

 

 

 


卑怯な人への対処法はしっかり気持ちを把握することが大切、その心理


 

| 1.優越的立場だと、責められず臆病であることも判らない

いつも自分が上の立場に居たいということ。卑怯な人物というのは現実はとても臆病なところがあり、偉そうにしていても内心はいつも恐れを抱いているもの。

なので、自身が本当は臆病なのを誰にも知られたくないのと、誰かに弱みを見せたくないので、常時一番上の立場にいたいことに。自分自身が優越的立場だと、誰からも責められず、臆病であることも判らないと考えています。

 

| 2.一つが他人に対してコンプレックスを感じているという

他の人から認められたいということ。卑怯なタイプの人が臆病になる要因は様々ですが、中の一つが他人に対してコンプレックスを感じているというもの。その劣等感というのは学歴をはじめ、家庭環境や収入に、自らの容姿だったりと星の数ほど色々あります。

本当は他の人に認めて貰いたいと熱望しているのに、現実のものとはならないので、自らが優位に立てるように卑劣な手段を使ってしまうことに。

 

| 3.差し当たって今すぐ他人より優位に立てることの方を優先

自信がないということ。偉そうな振る舞いをしていても、内心は恐怖心が溢れ自信など全くない卑怯な人は、その自信のない部分を卑劣な手口で覆い隠そうとするもの。

但し、他の人に卑劣な手法が明らかになった際、他者からの評価が一気に悪化することについてまで考えていません。先に生じてしまう事の心配より、差し当たって今すぐ他人より優位に立てることの方を優先してしまいます。

 

 

 


思わぬ悪影響が多くあるもの、詳しく知っておきたい卑怯な人の特徴


 

| 1.目的を達成するためにはどんな方法を使うのも厭わない

正攻法で物事に取り組まないということ。卑怯な人間というのは、目的到達のためならどんな手段を使うのも厭わない、そんな特徴があるもの。自身の実力などが足りないと場合、普通の人間は目的が叶わなくて諦めるか、又は実力をつけようとします。

卑怯な人物はセオリー通りではなく、人に嘘の情報を吹き込んだり根回ししてみたりと、自らに打ってつけの形に持っていこうとします。

 

| 2.倫理に反していることやネガティブな行為に躊躇がない

ネガティブな行為に対して、罪の意識を持たないということ。卑怯な人は目標到達や身の安全を図るため、さまざまな策を練るといった行動をするもの。

そうした方策を練るという場合においても、倫理に反していることやネガティブな行為に躊躇がありません。何故かといえば自らの身が可愛く、自身が不味い立場に追い込まれたり、損をしたりすることに耐えられないから。

 

| 3.リスクの高さや犯罪との関連性、自分のためになるのかを

自分は動かないで、他者を動かすということ。言葉巧みに他人を唆したり、何かを奨めてくるというもの。この手のタイプの人は世話好きなのはもちろん、人付き合いも上手で色々と話を持ち掛けてきます。

ただ親身に相手のことは考えていないので、リスクの高さや犯罪との関連性、自分のためになるのかを熟考することが重要。

 

| 4.常に保身ばかり考えている人が、卑怯な人の可能性が大

常に安全地帯にいようとするということ。卑怯な人は窮地に立たされるのを極度に恐れ、他人を陥れても自らは安全地帯にいようとする傾向があるもの。

例を挙げると、何事かありそれを証言することで、後々自分に何か不利益がありそうなら、決して動こうとはしません。自らが窮地に追い込まれないよう、常に自己防衛ばかり考えている人がいた場合、その人物は卑怯な人の可能性が大。

 

| 5.他人任せにしておいた後、何かあるとその人物の責任に

受け身に廻る傾向があるということ。日本人にありがちで他人任せにしておいた後、事が起こるとその人物の責任にする、そんなところも卑怯と言えるかも知れません。

誰かにお願いしていて、それで自分自身が損害を受けたり、酷い目に遭っても誰も保証はしてくれないもの。自分と他人との関係を見直しこれで本当にいいのか、じっくり考えてみる時間もたまには必要です。

引き寄せの法則で、卑怯な人に打ち勝つ。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

裏で手を回したり陥れようとする意味もある。ここでは、卑怯な人の末路は因果応報かも、その心理面を把握して対処する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。