横着な態度の人物もいるもの、特徴や心理を詳しく知り対処する方策


 


普段の暮らしの中で、気がつくと身の回りにいるのが横着な人。色々な言われ方をしますが横着とは、一般的に言えば図々しく怠けて、楽をしようとする行為。似ている言葉に不精というものがありますが、こちらは物事を面倒くさがるという意味。

この機会に横着の読み方や意味を再確認しておくと、読みはおうちゃく。漢字の意味は横は、強引をはじめ、身勝手な振る舞いや無理やりなどという意味。着の方は、収まっていたり、貼りついて離れないという意味なので、合わせると身勝手な状態に収まっているということになります。

なので、その態度を表す、横着を決め込むとか横着するなという言い方は、常識的にはネガティブなイメージとして扱われることに。ここでは、横着な態度の人物もいるもの、特徴や心理を詳しく知り対処する方策を紹介しています。

 

 

 


横着な態度の人物もいるもの、特徴や心理を詳しく知り対処する方策


 

| 1.深く考えなくても済む、返信しやすい質問文で終わらせる

相手の好きな話題などを振り、返事がしやすいようにするということ。横着な人物は会話であっても連絡であっても、流れる様なキャッチボールという風には行かないもの。相手が誰であろうと自身の興味がない話題には、乗り出してこようとはしません。

なので横着なタイプの人には、趣味の話題や相手の仕事の話やなど、答えやすい内容を選んで話します。メールやLINEなどでは、文章の最後には深く考えなくても済む、返信しやすい質問文で終わらせるのがベター。

 

| 2.同僚や部下の立場の指摘は、大きな反論になり喧嘩になる

職場の場合は、目上の人に掛け合うということ。当たり前ですが、職場内ではなるたけスムーズに業務は進めたいもの。ここに横着な人が関係を持ってくると、意味の分からないことで引き摺られ、やるべき仕事がどうしても遅れることになります。

その態度を指摘しても理不尽な言葉で返されると、フラストレーションも溜まり、更に仕事に集中することが難しくなってしまいます。

あまりに対応が酷いときは、目上の人に掛け合い指摘して貰うことが大事。同僚や部下の立場の指摘は、大きな反論になり喧嘩になることも。

 

| 3.上手に手の平で転がし、調子に乗らないよう心掛けること

褒め上手になり、煽てるということ。横着な人の扱い方の一つに、とにかく立場を持ち上げ褒めることで、上機嫌にするというのがあるもの。

演技にしても先方を褒め続けることが大事な事ですが、余りにあからさまにすると不自然になるので注意します。

本心でなくても褒めていると、横着な人もそれが言わずもがなとなり、段々と動くようになってきます。但し、上手に手の平で転がし、調子に乗らないよう心掛けることも大切なこと。

 

| 4.誰しも自らの主張を、ただ聞いて貰えれば満足するもの

苛立ち始めたら、理由を尋ねるということ。当然の事ですが、横着な態度の人も時には苛立つもの。少しでもそんな素振りがあれば、理由は分からなくても何があったのか、すぐに気持ちを聞いてあげることがポイント。

横着な態度の人は、あまり感情を他人に見せることがありませんが、それが苛立っているということはかなりの理由があるはず。誰しも自らの主張をただ聞いて貰えれば満足するもので、否定をしないで話しを聞いていると落ち着くことに。

 

5.ストレスのない頻度にすることが、良好な関係の秘訣と

二人で話し合うということ。交際している関係の場合、ある程度は本当の気持ちを口にするということも大切なもの。最低1日に何度くらいの頻度で連絡をとるか、具体的な話しをします。

どちらかと言えば横着な態度は男性側に多く、その連絡回数に彼氏から不満が起これば、回数を減らします。じっくり話し合い互いの妥協点を見つけて、ストレスのない頻度にすることが良好な関係の秘訣というもの。

 

 

 


日常生活にさまざまなデメリットが生じてくるもの、横着な人の特徴面


 

| 1.横着していないかを振り返る、原因を突き止める切っ掛け

失敗することが多いということ。物事をやるときは、最初から最後まできちんとすることが大切で、何処かで横着をすると失敗することが多くなるもの。

詰めが甘いタイプは、最後で集中力が足りず失敗しがちですが、横着な人は最初から手を抜く場合も多く、詰めが甘い人より失敗が増えることに。

横着というのは手抜きをしている事例と同じになるので、作業自体が問題を生じさせるリスクが高くなります。なので、失敗が多いと感じた際は、横着していないかを振り返ることが原因を突き止める切っ掛けに。

 

| 2.片付ける時に横着をしなければ良かったと後悔することに

片付けができないということ。横着な人物は片付けがまったくできないか、中途半端な片付けをしてしまう傾向があるもの。

使用した物を元の位置に戻すのは、部屋をきれいに維持するための習慣ですが、横着するとそのままか違う場所に置くなど、部屋が散らかっていきます。

更に、中途半端な片付けは整理整頓とは違い、何が何処にあるのか判らなくなってしまい探す際に困ることになります。探し物が見つからない際に、片付ける時に横着をしなければ良かったと後悔することに。

 

| 3.買い物を少しでも安くするという、行動ができない傾向

金銭が貯まらないということ。横着さが生じさせている弊害の一つに、お金が貯まらないという点があるもの。例を挙げると、家に居てご飯を作るのが面倒だからと外食、こういった行動が多い場合は、典型的な横着な人物の特徴です。

面倒がそのまま横着となっていて、面倒臭いことは避けて楽ちんを優先するので、出費がかさみお金が貯まらない状態になります。更に、横着な人は節約も苦手という特徴があり、買い物を少しでも安くするという行動ができない傾向。

 

| 4.きちんと管理しなけいと働き辛く、横着しない行動は大切

社内でだらしないと思われるということ。横着な人は決まった位置に決まった物を置くことが苦手なため、共有物を自ら所へ置き迷惑をかけがちなもの。

使っても戻さないという印象が付くと、社内でだらしないと思われ、紛失物があった際は決め付けられることにもなりかねません。

だらしない人物というレッテルを貼られた場合、自らに非がなくても嫌な思いをすることが多くなるので、共有物に対し横着するのは避けたいところ。女性の多い職場では、共有物をきちんと管理しなけいと働き辛くなるので、横着しない行動は特に大切。

 

| 5.雑な行動を起こし、壊さなくて済む物を壊すという悪循環

自宅にある物が壊れているということ。横着な人は面倒臭いことが嫌いなので、手を抜いた行動を取りやすく、家の中にある物を壊す傾向があるもの。

雑な行動というのは投げるという習慣に結びつきやすく、生活する上で一般的な生活の人より投げる機会が多くなることに。。

こういった行動が続けば続くほど、家の中にある物が壊れていき、普通の人の家の中より、いつの間にか壊れた物が多くなるのが当たり前。横着さ自体が面倒な考え方を生んで、結果的に雑な行動を起こし、壊さなくて済む物を壊すという悪循環。

 

 

 


予め知っておくと腹も立たないもの、横着な人にみる連絡不精な心理面


 

| 1.そこまでの過程を考えると、面倒臭いとなり足が遠のく

連絡を頻繁にするのが面倒ということ。連絡不精で横着な男性は、頻繁にメールなどをする行為に身が入らないというもの。

連絡をしようとすると、先ずスマホを開きメールかLINEを立ち上げて、それから文字を打たなくてはいけません。そこまでの過程を考えると、面倒臭いとなり足が遠のくことに。

 

| 2.返信はすぐしなくてもとか後回しにしよう、そんな心理が

連絡してきた先方に興味や関心がないということ。横着な人物は、仕事関係や好きな女性以外には、どう思われてもいいと思っているもの。

なので、関心が薄い女性が相手の場合、返信はすぐしなくてもとか後回しにしよう、そんな心理が働き連絡不精に。これは相手方のことを、どうでもいいと思っている証拠というもの。

| 3.相手を信頼していると同様に、相手からも信頼されている

相手のことを信頼しているということ。付き合いの長い彼女にや奥さんの場合、好意に対する甘えた考えが出てしまうもの。

横着で連絡不精な男性は、連絡を返さない程度では信頼関係が崩れることはないと考えているので、信頼している相手には連絡をさほどしません。相手を信頼していると同様に、相手からも信頼されていると信じて疑わないところがあります。

引き寄せの法則で、横着を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

図々しく怠けて楽をしようとする行為とも。ここでは、横着な態度の人物もいるもの、特徴や心理を詳しく知り対処する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。