根に持つ人の末路も悩ましいもの、具体的に問題を生じさせない対処策



身の回りを見渡すと、根に持つ人がいるもの。一緒にいて何か生じた際、その対応に戸惑うのが根に持つタイプの人です。

根に持つ人は非常にしつこいところがあり、怒らせたり機嫌を損ねてしまった場合、めんどくさい関係にもなりかねません。

結果として接し方が難しく、職場でも違和感がある存在になりがちで、何気ない言葉に過剰に反応することもあり距離感に悩むところ。

もちろんそんな怖い雰囲気は病気の時もありますが、根に持つ人は物事が上手くいかない、そんな不安をを持つことが多いからです。

但し、上司だったり友達だったりした時は、何とか良い雰囲気を維持するために、上手く付き合っていかなくてはなりません。

ここでは、根に持つ人の末路も悩ましいもの、具体的に問題を生じさせない対処策を紹介しています。

 

 

 


根に持つ人の末路も悩ましいもの、具体的に問題を生じさせない対処策


 

| 1.攻撃されることを、極端に怖れているところがあるもの

批判的なことを言わないということ。根に持つ人は他者から攻撃されることを、極端に怖れているところがあるもの。

少しでも否定されたと感じると心に引き摺ることになるので、批判的な内容や表現は使わず、できる限りポジティブな方向で話するよう心掛けます。

根に持つ人が気持ちよく話せると感じられると、普通の人と同じくスムーズなやり取りもできる、具体的に問題を生じさせない対処策の一つ。

 

| 2.余りに近すぎる距離にいると疲れ果ててしまうものです

適切な距離を取るということ。根に持つ人は些細なことに過剰に反応するので、余りに近すぎる距離にいると疲れ果ててしまうもの。

可能であれば、近すぎず遠すぎずの距離感がちょうど良く、挨拶や必要な会話だけはきちんとし、心の隙を見せないようにします。

適切な距離を取っておけば、根に持つ人のターゲットにもなり難いという、具体的に問題を生じさせない対処策の一つ。

 

| 3.こだわりが強く、自分自身の考えを曲げない傾向が強い

必要以上に助言をしないということ。根に持つタイプの人はこだわりが強く、自分自身の考えを曲げない傾向が強いもの。

なので、他の人から意見を押し付けられるようなことがあると、自らが否定されている気持ちになり被害妄想を抱いてしまいかねません。

絶対に違うやり方が効率的と思っても、熱心にアドバイスをするのは問題で、根に持つ人は自分流でやり通したいと考えています。

上から目線の助言は避け、手伝うことがあればという気遣いを見せるのも、具体的に問題を生じさせない対処策の一つ。

 

4.認められたい願望が強く、褒められると嬉しさが隠せない

長所を見つけた際は褒めるということ。根に持つ人は他者から認められたい願望が強く、褒められると嬉しさが隠せないもの。

褒めてくれる人物は自分自身の味方、そんな認識になるので何かで根に持たれるリスクも減ります。ちょっとした誉め言葉を話の最中に取り入れるのも効果的で、信頼を勝ち取ると良い印象を持たれる具体的に問題を生じさせない対処策の一つ。

 

| 5.敵に回した場合、先々で非常に厄介なことになるというもの

非があるときは言い訳せず素直に謝るということ。根に持つ人を敵に回した場合、先々で非常に厄介なことになるというもの。

特に、明らかにこちらが悪いときは、長い期間に渡って無視をされたり、関係が修復できなくなったりすることにもなりかねません。

言い訳をすると更に悪い印象を残しかねず、非があるときは素直に謝罪するのが、具体的に問題を生じさせない対処策の一つ。

 

 

 


根に持つ人との仲直りは難しいところがあるもの、知っておきたい特徴


 

| 1.ナイーヴなところがあり、他人の言動に左右されやすい

傷付きやすく被害妄想を抱くということ。根に持つタイプの人は実際にナイーヴなところがあり、他人の言動に左右されやすいというもの。

想像力が悪い方へ向かうことも多く、善意から声を掛けられても、利用しようとしているなどと妄想しかねません。

根に持つ人は基本的には悲観主義者で、頭の中で自分勝手に相手の言動に敵愾心を持つことにもなりかねません。

 

| 2.見られるのが、感情のコントロールが不得手なことが多い

嫌なことに感情的になるということ。根に持つ人に見られるのが、感情のコントロールが不得手なことが多いというもの。

物事を自分自分の思惑通りに進めたいところがあり、上手くいかないと突然表情が変わることにもなりかねません。楽しく会話していたかと思えば、興奮気味に突っかかり無視してしまうことも珍しくありません。

 

| 3.意味を重く捉えて、相手に対し過度な期待してしまうもの

昔のことを良く覚えているということ。根に持つタイプの人は、一つの言葉の意味を重く捉えて、相手に対し過度な期待をしてしまうもの。

記憶力が良く急に思い起こしたことを、相手に向かって詰め寄るような態度に出ることも珍しくありません。根に持つ人は特定の内容に執着することも多く、何かにつけ蒸し返してくるのも見られる傾向の一つ。

 

| 4.計画通りに実践しなければ気が済まないというものです

完璧主義者ということ。根に持つ人に見られるのが、どんな時も自分自身の理想を持って、計画通りに実践しなければ気が済まないというもの。

やたらと説明も長く、普通の人なら数分で終わるところを、長々と時間を掛け細かく擦り合わせをしようとします。

気になる点をみると黙っていられず、すぐに指摘してくるので、周囲の人たちに鬱陶しい人と受け止められかねません。

 

 

 


根に持つ人の診断も巷で見かけるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.考えることが多く、相手の心理を深読みし過ぎてしまう

悪い方向に捉えやすいという心理状態。根に持つ人は言葉の裏の意味を考えることが多く、相手の心理を深読みし過ぎてしまうもの。

職場で他の人間が賞賛されていた場合、その人物は優秀で自分は駄目と、必要以上にネガティブな発想に陥りかねません。

言葉の意味を曲げて捉えることで、相手に対して様ざまな負の感情を抱くのも、根に持つ人に良く見受けられる傾向の一つ。

 

| 2.真面目なところがあり、間違ったことを嫌う傾向にある

謝罪して欲しいという心理状態。根に持つ人は真面目なところがあり、間違ったことを嫌う傾向にあるもの。

自分自身が真っ直ぐ生きているので、他の人が間違ったことをした場合、謝罪の一言を求めてしまいます。その一言があれば良いですが、謝罪がなければ機嫌を損ねて何時までも心にしこりを残すことにもなりかねません。

 

| 3.人たちに対し、自らの意見に耳を傾けて欲しいと考える

意見を聞いて欲しいという心理状態。根に持つ人は注目されたい願望があり、周囲の人たちに対し、自らの意見に耳を傾けて欲しいと考えるもの。

自分の主張が粗末に扱われたと感じた場合、正当に評価してくれないというネガティブな捉え方になります。自分自身をもっと評価して欲しいという気持ちの裏腹で、攻撃的になることにもなりかねません。

 

| 4.ライフスタイルを楽しむなどの発想もあまりないものです

ストレス発散できないという心理状態。根に持つ人は趣味がなく、ライフスタイルを楽しむなどの発想もあまりないもの。

いつも他人を横目で見て羨むばかりで、自分自身が何かにチャレンジすることに消極的なので、ストレスを発散する場所もありません。

こうした状況は気持ちを解放できないので、マイナスのエネルギーが蓄積され、他人の言動が必要以上に気になることにもなりかねません。

 

引き寄せの法則で、根に持つ人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、根に持つ人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

めんどくさい関係にもなりかねません。ここでは、根に持つ人の末路も悩ましいもの、具体的に問題を生じさせない対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。