ヤバい人には特有の雰囲気があるもの、関わり合いを避ける見分け方


身近なところや職場などで、ヤバい人に出会うこともあるもの。見るからに近寄りたくない感じがする人もいれば、一見普通に見えても不穏な空気が纏わりつく人物。

近所にいるヤバイ人に深く関わると、揉め事などの無益なトラブルなどに巻き込まれる可能性も出てきます。ただヤバい人物というのは抽象的な表現で、本質的に誰と関わってはいけないかは判りづらいもの。

もちろん外見に見られがちなヤバイ人の特徴というのもありますが、身近にいるやばそうな人は通常では余りとらない違和感がある行動を見せがち。

人間を見た目で判断してはならないということもありますが、できれば平穏に過ごしたいのが人情です。ここでは、ヤバい人には特有の雰囲気があるもの、関わり合いを避ける見分け方を紹介しています。

 

 

 


ヤバい人には特有の雰囲気があるもの、関わり合いを避ける見分け方


 

| 1.無闇に近づくとトラブルに巻き込まれる危険性もあるので

落ち着きがなく挙動が不審ということ。意味もなく行きつ戻りつしていたり、首や目を動かし絶えず左右を確認するというもの。側で見ていても分かりやすい立ち振る舞いの怪しさなので、近寄らない方がいいと判断できます。

何かの企てを考えているので、緊張を誤魔化すため不可解な行動をしているかも知れませんし、目線が色々な方向を向いているのかも知れません。

極度の怒りの爆発を抑えるため、身体を動かしている可能性もあり、無闇に近づくとトラブルに巻き込まれる危険性もあるので、距離を取るのが賢明。

 

| 2.髪型や髭も無造作で、風呂にも入っていないのか悪臭が

あまりにも清潔感がないということ。見出しなみを最低限度に整えるのは一般的なことで、それまでも個人の自由という訳にはなかなかいかないもの。

仕事場に擦り切れたような服を着てきたり、髪型や髭も無造作で、風呂にも入っていないのか悪臭がするなどはやばい人物の特徴の一つ。一緒に行動したりこの人物とは距離を置きたい、そう感じさせる不潔感がヤバい人にはあるもの。

 

| 3.粗野な性質の人物は威圧感のある怖い目つきをしている

目つきが悪いということ。目は口ほどに物を言うという諺もありますが、性格的に危険な特徴は目つきに現れるもの。

粗野な性質の人物は威圧感のある怖い目つきをしているもので、平気で騙すような人物は人の良い笑顔を浮かべていても目は笑っていません。その人の持っている個性は、それなりに人相に現れるものですが、目つきには特によくでるもの。

 

| 4.喜怒哀楽を素直に現すので、一言でいうと分かりやすい

表情が乏しく何を考えているのか分からないということ。表情が豊かな人物は、喜怒哀楽を素直に現すので、一言でいうと分かりやすいもの。

ヤバい人物の中にはその反対で、能面のような顔と表現される如く、無表情で何を考えているのか分からない人がいます。

人間は相手の表情により、どんな感情を抱いているか、何を考えているのかを判断しようとするもので、分からないのはやばい人物に。

 

| 5.追い越しに激怒し追い掛け回すようなヤバい人もいます

車の運転が荒いということ。運転は個性が顕著に表れるもので、慎重な人は周囲に気を配り、道が空いていてもちゃんと交通ルールは守るもの。

反対に車に乗ると気が大きくなり、危険で無謀な運転に走ってしまう人物も珍しくありません。事故に合う確率が格段に上がるスピード狂や、無意味に車間距離を詰め煽ったり、追い越しに激怒し追い掛け回すようなヤバい人もいます。

 

| 6.妙に馴れ馴れしく近寄って来るのもヤバい人物というもの

親しげに接してくるということ。さほど親しい間柄でもないのに、妙に馴れ馴れしく近寄って来るのもヤバい人物というもの。

相手のことを良く知らないのに、やたらと肩を叩いてみたり腕に触ったりといった接触を試みるタイプもいます。やばい人物は好意からしている訳ではなく、得た情報を他の何かに利用するつもりだったり、弱みを見つけるため近付くもの。

 

 

 


やばい人生を歩んできたことが滲み出るもの、そんな人の詳しい特徴面


 

| 1.自らの利益や保身のためには人を裏切ることを厭いません

平気で人を裏切るということ。恩義がある人や親しい人間に対しては、普通であれば裏切れば心が痛むもの。

但しやばい人はそんな気持ちが希薄な面があり、親友がいじめられている場面でも、自らの保身のため加わるような人。どんなに大切な人間関係があっても、自らの利益や保身のためには人を裏切ることを厭いません。

 

| 2.他人に暴力を振るうという選択を、普通の人間はしない

すぐに拳を振り上げようとするということ。大人とかという以前の段階で、他人に暴力を振るうという選択を、普通の人間はしないもの。

ヤバイ人物にはその常識が通用せず、騒音を出すような迷惑行為をしながら、注意をされると暴力を振るおうとします。自らに対し異を唱えるような振る舞いをされると、暴力的な行為で相手側を威圧することに。

 

| 3.露骨に不機嫌な態度、常に先方が自分の顔色を伺う状態に

相手をコントロールしたがるということ。やばい人は、周りの人たちは自身のために行動すべきと思っているというもの。これは意識しているしていないに関わらず、心の奥底ではそんな風に考えている傾向があります。

他人が自らの意に沿わない行動をすると、露骨に不機嫌な態度になり、常に先方が自分の顔色を伺う状態にします。

 

| 4.通常ならできない行為を、ヤバい人は抵抗なくするもの

平気で金銭を騙し取るということ。人をだまして金銭を奪うなど、通常ならできない行為をヤバい人は抵抗なくするもの。

本当は返せる当ても返済する気持ちもないのに、平気で借金をしてしまういい加減な人はヤバい人物。金銭に対する欲望が強い上に、人を騙してでも得ようとする振る舞いが特徴の一つ。

 

| 5.身近な人の悪口ばかり、なかにはそんな人物が一人位は

他人の悪口ばかり言うこと。不平不満を他人に抱き、そんな気持ちを隠さない傾向がヤバい人にはありがち。職場にも近所にもいつも身近な人の悪口ばかり、なかにはそんな人物が一人位はいます。

通常は言わないように自重するものですが、ヤバイ人物はそんな意識の持ち合わせはなく、悪口が止まりません。

 

 

 


やばい人物には早々近付きたくないもの、知っておきたい心理的な面


 

| 1.局面の感情だけで、配慮に欠ける振る舞いをしてしまう

感情の起伏が激しいということ。やばい人物はその局面の感情だけで、配慮に欠ける振る舞いをしてしまう傾向にあるもの。

職場の上司などは機嫌の良い時と悪い時で、指導や指示が変わり部下が閉口することに。感情の上り下がりで、周りの人たちは対応を変えざるを得なくなり、ヤバイ人と思われることに。

 

| 2.あることないこと噂を言い触らすような同僚などは典型

嫉妬心が強いということ。自身より他人の評価が高いことや、人気があるなどに対し我慢ができないというもの。人気がある同性に嫉妬して、あることないこと噂を言い触らすような同僚などはその典型。

自らが一番でいたい心理状態や、他人が嬉しい思いをするのを許せない、そんな嫉妬心で周りに被害を及ぼすのがヤバい人。

 

| 3.慰めるのは面倒臭いと思われ、ヤバい人認定されることに

物事を非常にネガティブに考えるということ。全てを悲観的に捉えすぎると、ネガティブすぎて怖いと周りの人は引いてしまうもの。

ほんの些細な失敗をし誰もが気にしていないのに、自らの無能さを裏で笑っていると悲観的な姿を見せます。そのネガティブ過ぎるスタンスに、逐一慰めるのは面倒臭いと思われ、ヤバい人のお墨付きがつくことに。

 

| 4.抑えがきかず、表面に現してしまう傾向がヤバい人にある

すぐに苛立ってしまうということ。自らの感情の抑えがきかず、表面に現してしまう傾向がヤバい人にはあるもの。

先ほどまでは普通だったのに、仕事上のミスを指摘されただけで苛立ち、周囲の人たちに怖い感じを与えるタイプ。普通の人と違ってヤバい人物は、気持ちの制御ができない上に、苛立ちを顔色に出してしまうことに。

引き寄せの法則で、ヤバい人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

普通に見えても不穏な空気が纏わりつくもの。ここでは、ヤバい人には特有の雰囲気があるもの、関わり合いを避ける見分け方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。