覚えておくと間違いなく役立つ、マインドコントロールと洗脳の解き方


気が付くと身近にも洗脳されていると感じる人がいるもの。異なる言葉でマインドコントロールとも言います。その意味合いは個人的な思想や価値観を、心理面や物理面のほか社会的圧力などのコントロールで、当人の意図しない方向へ変えること。

現代社会においては一般的に個人の思想や価値観や絶対的なものはなく、互いの価値基準や思想などを尊重しながら生活しています。本来縛ることのできないこうしたものを、洗脳やマインドコントロールは強制的に改変してしまいます。

時として良い事を悪い事に、悪いことを良いことなど、まったく正反対の思考方法を植え付けられることも。なので、世間の常識というものから逸脱し、問題や事件を引き起こしてしまうことが度々あります。

ここでは、覚えておくと間違いなく役立つ、マインドコントロール洗脳の解き方を紹介しています。

 

 

 


覚えておくと間違いなく役立つ、マインドコントロールと洗脳の解き方


映画や小説などには、再三再四のように洗脳手段だったりマインドコントロールが、テーマの一つとして取り上げられるもの。

現実の社会生活上でも犯罪集団やカルト教団によって、洗脳やマインドコントロールを施し、悪事に手を染めさせた事例も少なくありません。

大規模な事件のほかこうしたことは身の回りでも起きていて、モラハラによる洗脳や、宗教によるマインドコントロールの解き方を探している人も多くいます。

 

| 1.一方を選択すれば他方はもう選べないと一面的なものへと

二元的な論法を捨てるということ。支配者側の多くは、善と悪などの二元論を巧妙に用い洗脳を行うもの。本来は決め手を欠くものでもどちらかを選べと迫り、一方を選択すれば他方はもう選べないと一面的なものへと誘導。

被害を感じとったときは二元的な論法を捨てるのが得策で、どちらも違っているや他の選択が頭に思い浮かべば、正しい思考に引返すことに。

 

| 2.相手側が言うことの真反対の意見を敢えて頭に思い浮かべ

自身を第三者の視点で見るということ。思想や情報をコントロールされ比較対照のない環境では、支配者側の言葉に傾斜するのも当然というもの。

洗脳状態から逃げ出すためには、常に第三者の考え方を持つのが非常に大事で、相手側が言うことの真反対の意見を敢えて頭に思い浮かべるようにします。

支配者側の立ち振る舞いは、とんでもない常軌を逸したことが多いので、沈着冷静に見てみれば洗脳も解けることに。

 

| 3.通常を遥かに逸脱した状況にあるとは気付いてもいない

第三者の率直な意見を聞くということ。洗脳の最中にあっては支配者側と標的とされた人物の間柄に、理不尽とも言える主従関係がある場合も珍しくありません。

当事者である本人は思考や感情を制御されていて、自らが通常を遥かに逸脱した状況にあるとは気付いてもいないもの。

ある人と接して違和感を覚えた際は、友人や家族など第三者の人間に率直な意見を言って貰い、支配されていることを自覚させるようにします。

 

| 4.疑問を積み上げることで支配者側の矛盾を判断できることに

質問に耳を傾けるということ。不安感や恐怖心を煽られている標的者は、支配者の機嫌を損ねないよう、状況を受容れていることも少なくありません。

周りの人たちの声に耳を傾けることがポイントで、そんなこと何故しているという質問を投げかけた人がいたら、繰り返してみることが重要。

質問に対して疑問を持つのは状況を理解することの初めの一歩になり、そんな疑問を積み上げることで支配者側の矛盾を判断できることに。

 

| 5.電話番号変更等、直接向こう側からコンタクトを取れなく

強制的に関係を遮断するということ。一旦距離をとることで、支配者側の人物と会わないようにするというもの。

洗脳する側の人間は標的になっている人の感情を支配できるので、面と向かえば結果的に黙って従うことになりかねません。なので、連絡を遮断し無視をします。後ろめたさを感じるのであれば電話番号の変更等、直接向こう側からコンタクトを取れなくします。

 

| 6.支配者側の言葉を要素に分解、関連性は本当にあるのかを

価値観を分離させるということ。ゲシュタルト崩壊と呼ばれ、標的の人物の頭の中で結び付けられている、複数の価値観を分離させるというもの。

例を挙げると、支配者側が社会貢献で投資するのは社会のため、そんな風に教え込まれると社会貢献と投資が関連し、洗脳を解くのが困難に。

マインドコントロールの可能性がある場合、支配者側の言葉を調整し様々な要素に分解、関連性は本当にあるのかを分析します

 

 

 


スピリチュアルやネットワークビジネスの洗脳に繋がる、解き方の種類


 

常識的に洗脳と区別をつけないのがマインドコントロール。訳せば心の制御なり、言葉は無論のこと行動や態度などにより、相手から心を思い通りに動かされている状態。

目的達成のために人を働かそうとするのは、ある意味当たり前の行いですが、洗脳やマインドコントロールには否定的な受け止め方が多くあります。それは己の利益のため余す所なく、他の人を意のままに操ることが理由。

 

| 1.受けている人は、支配者の同意がある行動しかしなくなる

行動コントロール。他者に行動を握られる洗脳例の端的なものは、心理的原理で言う報酬と罰というものが利用されるというもの。

これは特徴的な行動を過剰に褒め称え、その他の行動を完膚無き迄に否定することで、こうするのが当然と相手に信じ込ませるというもの。最終段階のマインドコントロールに嵌まり込んでいる人は、支配者の同意がある行動しかしなくなることに。

 

| 2.結果的に常識的とはかけ離れた思想を受け入れることに

思想コントロール。カルト宗教などや一部教育機関などで活用されている、洗脳方法の中の一形式。その集団にとりメリットとなる思想のみを植えつけ、違った考え方は取り除きます。繰り返し経典等を読ませるなど、強制行為が多いのも特徴の一つ。

特定思想のみを叩き込まれるうち頭が回らず思考停止状態になるので、結果的に常識的とはかけ離れた思想を受け入れることに。

 

| 3.罪悪感に苛まれているときは、正しい判断もできません

感情のコントロール。罪悪感を抱かせたり不安にさせたりと感情を管理し、マインドコントロールや洗脳をしようとする遣り口の一つ。

コントロールしようとする側は、標的となった人物が心の底に抱いているネガティブ感情を、正確に見極め刺激するようにするもの。

冷静なときなら変だと認識できることでも、責任追求時など罪悪感に苛まれているときは正しい判断もできません。

 

| 4.マインドコントロールを実施する際、情報統制を強く意識

情報のコントロール。支配者サイドはマインドコントロールや洗脳を実施する際、情報統制を強く意識するもの。もし、ターゲットとされている人物が、支配者側が言う主張と異なるニュースや雑誌などを見てしまうと、何かが変と不審に思います。

こんな不都合な事態が起こらないよう、言い分はこちらだけを信じ他の情報は全てを遮断、そう言い聞かせることに注力します。

 

 

 


洗脳の解き方は大事な家族や友達にも通じるもの、されやすい人の特徴


 

| 1.正義感が強く、他の人より高い使命感を抱いていることが

真面目であるということ。真面目な人物は誰しも正義感が強く、他の人より高い使命感を抱いていることが多いもの。

困っている人をみると積極的に手を差し伸べますが、それを巧妙に利用しようとする人物がいることも忘れてはならないことに。洗脳しようとする側は、真面目さにつけ込んで正義感を利用するを平気で吐いてきます。

 

| 2.残念ながら全ての人たちが、優しく正しい人とは限らず

優しい人柄ということ。洗脳しようとする側の人間は、耳障りの良い言葉を選び、それが正しいことであるように上手く話を作るもの。

優しい人柄の人物は、先方の裏の顔を見極めらることはできず、疑わないで鵜呑みにすることが多くなります。但し、残念ながら全ての人たちが優しく正しい人とは限らず、洗脳しようとする悪い人物ほど、善人のような顔で近づいてくることに。

 

| 3.隙間が広く、狙っている人間にはとてもに都合の良い存在

素直であるということ。前述の優しい人柄に繋がりますが、人をを疑うことを知らない素直な人物も、悪人の言葉を鵜呑みにするもの。

洗脳しようとする人は、自信がどうすれば支配できるか熟知しているので、言葉巧みに相手を取り込もうとします。素直に人を信じ込みやすいタイプは、洗脳しやすい隙間が広く、狙っている人間にはとてもに都合の良い存在。

引き寄せの法則で、洗脳を解く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

コントロールで意図しない方向へ改変。ここでは、覚えておくと間違いなく役立つ、マインドコントロールと洗脳の解き方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。