ズルい人の末路が気に懸かるもの、許せない相手との上手な付き合い方



身近な所にも他人を利用するのが得意な、ズルい人がいるもの。良い人と信じ込んでいた人物が実はずるい人だった場合、精神的な衝撃は非常に大きくなります。

ずるい人というのは通常では考えられない、人を貶めるような振る舞いを平気でしてしまいます。更にズルい人というのは、利益追求のための着想を豊富に持っていて、人を騙すためには巧妙な嘘なども吐くもの。

また自身は頭の良さがあると自覚しているので、ずるい行動も悠然とできますが、それが明らかになったときの切り抜け方も予め考えています。こういった思慮深さも併せ持っているので、 一筋縄でいかないで嫌われることもしばしば。

ここでは、ズルい人の末路が気に懸かるもの、許せない相手との上手な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


ズルい人の末路が気に懸かるもの、許せない相手との上手な付き合い方


 

|  1.返してくれない時に借りた証拠がないと言われればお終い

責任転嫁を防ぐため、記録を残しておくということ。ズルい人は、他人の弱点を突くのを得意にしているので、曖昧なところや弱い部分を見せると執念深く攻撃してくるもの。

なので、口約束で金銭を貸した際、何時までも返してくれない時に借りた証拠がないと言われればお終いです。なので、約束違反や責任転嫁などを防ぐには、仮にずるい人物とのやり取りをしなければならない際、対策にメールや書類など目に見える記録を残すようにします。

 

| 2.金銭等のために狡猾な行動に出ることも少なくありません

金銭の貸し借りは絶対に避けるということ。ずるい人物というのは、自身のお金をできる限り使わないようにしているので、金銭ために狡猾な行動に出ることも少なくありません。

もし騙しやすく親切そうな人間を見かければ、言葉巧みに金銭を借りようとしてくることに。前述でも述べましたが、ズルい人に金銭を貸したが最後、その場を巧妙に言い逃れ戻ってくることはありません。

 

| 3.ウイークポイントを握ると、根拠にゆすりを働く可能性

愚痴や秘密事は、話さないようするということ。ずる賢い人物というのは他人のウイークポイントを握ると、それを根拠にゆすりを働く可能性が高いもの。

なので対処法の一つとしては、誰かに対しての愚痴や悪口を聞かせたり、秘密を分かち合うことのないようにします。特にお酒の席などで、ズルい人に気を許してしまいそうな環境を、予め避けていくことも上手な付き合い方の一つ。

 

| 4.他人を利用しようと、常に隙がないかを伺っているもの

自らの意思を明確に伝えるということ。ずるい人間というのは自身が優位に立つべく、他人を利用しようとするので、隙がないかを常時気にしているもの。

もしずるい人が何か儲け口を持ち掛けてきたケースでも、きちんとしない態度では足元をすくわれてしまう可能性があります。

対応法として覚えておきたいのが、気持ちを明確に伝えることで、嫌なものは嫌と強気で伝えることで相手は離れていくことに。

 

| 5.普段通りに生活して、どちらが信用できるかは一目瞭然

距離を置き関わらないようするということ。相手がズルい人だと判明した場合、巻き込まれる以前に逃げることが大事というもの。

金銭を借りたまま返却してもらえなかったり、恋愛関係で大事な人を取られたりする前に、関わらないようにすることが対策としては効き目があります。

もしずるい人が何事かを周りの人たちに吹き込もうとしても、後ろめたいことをせずに普段通りに生活していれば、どちらが信用できるかは一目瞭然

 

 

 


ズルい人に出会うのは職場等でも、知っておきたい意味合いと心理状態


 

| 1.恋愛関係でも魅力的なところや愛情で付き合うのではなく

常日頃から、どうすれば自身の得になるかを考えているということ。ずるい人というのはすべての振る舞いに対し、損得勘定を優先させている心理状態があるもの。

仕事はもちろんのこと人付き合いなども、好き嫌いの気持ちではなく、ただ自身の利益のためにはどういう風に行動するかを考え決めています。

恋愛関係でもその人物の魅力的なところや愛情で付き合うのではなく、財産だったり名声などを狙い近付くことに。

 

| 2.ただ敬意を上司に表現したりするのは全部が自身のため

内心では自身の方が上だと思っているということ。ずるい人は自分自身の本当の気持ちや、内面の心理状態を隠すのが非常に得意というもの。

ズルい男性であれば自らの評判を上げたり昇進のため、上司に擦り寄ったり同僚を失脚させるのは当然のこと。ただ敬意を上司に表現したりするのは全部が自身のためで、心の奥底では自身の方が上だと考え、心の中では小馬鹿にしていることも。

 

| 3.引きずり込まれる前に関係を打切らなければいけません

上手に相手を見定めているということ。ずるい人とういうのが、もっとも怖れることがいわゆる共倒れというもの。

自らにメリットがあると近づいたところ、実際はデメリットしかないケースでは、引きずり込まれる前に全力で関係を打切らなければいけません。

なのでズルい人物はこうしたことを避けるため、近づいても安全だったり、頼っても平気な相手を見定めています。

 

| 4.自らが得をするための、肥やしにしたり道具としてしか

自分勝手ですぐ他人を利用しようとするということ。ずるいとされる人物が最も重要視しているのは自身で、どうすれば得するのか、どんなメリットがあるかを考えているもの。

自らが得をするためなら、物事は無論のこと他の人でも平気で上手に使っていこうとする心理状態にあります。狡いと呼ばれる人物にとって、周りにいる人たちでさえ自らが得をするための、肥やしにしたり道具としてしか思っていないことに。

 

 

 


ズルい人を嫌いというのは当たり前のこと、覚えておきたいその特徴


 

| 1.自分自身にとって有益かをすぐに見分けられる能力を持つ

洞察力が優れていて、相手の感情を汲み取るのが早いということ。ずるい人は自らにメリットがあるか、役に立つ人物かを見定めるのが得意というもの。

なので人間に対しての洞察力が高く、自らにとって利益になるかをすぐに判別できる能力を持っています。もし自らにメリットのある人物と判断した場合、全力で取り込みに掛かるので、相手の期待に沿った行動をとるようにします。

 

| 2.平気で利用する、言い訳をしたり嘘を吐くのは得意分野

弁が立ち責任転嫁が自然にできるということ。ズルい人物は自らが良ければ、後は周囲の人たちはどうなってもと考えるもの。自らの利益のため他人を平気で利用するので、言い訳をしたり嘘を吐くのは得意分野の一つ。

会話の流れの中で自然に自らの責任を他の人に対して押し付けられ、初対面で役立つ人と感じれば達者な口で丸め込むことに。

 

| 3.店舗に対し怒りの矛先を向けるクレーマー気質が現れる

金銭を追求しがちな一面があるということ。人間関係上で利益を優先するのがずるい人で、更にできる限り自らのお金は使わないようにするもの。

飲み会に出掛けた際も、損得勘定が働き割り勘に応じないことも多々あり、物品購入するときも1円でも損をしないようにします。もし自らが損をしたと感じた場合、店員や店舗に対し怒りの矛先を向けるクレーマー気質が現れることも。

 

| 4.不利益と判明、引き摺り込まれないうちにすぐに手を引く

立ち所に投げ出す傾向にあるということ。ズルい人物はメリットのある事柄や人物に対し、全力を傾けて近づこうとするもの。

但し、もしその人物や事柄が反対に自身にとり不利益と判明した場合、引き摺り込まれないうちにすぐに手を引くことに。長所や短所を見定める力に長け、そのシーンによって手のひらを返すのも、ズルい人物にはよくある事。

引き寄せの法則で、ズルい人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

騙すためには巧妙な嘘なども吐くもの。ここでは、ズルい人の末路が気に懸かるもの、許せない相手との上手な付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。