断れない人には短所も長所もあるもの、特徴を掴んで改善していく方法



周りを見渡すと、断れない人がいるもの。何事かを頼んだ際、否応なく手伝ってくれる人という印象が強い人。

こうした断れない人の中には気が弱い人物が多く、頼まれ事をやりたくないとか拒絶したいと思っても、強引さに根負けすることが多々あります。

また違うパターンでは良い人と思われたい人物もいて、嫌われるのを恐れ、断わると冷たいと思われることで断れなくなっています。これは自ら誘って断られると傷付くので、相手も同じようにダメージを受けるのでは、そんなことを心配する理由から。

但し、現在の自分の手に負えないことであれば明確に断ることが大切で、背負いこむことで迷惑をかけることにもなりかねません。

ここでは、断れない人には長所も短所もあるもの、特徴を掴んで改善していく方法を紹介しています。

 

 

 


断れない人には短所も長所もあるもの、特徴を掴んで改善していく方法


 

| 1.推察すること、断る理由を冷静に決断し自身が納得できる

自身の気持ちを最優先にするということ。断れない人が最初に改善できることに、自らの気持ちを最優先にするというもの。

周りの雰囲気を読んだり相手の立場を思い遣ることも大事ですが、先ずは自分自身のの気持ちや考え方に謙虚になることがポイント。少し先の自らの状況や気持ちも合わせて推察することで、断る理由を冷静に決断し自身が納得できるように。

 

| 2.考えているものを、ひと通りリストアップするというもの

小さな事から断る練習をするということ。本当は心の中で断りたいと考えているものを、ひと通りリストアップするというもの。そうやって一覧にして眺めてみると、自分が何を嫌がっているのかが明確になることに。

全部をいきなり断るのは難易度が高いので、比較的簡単に断れそうな事柄を、その中から2つ3つ選び出し断る練習をします。

 

| 3.成すべきことをすることで、断れない人から脱却する方法

プレッシャーを感知しないようにするということ。通常できていることでも緊張してしまい、精神的に疲れてしまうことがあるもの。

断れない人が改善に向かう方法は、周囲のプレッシャーには敢えて気づかない振りをして感じないようにすること。

空気が読めないと言われることになりますが、自分の成すべきことをすることで、断れない人から脱却する方法になります。

 

| 4.目標達成をしたり自身の長所を伸ばすなど、他の効果も

強い意志を持つということ。断ることができる人物になるためには、意欲的なところをきちんと持つ必要があるもの。

但し、強い意志を継続して持つのは非常に難しいところで、継続性がないのが短所と考えている人も数多くいます。強い意志を持つことは、目標達成をしたり自身の長所を伸ばすなど、他の効果も大きな重要ポイント。

 

| 5.正直に言う方が、返って信頼できる人物と思われやすく

断ることは先方を拒否することではないと自覚するということ。断ることを拒否することと同一視している場合、断れなくなるもの。

断るということは、自らの事情を言っているだけで、相手側を拒否している訳ではないことを自覚します。自分自身が出来ないことを正直に言う方が、返って信頼できる人物と思われやすくなるもの。

 

 

 


義理や人情が大切なこともあるもの、知っておきたいその詳しい特徴面


 

| 1.困っている人がいる場合、助けになりたいと率直に思う

役に立ちたいという気持ちが強いということ。断れないタイプの人は困っている人がいる場合、助けになりたいと率直に思うもの。

相手の期待に応えたいという思いや、相手の喜ぶ顔が見たいなど、お人好しの人柄が全開に表に出ます。そういった人物は自分自身の都合より、相手側の都合を優先して考えるいわゆる好人物です。

 

| 2.頼まれたからには努力しようと、何でも独力でやろうと

他人を頼ることが苦手ということ。断れない人物は責任感が強くあり、頼まれたからには努力しようと、何でも独力でやろうとするもの。

普段から人に頼まれなれているので、仕事や作業を抱え込み過ぎてしまうことにもなりかねません。自身が断ることが不得手なので、人に頼むと同様に負担を感じると考え、頼ることができなくなっています。

 

| 3.断ることで関係を悪化させるというのは最も避けたいこと

揉めたくないという気持ちが強いということ。断れない人は人の気持ちに敏感で、穏やかで平和な状態を望むもの。なので、他の人たちが感情的になり、対立する様子を見るのは非常に苦手ということに。

断ることで関係を悪化させるというのは最も避けたいことなので、自分が我慢すれば円満に解決すると考えがち。

 

| 4.人情や思い遣りから何でも背負い込むところがあるもの

何事も背負い込むということ。断れない人の気持ちの中には、人情や思い遣りから何でも背負い込むところがあるもの。

自分自身が考える必要のない、相手側の周り状況や気持ちまで踏み込んでしまいます。先方が考えて行動し解決すべきことを、代わりに進んで背負い込み問題解決しようとする特徴があります。

 

| 5.思い遣りの心で引き受けても、結果が悪ければ信頼性が

ポジティブな考え方をするということ。断れない人の中には、ポジティブ思考で軽率に引き受ける人がいるもの。

断りにくい中身の頼み事にしても、何とかなると無責任に引き受けることで、後々になり自らを苦しめることに。どれほどポジティブに考え思い遣りの心で引き受けても、結果が悪ければ信頼性が失われることに結び付きます。

 

 

 


お人よしという言葉が似合うこともあるもの、断れない人の心理状態


 

| 1.これまでの関係が崩れてしまうかも知れないと敏感になる

嫌われたくないということ。相手側からの頼みを断ると、嫌われるかもと心配になる心理状態の人もいるもの。初めて会った人物からの頼み事を断った場合、今後は気まずくなり良い関係が築けないという不安感から。

また長い付き合い関係でも今回の頼みを断れば、これまでの関係が崩れてしまうかも知れないと敏感になります。

 

| 2.役に立っている自分に、値打ちを見出すことになります

自己の評価が低いということ。自らに自信が持てない場合、相手側のいうことを聞き自己評価の向上に繋げるというもの。

誰かに頼りにされたり、役に立っている自分に値打ちを見出すことになります。結果的に断るということは、自分自身の価値感を失うことに結び付くので怖くてできません。

 

| 3.できないことは断る、そんな単純思考ができない人もいる

断ることに罪悪感があるということ。断れない人の中には、できないことは断る、そんな単純思考ができない人もいるもの。断ってしまった後を考え、異常な罪悪感に苛まれる心理状態に陥ることもあります。

自身が頼みを断った結果として相手の状況が悪化した場合、その原因は断った自身にあると考え罪悪感を抱くことに。

 

| 4.気後れして具体的なことが口に乗らない消極的なタイプ

素直に理由が言えないということ。プライベート上では断る理由を曖昧にせず、率直に話すほうが気まずくならないもの。

断れない人はこうした詳しい理由を言うのが嫌で、用事があるなどの抽象的な言い方が多いことに。自己主張も苦手で、気後れして具体的なことが口に乗らない消極的なタイプもいます。

 

| 5.見せないよう取り繕うので、周囲の人たちには断れない人

内心は苛立っているということ。自身も非常に忙しい思いをしている中、お願いをしてくる相手に内心は苛立っているというもの。

自分を良く見せようとして、態度には現わせないという特徴的な面がある人もいます。苛立つ自らを見せないよう取り繕うので、周囲の人たちには断れない人と見られることに。

引き寄せの法則で、断れない人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

まとめ

否応なく手伝ってくれる人という印象。ここでは、断れない人には短所も長所もあるもの、特徴を掴んで改善していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。