ルールを守らない人の末路が気になるもの、部下をはじめとした対処策



見渡すと世の中には、ルールを守らない人がいるもの。交通ルール以外にも会社などの組織には、必ずルールがあり守ることで人々が円滑に動いています。

社会生活の中で生きていると多くのルールがあり、それを守ることで秩序が保たれていますが、現実的には沢山の人々がルールを守っていません。

規則があるのは便利な反面、被害を受けてしまう人々も必ず存在し、規則は破るものという考えに行き着くことにもなりかねません。

例を挙げると、一方通行路を意識的に逆走する人物がいて、反対から行けばすぐ家に帰れるのに、ルールのせいで遠回りさせられると考えています。

なので、普段は渋々ルールを守っていても、急いでいるときなどには警察もいないし、まあ良いかとつい逆走することに。ここでは、ルールを守らない人の末路が気になるもの、部下をはじめとした対処策を紹介しています。

 

 

 


ルールを守らない人の末路が気になるもの、部下をはじめとした対処策


 

| 1.ルールができた背景的なことや目的等も併せて伝えると

ルールの周知に務めるということ。先ずは組織内に、正しいルールを広めていくことが重要というもの。その際は、一方的にルールを広めるだけではなく、そのルールができた背景的なことや目的等も併せて伝えると効果的。

職場などでは、ルール遵守と部下が思えるような環境を醸成することを心掛けます。

 

| 2.現場の状態に即した内容になるよう、定期的に再検討して

ルールの内容を再検討するということ。ルール自体を作成することが目的でなく、運用を正しくしていくことが重要というもの。

結果的に、現場の状態に即した内容になるよう、定期的に再検討していく必要性がでてきます。現場の意見も受け入れながら、現実に即して実行可能なルールにしていくことが肝要。

 

| 3.設定されている意味を論理的に理解することがポイント

部下も含めルールについて話し合うということ。ルールを遵守した場合、どれほど業務が効率的に進行するかを話し合うというもの。

更に規則を守らなければ、どう言う風な最悪の事態が生じるかを部下を含め討論し、設定されている意味を論理的に理解することがポイント。

人間は論理だけでなく感情で動くもので、守るのが正しいと認識していても、納得していなければルールは形骸化することになりかねません。

 

| 4.目的やできた背景について、詳しく伝えることを忘れない

ペナルティや褒賞を設けるということ。ペナルティをルールを破った際に設定したり、ルールを遵守した場合に褒賞を設けるというのも方法の一つというもの。

本来ならルールの目的を理解して自主的行動が望ましいですが、どうしてもルールが遵守されないときは、こんな外部的な動機付けも効果的。

この時、ルールを遵守が目的にならないよう、その目的やできた背景について、併せて詳しく伝えることを忘れないようにします。

 

 

 


ルールを守らない人は職場にもいるもの、知っておきたい特徴や心理面


 

| 1.特に後ろ盾に偉い立場の人がいる場合はそれが強くでます

自分は特別と思っているということ。一般的に捉えると、ルールがある以上はそれを守っていこうとするもの。

ルールを守らない人物の中には、自身が特別だと思っている人もいて、特に後ろ盾に偉い立場の人がいる場合はそれが強くでます。自分だけは特別なので、ルールを守らなくても大丈夫という自負があります。

 

| 2.秩序が乱れずに済み、なかには理解できない人がいるもの

守る意味が理解できていないということ。ルールは皆が守るので秩序が乱れずに済みますが、なかには理解できない人がいるもの。

そういった人物は、このようなルールが何になるなど、まったく意味が分からないとなりかねません。意味がないルールなど存在せずきちんと考えて作られていますが、守りたくないばかりに文句をつけるのは精神年齢が低い人。

 

| 3.他人の話を聞かないとか聞けないタイプとされるものです

人の話を聞かないということ。ルールを守らない人というのは、他人の話を聞かないとか聞けないタイプとされるもの。

人間は理性で生きる動物なので、やって良いことや、してはいけない悪いことが分かります。但し、ルールを守らない人達は、本能に頼って生きているので、他の人に迷惑を掛けてしまうことも平気です。

 

| 4.見られるところとして、罪悪感が欠如しているともされて

罪悪感が薄いということ。ルールを守らない人に見られるところとして、罪悪感が欠如しているともされているもの。

常識的にはルールは遵守するものですが、守らない方から見ると守る人は大馬鹿者であり、破ることに意義を見出しています。他人と同じことはしたくない、いわゆる右に倣えということが、大嫌いな人たちです。

 

| 5.同じことをするのを嫌って、何にしても目立ちたいと考え

目立ちたがり屋ということ。他の人と同じことをするのを嫌って、何にしても目立ちたいと考えるというもの。

抜きん出るには、他人と同じことをしていても際立たないので、敢えてルールを守らないことにより目立とうとします。トラブルを発生させることで、周囲の人たちから騒がれるので、それを自身の喜びとします。

 

 

 


ルールを守ることの重要性が大切なもの、部下が規則を遵守しない理由


 

| 1.きちんと守られるように、定期的に検討をしていくことが

ルールが軽んじられているということ。多くの人々が規則を守らない状態が続く場合、ルールそのものが軽く見られるもの。

他の人も守ってないからという状況に陥ってしまうと、ルール厳守が当たり前の組織に戻すのは困難になります。作成したルールがきちんと守られるように、定期的に検討をしていくことが大切。

 

| 2.守る前からに理解することができず、ルールが形骸化する

ルールを理解していないということ。ルール自体が認識されていない場合、守られていないという事例もあるもの。

内容が余りにも複雑化していると、守る前からに理解することができず、ルールが形骸化することになりかねません。ルールを作成し浸透させるというのは、管理する側のとても重要な役割とも言えます。

 

| 3.そんな風に思ってしまうルールは、設計を失敗しています

ルールが現実的ではないということ。内容が理解できたとして、現場にとり実際的でないルールは遵守されないもの。

現場の大半が、このルール通りでは仕事が進まない、そんな風に思ってしまうルールは、設計を失敗しています。先ずは、ルールを作成するタイミングで、現場の意見をしっかりと反映させることが重要。

 

| 4.そんな風に自分勝手な考え方をする人物が数多くいます

協調性がないということ。ルールは全員が守っていくものであり、遵守していかないと意味がないもの。但し、ルールが守れないという人たちの中には、他人に合わせることができないという人もいます。

何故合わせなければならないのか、そんな風に自分勝手な考え方をする人物が数多くいます。

 

| 5.ルールを押し付けても無駄ということになりかねません

信頼関係が築けていないということ。信頼関係が構築できていない場合、業務に差し障りがあり、規則を守るどころの話ではないもの。

腹を割った関係が築けてはいない状態で、ルールをいくら押し付けても無駄ということになりかねません。先ずは、上司と部下や人間と人間という、信頼関係を築くことから始めることが重要。

引き寄せの法則で、ルールを守らない人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

現実は沢山の人がルールを守ってない。ここでは、ルールを守らない人の末路が気になるもの、部下をはじめとした対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。