味方がいないのは因果応報かも知れない、試みたい理解者を増やす方法



自分には味方がいないという人も多いもの。他の人とは話が合わず、心底から打ち明けられる人物がいない状況は苦しいものです。

もちろん誰しも万人との関係が上手くいくことなどなく、味方がいないと感じることも一方でごく普通のことではあります。

なので、深刻に考え過ぎないようにしたいところですが、人間は味方がいないと感じたらどうしても孤独感に襲われるもの。

こういったことが続くと余分なストレスも溜まり、生きづらくなって、徐々に病んでいくことにもなりかねません。更に、一旦病気になってしまうと、克服するのが非常に困難になるので注意が必要です。

ここでは、味方がいないのは因果応報かも知れない、試みたい理解者を増やす方法を紹介しています。

 

 

 


味方がいないのは因果応報かも知れない、試みたい理解者を増やす方法


 

| 1.自身のことを分かって貰いたい、そんな風に考えている

周囲の人たちを理解するということ。人間は自分自身のことを分かって貰いたい、そんな風に考えているもの。

但し、他人を理解しようとしてくれる人は案外少なかったりするので、分かってくれる人物の存在は貴重で好意を持たれます。結果的に周囲の人たちを分かろうと努力すると、理解者が増えていくようになります。

 

| 2.味方が多い人物は周りの人たちのことを気に掛けている

周りの人を気に掛けるということ。前述の理解と通じところですが、味方が多い人物は周りの人たちのことを気に掛けているというもの。

多くの人は当たり前に思うことですが、自らのことを気に掛けて貰えることは非常に嬉しく感じます。そういった人が困っていたり手助けが必要な際は、力になろうと思うもので、気に掛けることは理解者が増えることに繋がります。

 

| 3.求めるよりも先だって与えることを実践しているものです

求めるより先に与えるということ。人気があったり味方が多い人は、求めるよりも先だって与えることを実践しているもの。

自分自身に時間がある場合、他人の仕事を手伝ってあげるほか、得た情報を惜しみなく皆に分け与えたりすることが大切。言い替えると何かを得るためには、まず自身から与えるのが最良の方法で理解者を増やすことにも結び付きます。

 

| 4.何時までも経っても人は側に寄ってこないままというもの

自らを変える努力をするということ。受け身になっているて姿勢を続けていると、何時までも経っても人は側に寄ってこないままというもの。

すぐには難しいかも知れませんが、過去のトラウマを克服したり外交的に振舞うなど、自らアクションを起こすことが重要。こうした何か一つでも自分自身を変えることにより、理解者と巡り会える可能性も充分に高まります。

 

| 5.たった一つのことというのは、誰かの味方になるという

誰かの味方になってみるということ。味方がいないと感じる時、できるたった一つのことというのは、誰かの味方になるというもの。

理解をしたり気に掛けてみたり、あるいは与えようとすることも、言い換えて見れば相手の味方になることと同様かも知れません。

誰かの味方になってみようと実践することで、段々と自らの味方が増えてゆく、そんなことが実感できるかも知れません。

 

 

 


味方がいないのは職場ではよくあること、そうした人物の詳しい特徴面


 

| 1.最優先で自己中心的なため、人が寄ってこないことがある

自己中心的で人に関心がないということ。味方がいない人には、何をするにも自らが最優先で自己中心的なため、人が寄ってこないことがあるもの。

我が儘で自身さえ良ければ他はどうでもいい、そんな価値観の人物のもとには誰も近寄ってはきません。偏向した自己主張が激し過ぎる場合、孤独になるのは無理ないことで、味方がいないことにもなりかねません。

 

| 2.苦い経験を持ち、トラウマになっていることが珍しくない

過去の人間関係のトラウマを抱えているということ。味方がいない人物は、過去の人間関係に関し苦い経験を持ち、トラウマになっていることが珍しくないもの。

それが味方をつくる上で不可欠な自己開示の邪魔をして、腹を割って話し合えない心理的な負担になっているケースがあります。

必要以上に自身を守り構えて話す人物は、トラウマを抱える経験をしていて、自己防衛本能が敏感になっている可能性があります。

 

| 3.相手の言動に過敏に反応しネガティブに捉える傾向にある

ネガティブオーラに溢れているということ。味方を作ることが苦手な人物は感受性が豊かな性分で、相手の言動に過敏に反応しネガティブに捉える傾向にあるもの。

周りに嫌われてるとか避けられているなど、根拠のないことで自分勝手にネガティブな感情を持ってしまうことにもなりかねません。

こうした暗い雰囲気の人と仲良くなりたいと思うことはほとんどないので、必然的に味方がいない状態になってしまいます。

 

| 4.内向的なため、自分をアピールするのが苦手な傾向にある

内向的で自己アピールをしないということ。味方ができない人は繊細で内向的なため、自分をアピールするのが苦手な傾向にあるもの。

外に向け自らの意思を明らかにすることも少なく、そもそも自己アピールをすること自体がそれほどありません。そういったスタイルが他人との間に壁を設けているような雰囲気を溢れさせ、味方を作る機会を減らしているのかも知れません。

 

| 5.敏感な人がいる一方、極端にだらしない性格が災いとなる

何事もだらしないということ。味方がいない人のなかには感受性に敏感な人がいる一方、極端にだらしない性格が災いとなる事もあるもの。

基本的に仕事の業務が遅れがちをはじめ、待ち合わせの時間にいつも遅れてきたり、ドタキャンが多かったりというようなこと。

こうした社会人として問題がある姿勢なので味方もできず、ルールやマナーを一から学ぶよう忠告すべきかも知れません。

 

 

 


味方がいない時はスピリチュアルに関係あるかも、孤独感を感じる原因


 

| 1.身近な人物に強い言葉で否定され、孤独感を感じていると

身近な人に強く否定された経験があるということ。過去において親や友人など、身近な人物に強い言葉で否定され、孤独感を感じているというもの。

本質的には親や友人などは、自分自身の味方でいて欲しい存在ですが、にも関わらず否定された場合心に深くが残ります。身近な人にネガティブな言葉を掛けられ敵のように感じると、誰しも味方を失ったと思うので要注意。

 

| 2.距離をとられてしまうということも、孤独感を感じる要因

イジメや仲間外れにされているということ。職場や学校などで、他人かから距離をとられてしまうということも、孤独感を感じる要因というもの。

特に、イジメや仲間外れで感じる孤独感は耐え難く、誰も会話してくれないというような状態にいた場合、自身には敵しかいないように感じます。こうしたことが続けば、敵しかいない世の中で生きていきたくない、そんな心理にも繋がり要注意。

 

| 3.一人で抱え続けることも、孤独感を感じてしまう要因と

悩みや不安を抱えているということ。誰にも相談できない悩みを一人で抱え続けることも、孤独感を感じてしまう要因となるもの。

こうした周囲に相談できない場合、尚更自分だけの味方が欲しいと考えてしまうことにもなりかねません。誰にも言えなくて苦しいけど打ち明ける訳にはいかない、そんな思考になり段々と自身の殻に閉じ籠るようになるので要注意。

 

| 4.味方がいるのに、気が付いていないだけかも知れません

自信がないということ。自らに自信がないと思い込んでいるので、味方もいないで孤独だと信じているというもの。

自分には価値がない卑下していて、本当は周囲に味方がいるのに、それに気が付いていないだけかも知れません。独りよがりに味方の存在そのものを無視してしまっては、本当にいつの日か孤立してしまう可能性もあり要注意。

引き寄せの法則で、味方がいないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

打ち明けられる人がいないのは苦しい。ここでは、味方がいないのは因果応報かも知れない、試みたい理解者を増やす方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。