怒鳴る人の末路も気に懸かるもの、面と向かわないで対処していく方法



身近なところにも、すぐ激高して怒鳴る人がいるもの。些細なことで怒り出し、周りの目を気にすることもなく大声で怒鳴る人物。

こういった人が上司にいたり家族だったりすると、すぐ感情的になり怒鳴ることで悩まされることにもなりかねません。

そもそも怒鳴るという行為自体が自分自身の弱さを現すことで、男性にしても女性にしても非常に厄介です。

怒鳴る人を黙らせるのはとても難しく、つられて子供みたいに対応してしまうと翻弄されることにもなりかねません。なので相手にする側からすると、心理や特徴を掴み立ち向かわず対応することが必要。

ここでは、怒鳴る人の末路も気に懸かるもの、面と向かわないで対処していく方法を紹介しています。

 

 

 


怒鳴る人の末路も気に懸かるもの、面と向かわないで対処していく方法


 

| 1.視線を外してしまいがち、それを見逃さないのが怒鳴る人

目を逸らさず話を聞くということ。どうしても恐怖心から視線を外してしまいがちですが、それを見逃さないのが怒鳴る人というもの。

目を逸らす行為は怖がったり不誠実に映ったりしと、怒りをぶつけてくるのでできる限り控えることが重要。笑顔を心掛けると目線が合いにくくなったり、相手の鼻やなどの目に近い位置を見て話すと面と向かわず対処できます。

 

| 2.怒鳴られたケースは、腹が立ち自身も怒鳴り返したくなる

怒鳴り返したりと感情を露わにするのは逆効果ということ。理不尽な理由で怒鳴られたケースでは、腹が立ち自身も怒鳴り返したくなるもの。

怒鳴り返したり憮然とした表情をしていては、何だその顔はと二度怒鳴られる可能性が大きくなります。腹が立つ気持ちは当たり前ですが、そこは息を吸い込み我慢して、その場は真剣に聞く振りをします。

 

| 3.臆病な態度になりますが、それでは相手を苛立たせ逆効果

怖い気持ちを押し留め、毅然とした態度をとるということ。怒鳴られると恐怖から臆病な態度になりますが、それでは相手を苛立たせ逆効果というもの。

毅然とした態度をとることで、小心者である怒鳴る人に隙を見せないことが重要ポイントの一つ。また明瞭な対応が大切で、余分なことを喋ってしまうと揚げ足取りのように突いてくることもあり、必要最低限の会話に留めます。

 

| 4.何かを訴えているつもりなので、無視する対応は火に油を

下手に出たり無視すると図に乗るので注意ということ。怒鳴る人は自分なりに何かを訴えているつもりなので、無視する対応は火に油を注ぐというもの。

下手に出るのは最悪で、怒鳴っている人は相手が気を遣うことが分かると苛立ちが増すことにもなりかねません。正しい対処法は冷静になり淡々と応対することなので、怒鳴っても相手が冷静であればつられて落ち着きます。

 

| 5.怒りの沸点が低いというもので、何かしら怒る理由がある

怒りのポイントを押さえるということ。すぐ怒鳴る人というのは怒りの沸点が低いというもので、何かしら怒る理由があるもの。

その人物の沸点である怒りのポイントを押さえておけば、未然に回避できることになります。これをしたら怒り出すだろうなと理解ができると、行動に移さなければ怒ることもありません。

 

 

 


怒鳴る人は職場などにもいるもの、知っておきたい詳しい特徴的な面


 

| 1.気が小さく、他の人を心から信頼することができないもの

実際は小心者で感情が不安定ということ。怒鳴る人は気が小さく、他の人を心から信頼することができないもの。

なので、些細な冗談でも本気で受け取ってしまうほど、繊細な心の持ち主ということにもなりかねません。結果として、自らの思い込みや行き違いにより不安感が昂り、感情が暴発し怒鳴ってしまいます。

 

| 2.強さの証と考えて、委縮するような弱者を支配しようと

弱者を狙い支配しようとするということ。すぐ怒鳴る人はその行為を強さの証と考えていて、委縮するような弱者を支配しようとするもの。

中には普段過ごしているときは優しくて、怒ったときにだけ怒鳴る人もいます。こういったタイプの人物は怒鳴った際に、自分のいうことを相手が聞いてくれると判断しているこその振る舞い。

 

| 3.さまざまなことに出会い、時には怒鳴りたくなるものです

後先考えないということ。人間は誰しもさまざまなことに出会い、時には怒鳴りたくなるもの。但し、怒鳴ればその場の雰囲気も悪くなり、周りの評価が下がるのも分かるので、自制心から感情を抑えます。

すぐ怒鳴る人は腹が立ったから怒る、そんな本能から行動しているので、その後はどうなるかなど後先を考えてはいません。

 

| 4.傾向の一つ、好き嫌い関係なく独占欲の強さが挙げられる

その場を独占したいということ。すぐ怒鳴る人の傾向の一つに、好き嫌い関係なく独占欲の強さが挙げられるもの。

なぜなら怒鳴る恐怖感によりいうことを聞かせ、相手側を支配しようとするから。手段として怒鳴るとうい手法しか選択できないのは、自らに対する自信のなさからで、本来は弱い人間かもしれません。

 

| 5.ストレスにより、怒りの沸点が低くなっている考えられる

気持ちに余裕がないということ。すぐ怒鳴る人はストレスにより、怒りの沸点が低くなっている考えられるもの。

こういった自身の心にのゆとりのなさが、すぐ怒鳴るという振る舞いに結び付いています。特に、真面目で責任感の強い人物ほどストレスが蓄積しやすく、落ち着かない気分になることですぐ怒鳴ってしまいます。

 

 

 


日常生活のストレスが大いに関係することもある、怒鳴る人の心理状態


 

| 1.気持ちを理解して貰えず、苛立ちから怒鳴るというもの

自身の気持ちを理解してもらいたいということ。人間は誰もが自らの価値観を持っていますが、相手に気持ちを理解して貰えず、苛立ちから怒鳴るというもの。

こうした際、怒鳴られた側は思考停止に陥り、従わないケースでは更に怒鳴られると怯えるので、相手のいう通りにしてしまいがち。

一方で、怒鳴った側からすると相手に自らの気持ちを押し付けることができ、その行為を止められなることにもなりかねません。

 

| 2.暮らすことで苛立ちが募り、怒鳴ることで発散する人も

ただストレス発散の材料ということ。ストレス社会の中で暮らすことで苛立ちが募り、怒鳴ることで発散に繋げる人もいるもの。

仕事でいつもクレーム対応に追われていたり、親や子供など家族関係が上手くいっていないなど。このような日常生活で溜まるストレスを、自身よりも立場の弱い相手に怒鳴りつけることにより発散しています。

 

| 3.強い印象がありますが、本当は一人では何も出来ない人

弱みを握られたくないということ。怒鳴る人は高圧的で気が強い印象がありますが、本当は一人では何も出来ない人ほど叫ぶもの。

結果的に弱い人物ということで、自らの弱さを知られたくない心理状態により、怒鳴ることを盾替わりにして自身を強く見せています。

但し、いまは怒鳴ることで相手側を従わせていても、何時かは自分自身の弱さが露呈することにもなりかねません。

 

| 4.自身の考え方を相手に理解して貰えないことがあるもの

優位に立ちたいということ。人の考えは個人的に違うので、時には自分自身の考え方を相手に理解して貰えないことがあるもの。

それが昂じたり自らの意見に反論されたりする場合、相手を急き立てるように怒鳴って言うことを聞かせようとします。

嫌々ながら周りの人たちが自分の思惑通りに動き出すと、優位に立てたと満足感が湧き、何回も同じことを繰り返します。

引き寄せの法則で、怒鳴る人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

男性にしても女性にしても非常に厄介です。ここでは、怒鳴る人の末路も気に懸かるもの、面と向かわないで対処していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。