学歴コンプレックスは因果応報かも知れない、上手い具体的な治し方



身近なところにも、学歴コンプレックスを持つ人がいるもの。これは自分自身の学歴に何らかの不満があり、劣等感を感じている状態。

こんな学歴コンプレックスは男性にも女性にもあり、自身より学歴の高い人に嫉妬したり、人生が上手くいかない理由を学歴のせいにしかねません。

更に、低学歴の人物を無意識に見下したり、自身より高学歴の人物に対し過多に攻撃的になったりと、スムーズな人間関係を構築するのが難しくなります。

もちろん高卒より大卒の方が年収が高くなる傾向もあって、会社によれば大卒でなければ就けない役職も存在します。

結果的にこういった就職後の給与面や昇進において、中卒をはじめ高卒や専門卒などの学歴コンプレックスが生じやすいもの。

ここでは、学歴コンプレックスは因果応報かも知れない、上手い具体的な治し方を紹介しています。

 

 

 


学歴コンプレックスは因果応報かも知れない、上手い具体的な治し方


 

| 1.達成感が得られ、コンプレックスを軽減できるというもの

資格を取るということ。学歴に代替する肩書きにもなり、資格取得に伴なう達成感も得られ、コンプレックスを軽減できるというもの。

取るのが難しい資格を選択することが大事で、持っていると他の人から凄いと思って貰えるようなものを推奨。

高卒という劣等感の場合は、大学の卒業資格の取得が良く、卒業資格をがあると学歴に対するコンプレックスも解消できます。

 

| 2.自分自身が心の底からやりたい仕事を探すことが肝要です

納得できる仕事に就くということ。現在の仕事に不満があるケースでは、学歴が低い理由でこうなったと思いがちなもの。

本心からやりたい仕事に就くことができれば、学歴などは何にも関係することはありません。

学歴コンプレックスは一旦横に置いて、自己分析をきちんと行うのが重要で、自分自身が心の底からやりたい仕事を探すことが肝要。

 

| 3.他人のために何かをすると、自然とやり甲斐を感じるもの

人の役に立つ仕事をするということ。多くの人間は他人のために何かをすると、自然とやり甲斐を感じるもの。

こうした心からやり甲斐を感じられる仕事に就けば、学歴コンプレックスなどが気に懸かることはありません。

もちろん、全部の仕事が誰かの役に立っているはずですが、直接感謝の言葉を受ける仕事は、一層やり甲斐を感じることができます。

 

| 4.給与面などについて劣等感を感じていることも多いもの

副業をして稼ぐということ。学歴コンプレックスを持つ人は、給与面などについて劣等感を感じていることも多いもの。

昇進のチャンスが少なかったり、現在のスキルや経歴では転職できないなど、決断するのも難しいとなりかねません。

そうした人は副業を始めて見るのも一つの方法で、稼ぎが上がると学歴コンプレックスを断ち切ることに繋がります。

 

| 5.出身大学や就職先の見栄を気にする傾向にあるものです

起業をするということ。学歴にコンプレックスがある人は、出身大学や就職先の見栄を気にする傾向にあるもの。

年齢を重ねるにつれこれらは過去のものとなり、出世などの新たな見栄も社内評価でも世間的には同じサラリーマン

一方、起業をし社長になった場合、責任こそ重大な仕事になりますが、同級生などと違った視点で世の中が見え学歴コンプレックスもありません。

 

 

 


学歴コンプレックスあるあるも見かけるもの、そういった原因的な面


 

| 1.幼い頃から子供の教育も競争に曝されているというもの

根深い学歴社会ということ。世の中は競争社会という面があり、幼い頃から子供の教育も競争に曝されているというもの。

競い合いがあり優劣をつけられるのが当たり前で、学内のテストをはじめ模試の偏差値を競うなど、受験戦争ということにもなりかねません。

学歴は小さな頃から身に付いた呪縛なので、社会人になっても忘れることはなく、他人の学歴と自らの学歴を比べコンプレックスに繋がります。

 

| 2.給与面が変わるのも、学歴コンプレックスの原因の一つ

学歴で待遇が変わるということ。学歴により出世の早さや給与面が変わるのも、コンプレックスになる一つの原因というもの。

学歴は能力を推し量る物差しとして使用されるので、基本的に高学歴であるほど高い待遇の有名企業に就職することができます。

学歴が低いことが理由で望んだ職に就けない人は、自らの低い学歴にコンプレックス持つようになります。

 

| 3.もっと高い大学にしておけば良かった、そんな感じ方を

出身大学ということ。大学卒業のケースを見ても、もっと高偏差値大学にしておけば良かった、そんな感じ方をする人も多いもの。

学歴フィルターという言葉があり、新卒や第二新卒などのポテンシャル採用の間で、学歴の話題が再三あがることもあります。

こういった就職活動の選考の際、出身大学によって学歴のコンプレックスが生じやすいとされています。

 

| 4.ストレートで入学したり卒業したりを感じることがある

浪人や留年ということ。大学は卒業していても、ストレートで入学したり卒業したりを感じることがあるもの。

浪人や留年を繰り返した場合、同じ年代である同僚や友人の出世スピードが早く、焦りを感じることにもなりかねません。

選考の際、年齢制限を設定している会社もあるので、浪人や留年をし年齢が高くなったケースでは、学歴に対してコンプレックスを感じることになります。

 

 

 


学歴コンプレックスがある人は考えすぎの面があるもの、そうした特徴


 

| 1.無意識のうちに他人と自らを比較してしまうことがある

他人と比較する癖があるということ。学歴を気にしてしまう人物は、無意識のうちに他人と自らを比較してしまうことがあるもの。

学生から社会人になった際、企業の名前や年収などのことを気にし過ぎてしまい、優越感だったり劣等感に悩まされます。

こうしたことに加え、学歴や出身大学まで遡ってしまうことも多く、逐一コンプレックスに感じることにもなりかねません。

 

| 2.将来のことについてもきちんとした考えを持っているもの

深く考え過ぎてしまうということ。真面目な性格の人は、将来のことについてもきちんとした考えを持っているもの。

但し、学歴がなければ就職もできないのではないかと考えたり、結婚も難しくなるのではと色々考えてしまいかねません。

過去の経歴を振り返っても未来は何も変わることはなく、自らの努力で変えられるのは今現在を頭に置いて行動します。

 

| 3.目標達成できなかった自身に悔しさを感じているという

達成意欲が高いということ。これは学歴に対し劣等感を持つのではなく、受験に失敗したことに対し、目標達成できなかった自身に悔しさを感じているというもの。

こういったタイプは目標達成に向けた意欲が非常に高いので、エネルギーを仕事にぶつけると上手くいくことが多くなります。

仕事は受験より高い壁が立ちはだかるので、目標を定め目の前のことに没頭するとモチベーションも高まります。

 

| 4.見下しがちな態度をとる、学歴にコンプレックスがある

高学歴の人を見下すということ。高学歴の人に対して見下しがちな態度をとるのも、学歴にコンプレックスがある人というもの。

学歴に対して価値があることを認めた場合、低学歴である自分自身に値打ちがないことに繋がりかねません。

結果として、学歴以外に値打ちを見出そうとして、学歴だけが全てじゃないが口癖になることになります。

 

 

 

まとめ

何らかの不満があり劣等感を感じている。ここでは、学歴コンプレックスは因果応報かも知れない、上手い具体的な治し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。