デリカシーのない人はスピリチュアルに関係するかも、上手い対処法



身の回りの身近な場所にも、デリカシーのない人間がいるもの。そういった人物は意識していないことも多く、対応に困ることにもなりかねません。

元来デリカシーは、感情であったり心配り等の繊細さを意味する言葉。似たものには配慮がないをはじめ、無神経だったり無頓着など、ネガティブな意味合いの言葉が並び生ます。

もちろんデリカシーのない人というのは、気配りができないことを表し言われて嬉しい人はいません。

デリカシーのない人を観察すると、育ちが大きく関係していて、幼少の頃から繊細さとは無縁の環境で育ったということが上げられます。

ここでは、デリカシーのない人はスピリチュアルに関係するかも、上手い対処法を紹介しています。

 

 

 


デリカシーのない人はスピリチュアルに関係するかも、上手い対処法


 

|  1.コミュニケーション自体が不得意なことが多いものです

意思疎通をきちんとするということ。デリカシーと無縁なタイプの人は、コミュニケーション自体が不得意なことが多いもの。

上手にコミュニケーションを図り、相手側の気持ちを充分に読み取ることができないことがあります。

なので、きちんと向き合って喋ったり、できる限り相手側の話に耳を傾けるという関係を築くことが重要。

 

| 2.自らの言動の不都合さに、気が回らないことも多いもの

指摘するということ。デリカシーのない人は自らの言動の不都合さに、気が回らないことも多いもの。

自らがデリカシーがないと思っていないこともあるので、そんな際はきっちりと指摘します。

デリカシーがない人は相手の立場に立ち考える習慣がないので、指摘すると本人も理解を示してくれることも多くあります。

また先方に考える癖を身に付けさせるため、意図的に質問をするのも将来に向け効果的。

 

|  3.ない人が上司などで、指摘をするのが難しいときもある

関わりすぎないということ。デリカシーのない人が上司などで、指摘をするのが難しいときもあるもの。

物理的に距離を離すのが最善ともいえますが、相手が身近にいる上司などの場合は難しいことにもなりかねません。

そんなときは敢えて深入りせず心に壁を作り、適度な距離感を維持するようにすることが、デリカシーのない人に対する上手い対処法。

一度でも気を許すと傍若無人に立ち入られるので、プライベートな話はしないなど、自分でしっかり線引きをし守り抜きます。

 

| 4.主導権をとると、それまでの空気が掻き乱されてしまう

自身がイニシアチブを握るということ。無神経な人物がその局面の主導権をとると、それまでの空気が掻き乱されてしまうもの。

そうしたケースでは、自分自身が会話のイニシアチブを握ることで、差し出がましい発言をさせないように心掛けます。

更にデリカシーのない人は相手のことなど気にも留めないので、して欲しい事柄は具体的に指示することが大切。

こういった振る舞いを丁寧に続けていくことで、デリカシーのない行動が修正されていくかも知れません。

 

| 5.疑念が湧くのは、自分の中にある常識と違うからという

広い視野でみるということ。デリカシーのない人に疑念が湧くのは、自分の中にある常識と違うからというもの。

人間関係で相手を改めようとするのは大変困難なことで、考え方や性格は中々変わるものではありません。

デリカシーがないタイプは場の空気を読んでいないので、そういった人物と踏ん切りをつけて考えるようにします。こういった広い視野でみるようにすると、将来的な関係も良い方向に向かうようになります。

 

 

 


常識的な配慮などは思いもよらないことも、デリカシーのない人の特徴


 

|  1.される人物は、何に対しても基本的に雑なところあると

大人としマナーがなっていないということ。デリカシーがないとされる人物は、何に対しても基本的に雑なところあるというもの。

身だしなみがきちんと整っていないほか、食べ方が汚かったり悪かったりとマナーがなっていません。

マナーを重要視しないのは、他人を不快にさせたりどう見られるかを気にしないので、周りから低く評価されたりもします。

 

| 2.公私混同をしていることも、デリカシーがない人によく

プライベートに踏み込むということ。普段から公私混同をしていることも、デリカシーがないタイプに散見されるもの。

仕事中にプライベートな事柄を聞いてきたり、それほど仲が良くない人に向かって学歴や年収を聞いたりもします。

妙に知った顔をしてプライベートに踏み込んで来るのは、デリカシーがないどころかハラスメントに近いかも知れません。

 

| 3.噂話が大好きなのも、デリカシーのない人によく見られる

噂話が大好きということ。他人が見ていないところでの噂話が大好きなのも、デリカシーのない人に珍しくないもの。

その話の内容も職場の同僚のゴシップ話をはじめ、隣近辺の家庭のことばかりなのもデリカシーに欠ける人の傾向。

無責任に聞いたてきた噂話を面白可笑しくしてばかりの人は、デリカシーがないばかりか低俗ということにもなりかねません。

 

| 4.コンプレックスに感じていることを馬鹿にしたり笑うと

他人のコンプレックスを笑うということ。デリカシーのない人というのは、他者が劣等感を持っていることを馬鹿にしたり笑うというもの。

ひょっとするとその場を盛り上げたい、そんな気持ちからかも知れませんが、言われた当人は嫌な気持ちになりかねません。

周囲で聞いている人の中にも不愉快に感じる人は珍しくなく、他人の劣等感を笑い話にするのは、典型的なデリカシーのない人。

 

 

 


デリカシーのない人との付き合い方に戸惑うこともあるもの、その心理


 

1.空気が読めないのもデリカシーがない人というものです

空気が読めないという心理状況。自分のことばかりで、空気が読めないのもデリカシーがない人というもの。

気遣いを周囲にして疲れている人には敢えて空気を読まなくてもいいですが、読まないのでく読めないのはデリカシーがありません。

こういったタイプの人物は、デリカシーがないと思われるだけでなく、大人の対応もできないと評価されかねません。

 

| 2.デリカシーのない言動に出会う、嫌な思いが表情に現れる

洞察力が弱いという心理状況。デリカシーのない言動に出会うと、嫌な思いが表情に現れるもの。

デリカシーのない人は洞察力が弱く、相対している相手の分かりやすい変化に気付くこともできません。

こうした他人の気持ちや感情に疎いという点は、デリカシーがない人に見られる代表的な短所の一つ。

 

| 3.自己基準なので、思う行動をマイペースに実行するという

マイペースという心理状況。デリカシーのない人は自己基準なので、思う行動をマイペースに実行するというもの。

皆が盛り上がっている最中に突然話題を変えようとしたり、多忙で時間に追われている相手に雑談を持ちかけるなどしかねません。

こういったようにデリカシーのない人は、周りの人たちの迷惑も顧みず、どこまでもマイペースで突き進みます。

 

| 4.想像力が欠けていて、まったく思い浮かばないというもの

想像力が弱いという心理状況。デリカシーのない人は想像力が欠けていて、まったく思い浮かばないというもの。

自らの発言で相手が何を思っていて、どんな対応を取らなければならないのか、全くイメージができません。

正確にいえば想像はしていますが、喜ぶに違いないなどと見当違いの方向に向かいかねません。

引き寄せの法則で、デリカシーのない人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、デリカシーのない人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

その対応に困ることにもなりかねません。ここでは、デリカシーのない人はスピリチュアルに関係するかも、上手い対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。