苦手な人との接し方は面接などでも役に立つもの、具体的な上手い対策



日常生活の中でも、苦手な人との接し方に困ることがあるもの。職場であったり学校やママ友など、苦手な人は案外と気になるものです。

もちろん苦手な人との接し方は友達や家族など、親しい人たちの中にもあり、その切っ掛けは価値観の否定など許せないことをされたことなど。

価値観は自分自身が生きてきた積み重ねの証で根幹に関わるものなので、否定されてしまうと許せなくなってしまいます。

但し、自分が嫌いな人や苦手な人だからと、まったく付き合わずに済むとは限らず、そうならば気持ちよく時間を過ごしたいもの。

そのためには原因を掴み考え方を変え、効果的な付き合い方を知る必要があります。

ここでは、苦手な人との接し方は面接などでも役に立つもの、具体的な上手い対策を紹介しています。

 

 

 


苦手な人との接し方は面接などでも役に立つもの、具体的な上手い対策


 

| 1.これ以上近寄らないで欲しいという距離があるものです

話している最中でも物理的に距離を置くということ。人間にはそれぞれ、これ以上近寄らないで欲しいという距離があるもの。

そこに踏み込んだ場合、近過ぎるという拒否感が生まれるので、苦手意識や嫌悪の感情のある相手には、できる限り近寄って欲しくありません。

なので、相対して喋っている最中は近付きすぎないよう注意が必要で、ほど良い距離感がポイント。

 

| 2.流れによりプライベートな話題になることがあるものです

個人情報はできる限り開示しないということ。苦手な人との接し方で、会話の流れによりプライベートな話題になることがあるもの。

注意が足りず個人情報を喋ったばかりに、嫌味や揚げ足取りに利用される危険もあり、関係悪化に繋がりかねません。

個人情報を開示することは良好な関係でも好ましくない場合が多く、嫌いな相手や苦手な人なら尚更というもの。

 

3.気まずい思いをすると、共通の話題を作るのは考えもの

共通の話題を作らないということ。苦手な人との接し方で会話が続かない場合、気まずい思いをするからと、共通の話題を作るのは考えもの。

それは互いが独自の意見や見解を持っている可能性があり、意見の対立から一層の関係悪化する招くことにもなりかねません。

一方が知らない事柄のケースでは話が弾まないかも知れませんが、論争になってしまう可能性は少なくなります。

 

| 4.進歩がないので、機会を設けて互いの価値観を知らせる

互いの価値観を話す機会を設けるということ。ただ避けるだけの対応では進歩がないので、機会を設けて互いの価値観を知らせるというもの。

注意しなければならないのは、価値観を押し付けないように冷静に話すことで、 互いの意見や思いを正しく認識することが目的。

互いに違う価値観と、どう向き合っていくべきなのか、そんなことを考えることが肝要。

 

5.取らないようにすれば、嫌な思いをしないとは限らない

共通の友人を持たないということ。苦手な人物と連絡を取らないようにすれば、嫌な思いをしないとは限らないもの。

人間の繋がりは考える以上に絡み合っているもので、自分の友人が苦手な相手の友人でもあることは珍しくありません。

共通の友人が多い場合、その人物を介して要らぬ情報が耳に入ったり、顔を合わせるシーンができたりします。

 

| 6.ありがとうや助かったなど、積極的に感謝するというもの

感謝の気持ちを伝え、態度の変化を観察するということ。些細なことでもありがとうや助かったなど、積極的に感謝するというもの。

人というのは謂わば自分自身の鏡でもあるので、こうしたポジティブを積極的に口にし相手の様子を観察。

プラスの変化を態度に感じられれば有効ですが、いきなり効果が現れるとは限らないので、一喜一憂せずに継続することが重要。

 

 

 


苦手な人との接し方は小論文などにもなるもの、知っておきたい考え方


 

| 1.変わる方が簡単ですが、相手を改めようと必死になる人

自分が変わる努力をするということ。他人を変えるよりは自分自身が変わる方が簡単ですが、相手を改めようと必死になる人がいるもの。

但し、努力するほど結果もついてこず、苛立たしい思いが募って、苦難の日々が続くことにもなりかねません。

他人を改めようとする考え方をやめ、自らが変わる方向に転換すると苦手な人への接し方も上手くいくもの。

 

2.そんな原因となる背景や切っ掛けを考えてみるというもの

原因を確認するということ。先ずはどうして苦手になったのか、そんな原因となる背景や切っ掛けを考えてみるというもの。

自らが変わるためにも、嫌いになった要因や苦手な理由が曖昧なままでは、変化のしようもありません。

できる限り客観的な見方をすることが重要で、なぜ苦手になったのかが判明すれば改善に繋がります。

 

| 3.感情が芽生えた場合、偏った見方になりがちというもの

相手に対する考え方を再検討するということ。相手側に対して苦手な感情が芽生えた場合、った見方になりがちというもの。

苦手な人の悪い箇所ばかりが目に付き良さが分からなくなるので、客観的に再検討してみる必要があります。

良く相手のことが分かっていても、初対面で出会ったつもりで、もう一回相手のことを知るように心掛けます。

 

4.共に育った兄弟でも、考え方が違うのは当然というもの

互いの異なった考え方を素直に受け入れるということ。同じ母親から生まれ共に育った兄弟でも、考え方が違うのは当然というもの。

そんなことで嫌いや苦手になっていたのでは歯痒いので、互いに独立した主張と意思を持っていることをけ入れます。

こうした思考パターンを変えることは、苦手で嫌いな人物を理解できる切っ掛けにもなります。

 

| 5.難問に向き合うことが、人間として成長するチャンスです

苦手な人は自らを成長させるというもの。苦手な人との接し方で、難問に向き合うことが、人間として成長するチャンスというもの。

苦手な相手にきちんと向き合うことで、一段階成長できると考えれば、自らを変える努力も苦ではなくなります。

こうした考え方をとれば感謝しても罰は当たらないというもので、関係が改善できれば一石二鳥というもの。

 

 

 


苦手な人との接し方は中学生の頃から思うもの、その切っ掛けや心理面


 

| 1.何を考えているか分からない、そんな相手を警戒するもの

気持ちが理解ができないという心理。人間は何を考えているか分からない、そんな相手を警戒するもの。

分からないという事実が不安感に繋がるので、相手側を自らとは異質な存在として認識することにもなりかねません。

意見を撥ねつけるとして感じたりもするので、余程のことがない限り苦手な感情が消えることはありません。

 

2.感じたとき、自ら嫌いになるのが人の気持ちというもの

自らが嫌われているという心理。相手が嫌っていると感じたとき、自ら嫌いになるのが人の気持ちというもの。

こういったことは理屈ではなくて、危険を回避する人間に備わった本能ということになります。

但し、本当に相手がこちらを嫌っているのかが問題で、それにより対応や接し方に一考の余地が生まれます。

 

|  3.汚かったり臭かったりする人には、近寄ることも嫌なもの

生理的に受け付けないという心理。人は誰しも汚かったり臭かったりする人には、近寄ることも嫌なもの。

嗅覚や視覚でわかるような嫌な部分があれば、嫌いになってしまうことにもなりかねません。

こうした五感で確認できるものは生理的に無理ということも多く、苦手な人との接し方の代表ともいえるもの。

 

 

 

まとめ

苦手な人物は案外と気になるものです。ここでは、苦手な人との接し方は面接などでも役に立つもの、具体的な上手い対策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。