飽きっぽいのはスピリチュアルが関係する?将来に向かって直す方法



日々を過ごしていると、自分の飽きっぽい性格が嫌になることもあるもの。何をしても続かずに、自信を喪失することになりかねません。

飽きっぽい性格は長所と呼ばれるところもありますが、何事も三日坊主に終わるなど短所とされる部分が目立ちます。

飽きっぽい人というのは目標を設けたり、新しい物事を見つけてチャレンジするのは大好きですが、継続するのが不得手ということが多いもの。

結果的に、最初の方は意欲的に取り組んでいきますが、段々と意欲が失われ次に関心があるものへと目移りします。こうした飽きっぽいところがあると、仕事などで不利にもなりかねません。

ここでは、飽きっぽいのはスピリチュアルが関係する?将来に向かって直す方法を紹介しています。

 

 

 


飽きっぽいのはスピリチュアルが関係する?将来に向かって直す方法


 

| 1.見られる傾向、取り組める環境ができていないことがある

集中しやすい環境を作るということ。集中力の低さは飽きっぽい人に多く見られる傾向ですが、取り組める環境ができていないことがあるもの。

集中し難い環境にいた場合、その中では誘惑に負けてしまうことが多くなるのは、ある意味仕方がないと言うことにもなりかねません。

作業スペースには気が散る物を置かないようにしたり、集中する時間はスマホを遠ざけたりと、作業に没頭できる環境を作ります。

 

| 2.その目標に向けてプロセスともなる筋道を立てるという

目標に向かって道筋を立てるということ。目標を設定する際は、その目標に向けてプロセスともなる筋道を立てるというもの。

テーマである目標達成までの小さな目的を用意することがポイントで、細分化した目的を達成していくことで、徐々に前進する充足感を味わえます。

こうした小さな目的の積み重ねは大きな目標達成に繋がるので、達成の習慣が身に付けば飽きっぽい性格も改善されます。

 

| 3.日々同じようなことの繰り返しにストレスを感じるもの

変化を入れるということ。飽きっぽい性格の人は、日々同じようなことの繰り返しにストレスを感じるもの。

物事の見方を変え、興味の幅や普段と違うジャンルに取り組んだりと、違うものを見つけると飽きずに没頭できます。

こういった小さな変化を取り入れ、飽き難いように工夫していくことで、無理をせず飽きっぽいところを改善していけます。

 

| 4.結果を求めていくものではなく、更に物事を深掘りする

興味が湧いた物事を深掘りするということ。すぐに結果を求めていくものではなく、更に物事を深掘りするというもの。

こうすることで目標達成までのプロセスを楽しく感じたり、一つのことに集中したりする切っ掛けにもなります。

長い期間に渡って熱中できるものに出会うのは素敵なことで、興味が湧くものに出会った際は、深掘りしてプロセスを楽しむようにします。

 

| 5.浅く考える傾向があり、目的意識が曖昧になりがちという

目的を自覚して取り組むということ。飽きっぽく移り気な人は、物事を浅く考える傾向があり、目的意識が曖昧になりがちというもの。

当初は目的意識を抱いていても気を惹かれる物事に出会うと、好奇心から動き始めるので目的を忘れてしまいます。行動に対しての目的意識を強くする習慣をつけると、段々と飽きっぽいところが抑えられます。

 

 

 


飽きっぽいのは天才に見られることもあるもの、そういった原因的な面


 

| 1.トレンドなどに敏感なことも飽きっぽい要因というもの

周りに流されやすいということ。周囲に流されやすい傾向で、トレンドなどに敏感なことも飽きっぽい要因というもの。

流行というものは絶えず変化しているので、そうしたものが常に好奇心を刺激することにもなりかねません。こういったものに目が向くと新しいもの以外は刺激を感じなくなり、飽きっぽい傾向が定着してしまいます。

 

| 2.自信を持てず一つの物事をやり抜く執着心もないものです

一つの事柄に集中するのが苦手ということ。我慢ができず成し遂げた成功体験も少ない場合、自信を持てず一つの物事をやり抜く執着心もないもの。

例え一つの物事に向かって集中できたとしても、執着心を失っていると何かの切っ掛けで諦めることにもなりかねません。そうしたことを何度も繰り返していると、諦めることが習慣になり飽きっぽい性格になってしまいます。

 

| 3.新しい物事ばかり追い求める、いつもと同じ毎日が退屈

常に刺激を求めるということ。飽きっぽい人は新しい物事ばかり追い求めるので、いつもと同じ毎日が退屈なもの。

結果として、興味のあることや好きなものの移り変わりが激しくなり、同じことを繰り返して継続できません。

刺激がないことに耐えられず、新しいチャレンジしかできなくなるので、長続きなどが難しく飽きっぽい性格になってしまいます。

 

| 4.興味があるもの出会うとすぐに気持ちが切り替わるもの

すぐ気持ちを切り換えるということ。執着心のない飽きっぽい人は、興味があるもの出会うとすぐに気持ちが切り替わるもの。

仕事上で失敗して嫌な思いをした場合、すぐに諦めてしまうことも多く、辞めてしまったりと思い悩まないところがあります。

それは長所でもありますが、また新しい仕事を探したりするのも上手いので、何時までも継続の力が付かず飽きっぽいままになりかねません。

 

 

 


飽きっぽい性格は仕事などにも表れるもの、覚えておきたい心理状況


 

| 1.我慢が苦手でも向上心が強く、他の人と比べたがる傾向

すぐに結果を追い求めてしまうという心理状況。飽きっぽい気質の人は、我慢が不得手でも向上心は強く、他の人と比べたがる傾向があるもの。

器用貧乏なところがあり、ある程度まで割合楽にこなせるので、調子に乗ってすぐに結果を追い求めるところがあります。

飽きっぽい人は結果が判明するまで時間が掛かったり、他人との隔たりが大きい場合、我慢ができないので諦めることにもなりかねません。

 

| 2.新情報を探している、流行に敏感はもちろん趣味が多い

好奇心旺盛で何でも関心を持つという心理状況。飽きっぽい人は刺激を求め常に新情報を探しているので、流行に感度が良いのはもちろん趣味が多い傾向があるもの。

一つの物事に取り組んでいても、刺激が足りないと感じ満足できず、他の情報が気になるので頭ではそちらを考えていたりします。

飽きっぽい人物はとにかく好奇心旺盛で、何に対しても興味が湧くので、幾つかの事柄を常にやってみたいと考えています。

 

| 3.達成感を欲している、高い目標を掲げるのが好きな傾向

目標は高く持つと考えているという心理状況。飽きっぽいタイプの人は向上心も高く刺激や達成感を欲しているので、高い目標を掲げるのが好きな傾向というもの。

但し、目標を高く設定し過ぎることがあり、叶えるための道筋を立てることができず、達成できずに諦め癖や挫折感が身に沁みついています。

小さい目標を掲げるより高い目標達成に向かうと、普段の倍以上の刺激や達成感が得られるので、飽きっぽい人は高い目標に執着します。

 

| 4.頭で理解していてもなかなかやり遂げることができません

現状に満足していないという心理状況。飽きっぽいタイプの人は興味を持つものに取り組むと、それなりに上手くこなせる器用さを持っているもの。

但し、それは器用なだけで仕事やスポーツなどでも、継続すれば成功すると頭で理解していてもなかなかやり遂げることができません。

結果的に、最後まで継続し大きな達成感を得た体験がなく、小さなものしか得た経験がないので、現状に満足できないと思うことにもなりかねません。

 

引き寄せの法則で、飽きっぽいを脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、飽きっぽいを脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

自信を喪失することにもなりかねません。ここでは、飽きっぽいのはスピリチュアルが関係する?将来に向かって直す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。