けじめをつけるのは人生の大逆転にも繋がるもの、前に進むための方法



人生を過ごしている間には、けじめをつける必要も出てくるもの。ケジメをつけることをしなければ前に進むことができない、そうしたことは案外多くあります。

但し、胸の内では分かっていても、早々に気持ちを切り替えることができないのもけじめをつけること。けじめのもともとの意味はというと、習慣や道徳として守らなければいけない区別となっています。

その由来は明確には分からないものの、源氏物語などにも見られる言葉で、季節の変わり目やきちんとした区別を意味していました。

なので、けじめを付けられずに引き摺っている状態というのは、曖昧模糊な気持ちのまま前に進めないことを指します。

ここでは、けじめをつけるのは人生の大逆転にも繋がるもの、前に進むための方法を紹介しています。

 

 

 


けじめをつけるのは人生の大逆転にも繋がるもの、前に進むための方法


 

| 1.大切なことは、先ず強い意志を胸の内に持つというもの

自己暗示をかけるということ。けじめをつけるため最も大切なことは、先ず強い意志を胸の内に持つというもの。

結果として、始めに絶対にけじめをつける、そんなことを自分に対して強く暗示をかけ、できると思い込ませるようにします。

挫折してしまいそうな際には、けじめをつけれると口に乗せると、言霊の力から発した言葉は実現するとされています。

 

| 2.現在に悩んでいる場合、つけた先の未来を想像してみる

けじめをつけた後のことを考えるということ。けじめをつけられない現在に悩んでいる場合、つけた先の未来を想像してみるというもの。

つけたいと思い立ったということは、先にある未来は明るいもののはずで、そんなことをイメージすることで意欲も沸き起こります。

けじめをつけられずネガティブに傾いていた気持ちも、明るい未来のことが思い浮かべば前向きになれることに疑いありません。

 

| 3.簡単にできなかった場合、今回は強く心に思ったという

自分自身に自信を持つということ。けじめをつけることがこれまで簡単にできなかった場合、今回は強く心に思ったというもの。

こうしたときは先ず自らを褒めることが大切で、困難なことにチャレンジしている自らに自信を持つようにします。

見えないほど遠い到達点でもそうした姿勢が方向を決め、折れそうになる心を支えけじめがつけられるようになります。

 

| 4.思った時をはじめ、理由や切っ掛けを思い起こすという

初心を思い起こすということ。けじめをつけたいと思った時をはじめ、理由や切っ掛けを思い起こすというもの。

様々なことを考えた上でけじめをつけると思ったはずでも、いつの間にか理由などを忘れてしまい、つけることにだけに気を捉われることにもなりかねません。

そんな曖昧な気持ちでは意志も弱くなるので、悩んだ際はどうしてけじめをつけることを思ったのか、初心に帰ることがポイント。

 

| 5.けじめをつけた後の頑張った自分自身へ褒美を用意する

褒美を用意するということ。小手先のようですが、けじめをつけた後の頑張った自分自身へ褒美を用意するというもの。

秘訣はけじめをつけると決めたとき、同時に自分に対してのご褒美も一緒に考えます。こうした褒美を考えている間も、けじめをつける苦悩から逃れることができ、つけた際は明るい未来と報酬が待っています。

 

 

 


けじめをつけるために結婚することもあるもの、前に進めない心理状況


 

| 1.そんなタイプの気持ちにあるのが自分に甘いというもの

自分に甘いという心理状況。けじめをつけることができずに引き摺ってしまう、そんなタイプの気持ちにあるのが自分に甘いというもの。

自らに対しけじめをつけさせるというくらい、強制的にやらせる強い覚悟が必要になることにもなりかねません。

自分に甘い人物は本能を優先させることが多く、けじめをつけるのが困難なものと感じると、そこから逃げてしまいます。

 

| 2.引き摺ってしまう人物は、心のどこかで諦めてしまって

自らを信じられないという心理状況。けじめをつけることができず引き摺ってしまう人物は、心のどこかで諦めてしまっているもの。

できるという自信を持てないので、始めから諦めムードになっていて強い気持ちを自覚することができません。

けじめがつくまでに時間がかかるのは当然で、途中で挫折しそうになった際も、自分に自信があれば再び走り始めることができます。

 

| 3.慌しく過ごしている人物も、けじめをつけることが不得手

後回しにするという心理状況。余裕がなく常に慌しく過ごしている人物も、けじめをつけることが不得手なもの。処理能力などに自信を持っている人は、自分の許容範囲を超えても何とかなるという風に考えています。

但し、計画性がないことも多く、仕事の依頼などをされた際に後回しにして、最終的にけじめを付けられないことにもなりかねません。

 

| 4.できない人は、悪く言うと大雑把な傾向にあるものです

面倒にはできる限り関わりたくないという心理状況。けじめをつけることができない人は、悪く言うと大雑把な傾向にあるもの。

緻密なところがなく慎重ではないので、結果がでるまでのプロセスが面倒だと思っていて、すぐに結果を求めてしまう傾向があります。

他人との価値基準や感覚が違うことを認識していることも多く、合わないことで疲弊したくないと、人との関わり合いも面倒だと思っています。

 

| 5.見られるのが、好き嫌いにより機動性に大きな幅がある

好きなこと以外は意欲が起きないという心理状況。けじめをつけれない人に見られるのが、好き嫌いにより機動性に大きな幅があるというもの。

なので、嫌いな物事にぶつかると途端にモチベーションも失せ、なかなか前進することができません。自分よりも得意な人物が取り組んだほうが上手くいく考え、自らの好きなこと以外には無関心な傾向が見受けられます。

 

 

 


けじめをつける方法を探して右往左往することもある、曖昧な人の特徴


 

| 1.待ち合わせに遅れることも当然のように平然とするもの

約束を平気で破るということ。マイペースなところがあり、待ち合わせに遅れることも当然のように平然とするもの。特に反省もしないので、周りの人たちからは信頼されず、仕事面ではまったく評価されません。

一度でも許してもらえた人には、怒らないしペースを乱さないという認識を持ち、約束をことごとく破りけじめがつきません。

 

| 2.無計画に使ってしまうことが多く、常に金銭的に困窮して

金銭の使い方が荒いということ。浪費癖があり無計画に使ってしまうことが多く、常に金銭的に困窮しているもの。

同じ収入でも計画性があって、日々お金を貯めることに努力を欠かさない人物は、無駄のない生活を過ごしています。けじめをつけられないタイプは家計簿なども面倒臭がり、まったく金銭を計画的に使うことができません。

 

| 3.無鉄砲なところがあり、深く物事を考えず発言したり行動

行動や言動が変わりやすいということ。けじめのつかない人は無鉄砲なところがあり、深く物事を考えず発言したり行動するもの。

その場限りの思考パターンで、たぶんとかおそらくなど信憑性のない話ばかりになりかねません。更に、自ら口にしたことを忘れることも多く、周りからは浅はかな人という印象を持たれます。

 

| 4.意志が弱いので、本能的に動いてしまうところがあるもの

欲求に素直で忍耐力がないということ。けじめのつかない人は意志が弱いので、本能的に動いてしまうところがあるもの。

改善したい気持ちはありますが中々改善できず、自らコントロールできないので、他から厳しく管理して欲しいと願うこともあります。

ダイエットしようと思い立っても、明日からと自身を甘やかし高カロリー食を摂るなど、忍耐力もなく欲望に負けてしまいます。

 

引き寄せの法則で、けじめをつける。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、けじめをつける。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

進むことができないことなどあります。ここでは、けじめをつけるのは人生の大逆転にも繋がるもの、前に進むための方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。