縁を切る方法はスピリチュアルにも繋がる、関りを避ける具体的な方策



人生には様ざまなことがあり、縁を切る方法を探すこともあるもの。人間関係には絆と呼ばれる良縁もあれば、できる限り関わりを避けたいこともあります。

付き合いをやめてしまうことを縁を切るという言葉で表すことがありますが、関係を現実的に断つというのは案外に難しいものです。

もともと縁を切るの縁の言葉の意味は、親子や兄弟姉妹などの血縁的なものを指していて、広い意味での主旨からすると人付き合いそのもの。

なので、縁を切る方法からすれば友達や元カレに夫など以上に、親子や兄弟姉妹と別の道を進む意味は、非常に重たいことが理解できます。

結果的に、縁を切るとはこれから先一切交流しない、そうした絶交状態を意味するので、早々に判断して良いことではありません。

ここでは、縁を切る方法はスピリチュアルにも繋がる、関りを避ける具体的な方策を紹介しています。

 

 

 


縁を切る方法はスピリチュアルにも繋がる、関りを避ける具体的な方策


 

| 1.四六時中一緒にいる義務や必要性は最初からないものです

友人とは距離を置いて自然にフェードアウトするということ。友人と言っても、四六時中一緒にいる義務や必要性は最初からないもの。

徐々に一緒にいない時間を増やすことで、友人関係は勝手に消滅しますが、絶縁を言い渡すこともなく自然に縁を切ることができるのが最大のメリット

関係を断ちたい友人と上手く距離を置くことで、嫌な思いをすることもなく自然消滅を待つのが縁を切る方法の一つのやり方。

 

| 2.同僚だったりクラスメイトなど、会わないことが難しい

最低限度の付き合いをするということ。縁を切りたい相手というのが、仕事の同僚だったりクラスメイトなど、会わないことが難しい時もあるもの。

どうしても顔を合わせる必要性がある場合、付き合いを必要不可欠な最低状態に保っておくのも選択肢の一つ。

仕事は手伝っても職場の外では会わないとか、学校外では付き合わないなど、縁を切るという意味では不完全燃焼ですが、通常の生活を続けるためには仕方ありません。

 

| 3.顔を合わせる必要があり、縁を切るなら家から出るしか

親子で実家暮らしの際は家を出るということ。親と同居している場合、嫌でも顔を合わせる必要があり、縁を切るなら家から出るしかないというもの。

一人暮らしをする際は経済的な問題が出てきますが、お金がなければ恋人や友人の家に転がり込んだり、シェアハウスに引っ越すなどの手段もあります。

親や兄弟姉妹と縁を切りたい時は、最初に実家から出る覚悟を持つと、充分に可能性が高まります。

 

| 4.葬式や法事など、どうしても外せないイベントが多くなる

冠婚葬祭等のイベントに顔を出さないということ。親族間の付き合いは、結婚式をはじめ葬式や法事など、どうしても外せないイベントが多くなるもの。

親戚などと縁を切りたい場合、徹底して参加しない決意が大事で、出席すればどうしても顔を合わせることになります。

但し、冠婚葬祭などに一切参加しないのは不義理になり、親戚と完全に縁を切れますが、批判される覚悟はしておくもの。

 

| 5.続きやすい元カレや元カノと遮断できるというものです

元カノや元カレと縁を切りたい場合、連絡先を削除するということ。連絡手段を一切合切なくしてしまえば、付き合いが続きやすい元カレや元カノと遮断できるというもの。

メールアドレスや電話番号はもちろん消去し、LINEなどもブロックしてしまうと、腐れ縁を断ち切ることに繋がります。

連絡を完全にできない状態にしておくことにより、相手からも自分自身も、未練を残さずに別れることができます。

 

 

 


縁を切る方法はおまじないに頼ることも、付き合いをやめたい人の特徴


 

| 1.違うことを言っても、気にもならない人が世の中にはいる

平気で嘘を吐く人。自らの都合のためであれば、事実と全く違うことを言っても、気にもならない人が世の中にはいるもの。

嘘を吐いても悪いと感じていないので、それを何回も繰り返し、疑わない周りの人たち騙され続け振り回されかねません。

見た目や肩書に惑わされることもありますが、裏切られると疲れるだけなので、平気で嘘を吐く人とは早めに縁を切ります。

 

| 2.威圧感を感じるばかりで、全く価値観が合わない人がいる

一緒にいるとストレスを感じる人。世の中には圧迫感や威圧感を感じるばかりで、全く価値観が合わない人がいるもの。

ただ一緒に過ごしているだけでも、精神的な疲労を感じさせる人といても、そこには何の利益もありません。

人間関係はある程度の我慢も必要ですが、忍耐力の限界を超えると思えば、付き合いをやめ縁を切った方が得策です。

 

| 3.他人を蹴落とし失敗させようと、邪魔立てする人がいる

他人の足を引っ張る人。自らの出世の目的で、他人を蹴落とし失敗させようと、邪魔立てする人がいるもの。

成功を目指して頑張って努力している人から見ると、絶対に関わり合いになりたくないようなタイプ。頭の中に他の人の足を引っ張ることしかなく、平気で嫌がらせをしてくるような人物は、早々に縁を切るべき人。

 

| 4.感謝の言葉を口にするのが一般人としての当然のマナー

感謝の気持ちがない人。他の人から何かして貰った場合、感謝の言葉を口にするのが一般人としての当然のマナーというもの。

但し、世の中には他人からサービスを受ける、そんなことが当たり前に感じる人もいて、何かした方は気分が悪くなりかねません。

感謝の言葉を言えない人や、態度に表せない人と付き合っても、対等な人間関係は維持できず早めの縁切りが関りを避ける具体的な方策というもの。

 

| 5.損得勘定が激しい人物は、誰からも嫌われるというもの

自分の利益ばかりを優先する人。自分自身の利益のことしか考えず損得勘定が激しい人物は、誰からも嫌われるというもの。

人間関係はというのは持ちつ持たれつで成り立っていて、誰かが一方的に得をする関係はというのは基本的に成立しません。

人付き合いにはお互い様の精神が重要で、自らの利益ばかり追求する人物は、付き合っても損するばかりなので早めに縁を切ります。

 

 

 


縁を切る方法は法律には見られないもの、知っておきたいその効果面


 

| 1.互いに影響を受け合い成長したり行動しているものです

生き方にも変化が訪れるということ。人間は普段から付き合っている人と、互いに影響を受け合い成長したり行動しているもの。

自らに悪影響でと感じる人と行動を共にした場合、考え方や生き方に大きな間違いが生じることにもなりかねません。

反対に目標となるような人や憧れの人と一緒に行動できれば、自分自身の生き方や考え方にも良い影響があります。

 

| 2.悩むことが減り、受けるストレスが減少するというもの

人間関係からくるストレスが減るということ。縁を切ると何より人間関係で悩むことが減り、それから受けるストレスが減少するというもの。

現代社会では完全に一人切りで生きていくことはできませんが、少なくとも気の合わない人や嫌な人と無理して付き合うストレスが軽減します。そうすることで頭の中が晴れ晴れとして、他の大事なことを考える余裕や時間も手にすることができます。

 

| 3.付き合いに当てるエネルギーや時間をコントロールできる

行動制限がなくなるということ。人間関係で縁を切った場合、人付き合いに当てるエネルギーや時間をコントロールできるもの。

思い悩むような人間関係が多過ぎる際は、そうした人たちに気を遣いながら行動しなくてはなりません。縁を切った後はそうした妨げも少なくなるので、自らが望む行動をしやすくなるのは大きな効果というもの。

 

引き寄せの法則で、縁を切る。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、縁を切る。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

断つというのは案外に難しいものです。ここでは、縁を切る方法はスピリチュアルにも繋がる、関りを避ける具体的な方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。