別れる勇気が出ないのは因果応報かも知れない、上手く対処する方策



恋愛関係の中で、別れる勇気が出ないこともあるもの。女性にしても男性にしても恋心を失ってはいるものの、世間でよく言う情が湧いた状態

情が移るという似た言葉もありますが、こちらは一緒にいることで段々と情愛の気持ちが芽生えること。

情が湧くは心理的に放っておけないなど、相手を気に掛ける感情が心に湧き起こる時に使います。

但し、気持ちは相手から離れていて、距離を置くなど曖昧な姿勢で交際を続けていても現況は変わりません。

もちろん別れる勇気がでないのは互いに依存している場合や、40代になったなどの年齢の関係もありますが、将来的なことも気に掛ける必要があります。

ここでは、別れる勇気が出ないのは因果応報かも知れない、上手く対処する方策を紹介しています。

 

 

 


別れる勇気が出ないのは因果応報かも知れない、上手く対処する方策


 

| 1.思い遣ってしまい、自らのことを後回しにし過ぎるもの

自らの将来を最優先に考えるということ。別れる勇気が出ない人は相手を思い遣ってしまい、自らのことを後回しにし過ぎるもの。

自分自身の人生なので将来どうしたいのか、そんなことを最優先に考えることが上手く対処する方策の一つ。

いつ頃どんな人物と結婚したいのかとか、次回の出会いのために何時までに別れる必要があるのかなど、将来のことを具体的に思い描きます。

そうすると、このまま付き合いを続けてもいけないことが実感でき、別れるための最初の一歩を踏み出すことができます。

 

| 2.勇気が出ないのは、特に明らかな決め手が見つからない

相手側の好きな部分をリストアップするということ。恋心がないのに別れる勇気が出ないのは、特に明らかな決め手が見つからないというもの。

そうした決め手を判断するため、自分自身が相手側をどう思っているのか、順番にリスト化していきます。

相手の好きな部分はどこかとか一緒にいて楽しいことは何かなど、沢山リストアップできるようなら、以前として恋愛感情が残っています。

但し、思い浮かぶ数が少ないようであれば、既に気持ちが離れている証拠にもなり、別れを考慮することになります。

 

| 3.友人としてなど、関係を続けたいと考えることもあるもの

話し合いの場を設けるということ。恋心を失っても情が湧いた相手とは、別れた後も友人としてなど、関係を続けたいと考えることもあるもの。

結果的に、正直に恋心がなくなったことを伝え、これからどうしていきたいのかを、相手側と本音で話し合う機会を作ります。

もし別れた場合、その後はどんな関係を続けたいか互いの考えを言い合うなど、素直に気持ちを伝え合うことで納得のいく答えに近づきます。

但し、相手が納得できない時は別れ難くなる可能性もあるので、一方的に気持ちを伝えないのも上手く対処する方策の一つ。

 

| 4.客観的に関係を振り返ることができないというものです

共通の友人に相談するということ。別れる勇気が出ない一因は、付き合いが長過ぎて、客観的に関係を振り返ることができないというもの。

そうした際に共通の友人がいれば、自分自身と恋人の関係がどういう風に見えているのかを尋ねてみます。

付き合った当初と比べて、どう自分達が変わったのかや他のカップルと比較してどう思うかなど、正直なところを聞くようにします。

愛し合っているカップルに見えれば再確認になり、楽しくなさそうに見えれば情が湧いて一緒にいるだけということにもなりかねません。

 

| 5.決意した後は、付き合いを長引かせても意味がないという

別れを単刀直入に伝えるということ。別れる勇気を奮い起こし決意した後は、付き合いを長引かせても意味がないというもの。

相手側に自分自身の気持ちを明確に伝えることで、互いに次のステップに進むことができます。

単刀直入に別れたいと伝えますが、スムーズに別れるため交際期間中を感謝すれば、相手側も無駄ではなかったと思ってくれます。

 

 

 


別れる勇気をくださいと思うこともあるもの、知っておきたい心理状態


 

| 1.恋愛感情を失って、相手のことが気に掛かり別れられない

一緒にいるのが当然になっているという心理状態。長年付き合った恋人同士は、恋愛感情を失っても、相手のことが気に掛かり別れられないもの。

相手に親しみを感じていて一緒にいることが当たり前になっているので、なかなか離れる決心が湧きません。

例を挙げると、デートしても胸は高鳴らないけど、しばらく会わなければどうしてるのかなど、家族のように気に掛かり放っておけません。

 

| 2.出会うのは難しいなど、情が湧いて躊躇してしまうという

年齢的に心配という心理状態。別れたいと思っていても、相手が年齢的に新しく異性に出会うのは難しいなど、情が湧いて躊躇してしまうというもの。

自分自身の態度が曖昧なまま、延々と付き合ってきてしまった際は、相手の年齢が気に掛かることになります。

相手を思い遣る心が強すぎる人に見られますが、別れる勇気が出ないまま情で付き合うことにもなりかねません。

 

| 3.親と仲が良い場合、関係を続けてしまうことがあるもの

親と仲が良すぎるという心理状態。相手側への気持ちは離れていても親と仲が良い場合、関係を続けてしまうことがあるもの。

相手側の親に食事をご馳走になったりするほか、旅行に連れて行って貰ったりとお世話になっている事例もあります。

相手の親から信頼されているケースでは、別れることが裏切ることになりそうで、別れる勇気がでません。

 

| 4.付き合ってきた誰より、身体の相性が良い相手というもの

身体の相性だけは抜群という心理状態。これまで付き合ってきた誰より、身体の相性が良い相手というもの。

こうしたパートナーとセックス後は、これまでの交際相手では得られい満足感を感じるので、定期的に会わないと不安になります。

これだけ身体の相性が良い相手には、滅多に出会えないという気持ちから、親しみを感じ手放せなくなっています。

 

 

 


別れる勇気が出ないのは後で困ることになる、情で付き合うデメリット


 

| 1.結局は相手のことを恋愛対象として見ていないというもの

結局別れると思うということ。恋人に情が湧いて交際を続けていても、結局は相手のことを恋愛対象として見ていないというもの。

付き合った当初の気持ちが戻らず、二人でいても恋愛モードは盛り上がらず、どうせ何時か別れると感じてしまいかねません。

自らの中で別れることが前提になっていると、一緒にいても相手との建設的な関係を構築できないことがデメリット。

 

| 2.失っていても、恋人がいるという事実自体は変わらない

時間が無駄になるということ。恋愛感情を失っていても、恋人がいるという事実自体は変わらないもの。

なので、気になる異性に出会うことがあっても、恋人がいると受取られてしまうので、アプローチすることなどもできません。

このように曖昧に交際を続けていると、恋愛だったり自分磨きなど、時間が無駄になるデメリットもあります。

 

| 3.なるほど、相手側に結婚を望む女性や男性が多くなるもの

相手に期待させてしまうということ。交際期間が長くなればなるほど、相手側に結婚を望む女性や男性が多くなるもの。

情で付き合う人は相手側に愛情があるわけではなく、将来の約束もできず態度が曖昧になってしまいかねません。相手は本心に気付かないので、結婚への期待を膨らませてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

将来のことも気に掛ける必要があります。ここでは、別れる勇気が出ないのは因果応報かも知れない、上手く対処する方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。