独り占めしたい男性はサイコパスかも知れない、上手に付き合う具体策



恋愛関係では、女性を独り占めしたい男性がいるもの。。恋愛中であればある意味、恋人に対して抱く気持ちとしては当たり前かも知れません。

少しのものであれば愛情の裏返しと受取られることもあり、女性側が苦痛に感じなければ良好な関係を保持することになります。

但し、独占欲が過剰になってくる場合、彼女の時間を漏らさず把握しようとしたり人間関係を管理するなど、負担が大きな振る舞いが見られるようになります。

もちろん彼氏を独り占めしたいという女性心理もありますが、意味合いからして男性側とは比べ物になりません。特に自分自身に自信が持てない男性は、女性側の愛情を疑うことも多く、信頼関係を維持するには配慮する必要もあります。

ここでは、独り占めしたい男性はサイコパスかも知れない、上手に付き合う具体策を紹介しています。

 

 

 


独り占めしたい男性はサイコパスかも知れない、上手に付き合う具体策


 

| 1.付き合う際は、些細な愛情表現を欠かず心掛けるという

常日頃から愛情表現を忘れないということ。独り占めしたい彼氏と付き合う際は、些細な愛情表現を欠かず心掛けるというもの。

己の存在に確固たる自信がない男性の頭の中は、恋人に振られるかも知れないなど、そんな不安感がいつも渦巻いています。

結果的に、女性側からの愛情不足を感じると、不安感が更に膨れ上がることになり、束縛したり疑ったりしてしまいかねません。

こんな状況を避けるには、常日頃から愛情表現を繰り返すことが重要で、言葉だけではなく手を握ったりなどのスキンシップも効果的です。

 

| 2.付き合うと、女性の方が疲れ果ててしまいかねないもの

意見は正直に伝えるということ。独り占めしたい男性に合わせて付き合うと、女性の方が疲れ果ててしまいかねないもの。

依存心や独占欲は相手の要求を受け入れるほど高まる傾向があり、彼氏の意見ばかりを受け入れていると、両依存の関係になることも少なくありません。

一方的に男性の意見を聞き入れるのではなく、正直に己の意見を伝えることも大事で、理解を深めると互いに良い方向に働きます。

 

| 3.極力交際している彼氏には隠し事はしないというものです

隠し事はしないということ。独り占めしたい気持ちが強い弱いに関わらず、極力交際している彼氏には隠し事はしないというもの。

独り占めしたい彼氏には、隠していることが明るみになってしまう、充分とは言えない信頼を失ってしまうかも知れません。

彼女に対し所有したいという感情を心の奥底に持っている場合、自分以外の男性に少しでも目を向けられると、女性側の愛情を疑う傾向があります。

結果として、彼氏の不安を大きくするような物事であっても、包み隠さず報告していると後から分かるより傷が浅くて済みます。

 

| 4.自信がないので、放って置けば離れてしまう不安がある

自信を抱かせるということ。女性側の行動を把握したいと思うのは己に自信がないので、放って置けば離れてしまう不安があるというもの。

こうした男性にはは自信を持って貰うことで、パートナーである女性側と適度な距離感を取り戻すことができます。

普段の生活から褒めることも大事なことですが、仕事や趣味などで何かを成し遂げる、そんなことを応援するのも上手に付き合う具体策の一つ。他者から褒めて貰えると自然に承認欲求が満たされるので、依存度も下がって自信も湧き上がります。

 

| 5.大切ですが、言いなりにならないよう警戒するというもの

嫌なことを我慢しないということ。良好な関係のために彼氏の希望を受け入れることも大切ですが、言いなりにならないよう警戒するというもの。

独り占めしたい彼氏と付き合っているケースでは、悲しい思いをしたり過剰な束縛に嫌気が差す可能性も否定できません。

こうした感情の全部を受け入れてしまうと、本来なら対等である恋愛関係が壊れてしまうことになりかねません。我慢を繰り返せば互いの幸せを追求する関係を失うので、されて嫌なことがあれば率直に伝えます。

 

 

 


独り占めしたいと言われたこともある、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.感情や欲求がコントロールできていないからというもの

感情的になりやすい傾向ということ。迷惑をかけるほど独り占めしたいのは、己自身の感情や欲求がコントロールできていないからというもの。

こうした男性は感情的な行動に出やすいところがあり、小さなことですぐ大声を上げたり、物に八つ当たりすることもあります。

こうした行動を取ることで女性を萎縮させ、己の支配下に置こうということを無意識に選択している時があります。

 

| 2.男性は承認欲求も強く、自己肯定感も高い傾向にあるもの

プライドが異常に高いということ。プライドが異常に高い男性は承認欲求も強く、自己肯定感も高い傾向にあるもの。

己以外の男性とパートナーの女性が親しくしたり、己を顧みないという振る舞いは、非常にプライドにダメージを受けます。

歪んだプライドを持ったケースでは、女性を所有物のように扱うことがあり、思い込みが束縛に結び付くことになりかねません。

 

| 3.強いほど自我の境界線も曖昧になり、嫉妬心が湧き上がる

嫉妬心が非常に強いということ。独り占めしたい気持ちが強いほど自我の境界線も曖昧になり、嫉妬心が湧き上がるもの。

己の所有物のように女性を扱い監視下に置いたりと、状況を把握しないと気が済まないことになりかねません。結果的に、女性側に予想外の行動を取られたり、知らない男性と親しくされるのを極端に嫌います。

 

| 4.事柄を共有したい、そうした気持ちは自然な感情という

好みを強要するということ。女性と己自身の好きな事柄を共有したい、そうした気持ちは自然な感情というもの。

同じ趣味や価値観を共有していくのは、互いの理解が深まるのはもちろん、過ごす時間や信頼感が増えていくことです。

但し、独り占めしたい気持ちが強くなり過ぎた場合、女性の好みには関係なく、己の価値観や好き嫌いなど強要してしまいかねません。

 

 

 


独り占めしたいのは支配欲から生じるもの、覚えておきたい男性心理


 

| 1.駄々をこねたり、親に無茶な要求をするのと同じという

愛情を確認したい男性心理。独り占めしたい彼氏に見て取れるのが、子どもが駄々をこねたり、親に無茶な要求をするのと同じというもの。

過剰な束縛をしたり余分な口出しをすることで、己だけに目を向けさせたい、そうした気持ちが強く働いています。

この女性は己自身を愛してくれている、そうした確認が欲しいので、相手を独り占めしたいとしかねません。

 

| 2.把握する傾向は、相手の女性を信頼できていないという

女性を信じきれないという男性心理。過多に縛り付けたり行動をチェックする傾向は、相手の女性を信頼できていないというもの。

パートナーの女性を信用していれば、束縛をむやみやたらにする必要はありません。裏切られたトラウマや愛情を受けなかった体験から、女性を信用できず目の届く場所に置こうとしてしまいます。

 

| 3.パートナーの女性を己の所有物のように扱うというもの

保有物にしたいという男性心理。独り占めしたいパターンに認められるのが、パートナーの女性を己の所有物のように扱うというもの。

己自身の持ち物なので、コントロールしたいとか独り占めしたい、そうした気持ちになるのはある意味当たり前のことです。

こうした男性の認識は、パートナーの女性の存在は一個人ではなく、社会的ステータスや体裁にこだわるためということもあります。

 

引き寄せの法則で、独り占めしたい気持ちを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、独り占めしたい気持ちを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

恋人に対して抱く気持ちとしては当然。ここでは、独り占めしたい男性はサイコパスかも知れない、上手に付き合う具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。