謝れない人の末路も厳しいもの、問題を起こさず上手に向き合う具体策



身の回りを見渡すと、謝れない人がいるもの。何かのミスを犯しても知らん顔で、なぜ悪いのかも理解していないような人と一緒にいると、苛立ってしまうことにもなりかねません。

そんな人は男性にも女性にもいて、アスペルガーなどの病気の場合もありますが、謝れない人には他の何かの特別な理由があるのかも知れません。

謝れない人は育ちなどにもより、プライドが異常に高く見栄っ張りなところがあり、謝罪を嫌がる傾向があります。

なので、謝ってばっかりの人と比べ、失敗してもすぐに何かの言い訳を見つけたり、弁解をして誤魔化すことにもなりかねません。

身近にそうした人がいる時は、付き合いに注意していくことも必要です。

ここでは、謝れない人の末路も厳しいもの、問題を起こさず上手に向き合う具体策を紹介しています。

 

 

 


謝れない人の末路も厳しいもの、問題を起こさず上手に向き合う具体策


 

| 1.謝罪することはないので、指摘をしてもストレスになる

明確に要望を伝えるということ。謝れない人は、何かを注意したところで謝罪することはないので、指摘をしてもストレスになるだけというもの。

なので、仕事でミスをした際は、間違ったところを注意をするのではなく、こうして欲しいと明確に要望を伝えるのが、問題を起こさず上手に向き合う具体策の一つ。

謝罪の言葉を期待をするだけ損というもので、謝れない人と認識して割り切った会話を意識しるよう心掛けます。

 

| 2.どこが悪いのか本当に分かっていない人もいるものです

悪い箇所を説明し謝罪を促すということ。謝らない人の中にいるのが、意図的に謝らないのではなくて、どこが悪いのか本当に分かっていない人もいるもの。

何が悪かったのかを理解できていないので、率直に悪い箇所を説明し謝るよう促してみるのも、問題を起こさず上手に向き合う具体策の一つ。

優しく悪かった部分を伝え、誰に謝るかを教えてあげるようにすれば、素直に対応がしやすくなるかも知れません。

 

| 3.みることで、現在よりも良い関係性に変わるかも知れない

感謝の気持ちを伝えてみるということ。気が弱く自信がないことで素直に謝れない人には、感謝の言葉を伝えてみることで、現在よりも良い関係性に変わるかも知れないもの。

普段から多忙で心に余裕がない場合、つい感謝の言葉を忘れがちですが、伝えるだけでも必要とされていると感じ、良好な信頼関係を築くことができます。

そうした良好な信頼関係を築ければ、何かあった際に相手の口から自然と謝罪の一言も出てくる、問題を起こさず上手に向き合う具体策の一つ。

 

| 4.負荷が重く辛い時は、責任を伴う仕事を任せないという

責任を伴う仕事を任せないということ。謝れない人といると苦痛だったり心に負荷が重く辛い時は、責任を伴う仕事を任せないというもの。

立場上的に難しい場合もありますが、責任を伴う仕事を任せなければ、ミスも発生し難く指摘をする必要もないのでストレスは溜まりません。

謝れない人と向き合うための最終的な手段ではありますが、極力場面を避けることが、問題を起こさず上手に向き合う具体策の一つ。

 

| 5.謝罪しなくても他人がどうこう言うことではないものです

放置して様子を見るということ。結局のところ謝るか謝らないかは、個人の自由というものであり、謝罪しなくても他人がどうこう言うことではないもの。

更に、自分が謝らない人から迷惑を掛けられたとしても、その人が謝罪してもしなくても状況自体は変わりません。

また本当に気付いていないのか、それとも意図的に謝罪しないのか、少し観察してみないと明確に分からないところがあります。

なので、謝らないことを怒る前に少し放置し様子を見るのが、問題を起こさず上手に向き合う具体策の一つ。

 

 

 


そこには様ざまな思いもある、知っておきたい謝れない人の心理状況


 

| 1.というよりも、謝りたくない気持ちが非常に強いという

謝ることは負けという心理状況。謝れない人に見られるのが、謝罪をしないというよりも、謝りたくない気持ちが非常に強いというもの。

こういった心境の人は、謝ることは負けだと思っていることも多く、例え相手が先輩だったり上司でも頭を下げることはありません。

なので、心の中では申し訳ないと感じていても、謝れない人も中にはいるかも知れません。

 

| 2.謝罪しなくてはならないのか、状況整理ができていない

状況が整理できていないという心理状況。自分自身に非があるとかないという次元でなく、なぜ謝罪しなくてはならないのか、状況整理ができていないというもの。

相手から何故こんなことをしたしたと叱責されても、自分の中では何故が理解できていないということにもなりかねません。

気を付けたいのは、本人的にもとりあえず謝る、そんなことすら思いつかない状況なのかも知れません。

 

| 3.問題に対して、自分が謝る必要がないと考えているという

悪いとは思えないという心理状況。謝れない人に見受けられるのが、そもそも発生した問題に対して、自分が謝る必要がないと考えているというもの。

その人物に非のあることでも、当人が悪いと思えないのであれば、謝罪をする必要はないということにもなりかねません。

こういった心理状況の人は、例え叱責を受けても非を認めないので、同じ過ちを繰り返してしまう可能性があります。

 

| 4.全てのことに対して、悪いのは自分自身ではないと考えて

悪かったと考えているという心理状況。謝れない人に見られるのが、状況に関係なく全てのことに対して、悪いのは自分自身ではないと考えているというもの。

電車に乗り遅れ遅刻した場合でも、駅前の信号が変わらなかったとか、普段よりも早く電車が出発したと考えたりしかねません。

細かいことを指摘されたときも、自らの運が悪かったという風に考えるかも知れません。

 

 

 


日常生活でトラブルにもなるもの、注意しておきたい謝れない人の特徴


 

| 1.頭を下げられないという人物は、プライドが異常に高い

プライド異常にが高いということ。自らの立場を下げたくなかったり、頭を下げられないという人物は、プライドが異常に高いところがあるもの。

謝れないということ以外にも、あらゆる点から異常なプライドの高さが伺える振る舞いをしています。

多少嫌われているのが分かっていても、謝ることの方が精神的な苦痛が大きく、今後も頭を下げることは期待できません。

 

| 2.なぜ謝らなければならないのか、そんな態度を見せると

自己中心的ということ。自分が起こした問題でも、なぜ謝らなければならないのか、そんな態度を見せるというもの。

こういった自分は悪くないという気持ちになる人は、非常に自己中心的なところがあります。

こんな人は悪いのは他の人だと責任転嫁することも多く、身近にいるととても厄介な存在ということにもなりかねません。

 

| 3.自分自身を強く見せていないと気が済まないというもの

実は気が弱いということ。謝れない性分と聞くと、気の強い人の印象がありますが、実際は気が弱く自分自身を強く見せていないと気が済まないというもの。

一度でも気が弱い部分を見せてしまえば、他の人に馬鹿にされてしまうなど、不安が募るので強がっていることになります。

また、気が弱い人に見られるのが、一度謝ってしまえば次々に怒られる可能性を考え、謝ること自体を怖れていることがあります。

 

手軽に利用できる、謝れない人への対処策!

なぜ一流の人は謝るのがうまいのか  100%信頼される人間関係の法則

 

引き寄せの法則で、謝れない人とも上手く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

特別な理由などあるのかも知れません。ここでは、謝れない人の末路も厳しいもの、問題を起こさず上手に向き合う具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。