後ろめたい時に思わずとる行動を察知、これからの関係に活かす方法



人生には男性でも女性でも、後ろめたいことや、疚しいところが出てくるもの。騙したり嘘を吐いたりした時、相手に対して後ろ暗い気持ちになる人は多いもの。

嘘をつかない人というのほとんど居ないので、人間誰しも一度は後ろめたい気持ちや疚しい気持ちに陥るものです。そしてその気持ちは言うまでもなく、行動に表れているもの。

後ろめたい男の行動など、無意識に取る動作で、あっさりと女性に見抜かれるなどということもあります。対して女性もやましい気持ちがある時は、おのずとその所作に現れているものです。しかし疑うばかりでは、お互いに良い関係を保てません。

ここでは、後ろめたい時に思わずとる行動を察知、これからの関係に活かす方法を紹介しています。

 

 

 


男性も女性も覚えておきたい、後ろめたさを行動から見抜くテクニック


 

| 1.返事が曖昧になったり口数が減ったり、普段の会話と違う

後ろめたい感じを抱いている場合は、自身が犯した事柄に関連する話に敏感になっているもの。ふとした調子に会話の中で関連のある話題が出れば、相手に気付かれないよう直ぐに話を変えようとします。

話を逸らことす以外には、返事が曖昧になったり、口数が減ったりと普段の会話とは違う雰囲気が現れます。

 

| 2.自身が犯した罪の償いを、一人だけで満足している可能性

悪いことをしていると感じている時、心のどこかで気が咎めていたら、相手に対して突然優しい行動をとる人が多いもの。これは自身が犯した罪の償いを、一人だけで満足している可能性があります。

相手に対して今までより優しく接することで、救われたいという気持ちがそこに表れています。また、優しくすることで悪行を隠している可能性もあり、裏を見抜く力が必要。

 

| 3.会うことで、自分が犯した行動に気づかれる怖さがある

後ろめたさが打ち勝って、相手と関わる事を回避する行動。会うことで自分が犯した行動に気づかれる怖さがあるのと同時に、無邪気な相手の優しさなどが心に刺さり、自分が傷つくのを避けたいという思いから。

このケースでは、問い詰めていくと正直に話す可能性もありますが、開き直って逆襲されることもあるので注意。

 

| 4.責められていると勘違いし、不機嫌になることも多いもの

唐突に不機嫌になるという行動。こちら側が何もしていないのに唐突に不機嫌になると、何かを密かに隠していたり、後ろめたい気持ちから腹立ち紛れになっている可能性があります。

不機嫌な状態を続けていれば、深く関わってこないと考えていて、嘘や隠し事をそのまま貫き通そうとします。相手にその気はなくても、責められていると勘違いし、不機嫌になることも多いもの。

 

| 5.自らの嘘がバレていないか、相手の視線の動きを探ろうと

注目したいのが、目の動きから見抜くテクニック。嘘をついていたり疚しいことを問い詰められたりする場合、女性は相手の目を直視して、より真剣に観察しようとする傾向があります。

これは相手に自らのがバレていないか、何故やましい情報を知ったのか、そんなことを相手の視線の動きから探ろうとするため。男性は逆で、嘘がとにかくばれないよう、視線をそらす人が多い傾向にあります。

 

 

 


女性は知っておきたい、彼の携帯のやましいことに気づいた時の対処法


 

| 1.後ろめたいことを発見したことは一先ず伏せ、様子を見る

一旦携帯を見たことは内緒にして、怪しい行動を見張るということ。携帯を見たこと、後ろめたいことを発見したことは一先ず伏せ、しばらくの間彼の様子を見ます。

彼の様子が変でボロが出た際は、目を見ながら浮気してない?と、淡々と問い質して反応を伺います。時間はかかるものの、冷静に彼の浮気の部分だけを責めることができ、反省を促すことに。

 

| 2.2人の仲の真価が問われる、とことんぶつかり合える方法

自分が携帯を見たことをすぐに素直に謝り、彼に訊ねるということ。最初に携帯を覗き見てしまったことを、自分勝手に携帯を見てごめんなさいと、丁寧に謝ります。その上で、日頃から気になる点があると、端的に彼の疚しいところを訊ねてみます。

携帯を覗き見たことで彼の信用を失うかも知れません。また、真実を明らかにすることで、別れ話に発展するケースもあります。2人の仲の真価が問われますが、思う存分ぶつかり合える方法。

 

| 3.見てしまった誤りと彼の過ちを相殺、何も見なかったと

実際に1番良いとされる方法が、すべて見て見ぬふりをするというもの。自分勝手に携帯を見るということは、彼の浮気と同じ程度、嫌な気持ちに相手をさせてしまうこと。

なので自分が携帯を見てしまった誤りと、彼の過ちを相殺させ、何も見なかった事にしてしまいます。彼が普段から貴方を大切にしている態度であれば、尚更この方法を取ることが、信頼関係を崩さないことに繋がります。

 

 

 


後ろめたさの疑いが解けた時、2人の関係を末永く続かせるコツと方法


 

| 1.浮気を疑う以前に、相手に価値を与えられる人間になる

浮気を疑うのはお互いに依存しているからともいえます。依存が大きければ大きいほど、相手がいなければ何もできません。互いの愛を当たり前とは思わず、相手に価値を与えられる人間になることが大切。

浮気を疑う以前に、愛を与え合うようにします。それが互いの尊厳を守ることにも繋がります。

 

| 2.浮気を疑うのは無意味、交友関係など自分の時間は必要

やましいとは、自分の価値観を押し付けることに繋がるもの。この自らの価値観を押しつけ合うのも、カップルにはマイナス要素に働きます。

片方が、毎日会いたいとしても、一方は週に1度のデートで満足かも知れません。毎日会えないからといって、浮気を疑うのは無意味です。交友関係や趣味もあり、自分だけの時間は必要なもの。

 

| 3.相手がいなくても楽しく、居たらもっと楽しい関係こそ

お互いの自由を守ろうとする姿勢が重要。双方の自由時間を大切にできるカップルは、その仲が長続きするもの。互いに依存し合う関係は、やがて破綻するケースが多くあります。

なので双方の自由を尊重しあい、相手がいなくても楽しく、居たらもっと楽しいと思わせる関係こそが理想のカップル像。

 

| 4.理想が崩れ去ったから浮気した、そんな言い訳も困りもの

相手に対して理想を求めすぎないことも大切なこと。男性が女性に対して、いつも美しくスタイルを完璧して、怒ることのない優しい女性像を求めていたら。逆に女性が男性に対して、ビジネスシーンでばりばり働く男性像を求めていたら。

そんな理想が崩れ去ったから浮気した、そんな言い訳も困りもの。

 

| 5.誕生日や記念日、サプライズ企画をするなどの適切な刺激

とはいえ、パターン化した雰囲気は、双方に浮気心が沸き起こることになるもの。穏やかで仲睦まじいカップルだとしても、誕生日や記念日などには、サプライズ企画をするなどの適切な刺激は必要です。

こういう細かいことが、2人の関係を末永く続かせるコツになります。

 

引き寄せの法則。

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

 

まとめ

人生には疚しいところが出てくるもの。ここでは、後ろめたい時に思わずとる行動を察知、これからの関係に活かす方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。