嫉妬心を抑える方法で逆転したいもの、改善に結び付けていく具体策



日々の暮らしの中で、嫉妬心を抑える方法を探すことがあるもの。嫉妬で苦しくなったり、そんなことで自己嫌悪するなど、嫉妬心は悩みの種とも言えます。

恋愛では、今までに経験したことがない、自分自身の内面と向き合うような機会が非常に多くなります。

世の中には嫉妬しない人も存在しますが、好きな相手に自分だけを見て欲しいとか独り占めにしたい、そうした感情は当たり前。

なので、そんな気持ちが嫉妬心へと繋がっていくことにもなりかねません。

但し、恋人にしても友達にしても常に嫉妬心を燃え上がらせているようでは、日常に差し障りが出ることにもなりかねません。

ここでは、嫉妬心を抑える方法で逆転したいもの、改善に結び付けていく具体策を紹介しています。

 

 

 


嫉妬心を抑える方法で逆転したいもの、改善に結び付けていく具体策


 

|  1.己自身の思考の癖というのは、気持ちや行動に影響する

考え方の癖を見つけて再考するということ。どういった考え方が正しいとか間違いはないとかなど、己自身の思考の癖というのは、気持ちや行動に影響するというもの。

コップに水が半分残っている状況で、半分しかないと考える人は焦りだったり不安が生じますが、まだ半分あると受け取る人は安心して水を大事に飲もうとするかも知れません。

己自身を苦しめる方向へと行きがちな人は、考え方の癖について振り返ってみることが、その後の気持ちや行動を変えていくのにも役立ちます。

こうした振り返ってみる習慣を付けておくと、考え方の癖や行動パターンも見えてきて、己自身を客観的に捉えることもきる、改善に結び付けていく具体策の一つ。

 

| 2.それらの物事から一旦離れて距離を置いてみるというもの

嫉妬の対象から一旦距離を置くということ。近くに嫉妬の対象があるという場合、それらの物事から一旦離れて距離を置いてみるというもの。

他の異性とパートナーが一緒にいるのを目撃したり、会話しているのを聞いたりするときは、誰でも嫌なものに出会ったということになります。

パートナーが他の異性と会話するのを見掛けるような所には行かないとか、携帯を己自身の見える範囲に置かないようにして貰うなどを心掛けます。

そのような状況から距離を離して日常生活を過ごせば、自然に嫉妬心が湧き上がるのも和らぐ、改善に結び付けていく具体策の一つ。

 

| 3.無言で示したりと、そういった体験は誰しもあるものです

気持ちの伝え方を変更してみるということ。感情のままに嫉妬の気持ちを伝えたり、不機嫌な態度で無言で示したりと、そういった体験は誰しもあるもの。

そんな時には気持ちの伝え方を変更するのも一つのやり方で、実際要望の伝え方はアイメッセージとユーメッセージの二通りあります。

浮気しないではユーメッセージになりますが、対して浮気されると悲しいというのはアイメッセージになり、己自身の気持ちや感情を伝えることになります。

ユーメッセージの伝え方は反発したくなるパートナーでも、アイメッセージなら素直な気持ちを聞いて貰える可能性も上がる、改善に結び付けていく具体策の一つ。

 

| 4.己自身の時間を楽しめない、そうした傾向があるという

プライベートを充実させるということ。嫉妬心が強い人に良く見られるのが、己自身の時間を楽しめない、そうした傾向があるというもの。

結果として、己自身の空いた時間を楽しむような活動を幾つか考え、実践していくことが重要になる、改善に結び付けていく具体策の一つ。

一人でできる活動としては、音楽を聴いたり絵を描いたりするほか、掃除をしたりお風呂にゆっくり浸かるなどがあります。

誰かと楽しむ活動には、友人と食事に一緒に行ったりカラオケに行くなど、ほかにも家族旅行に出掛けたりすることも良く、己自身に似合った活動を日常生活の中に組み込むことが重要。

 

 

 


嫉妬心を抑えるパワーストーンも、覚えておきたいしやすい人の特徴面


 

| 1.恋愛に関しても恋人に対し妬みを抱いてしまうというもの

執着心が異常に強いということ。嫉妬心が強い人に見られるのが、あらゆることにこだわりがあり、恋愛に関しても恋人に対し妬みを抱いてしまうというもの。

こうした執着心の強さは、人といる時間よりも己自身と一緒に過ごす時間を多くして欲しいとか、自分以外の異性と出掛けて欲しくないなどの、嫉妬心へと結び付きかねません。

一つのことに執着し依存しやすい人は、恋人に対しても依存をしやすく、ヤキモチを焼いたり束縛をすることになりかねません。

 

| 2.ところがあり、己の恋人や友人を他者に奪われたくないと

負けず嫌いな傾向ということ。嫉妬心が強い人に見受けられるのが、異常にプライドが高く負けず嫌いなところがあり、己の恋人や友人を他者に奪われたくないというもの。

好きな人が周囲の人と被った時に、何としても手に入れるべく頑張る人は、その異性を好きなのではなく、己自身が負けず嫌いだからということも頻繁にあります。

常に人より前に出なければ気が済まない傾向も負けず嫌いによくあり、己自身が一番上でなければ落ち着きません。

 

| 3.陥っているタイプは、人目をいつも気にしているという

人目が気になるということ。己自身にコンプレックスがあったり、ネガティブな思考パターンに陥っているタイプは、人目をいつも気にしているというもの。

これは己自身と他の人を比較することに繋がっていて、己が優れている箇所を見つけることで、精神の安定を維持しているということになりかねません。

こうした人間は嫉妬深いところがあり、他者と比べて己自身が上か下かを見ることで、常に優位な立場に立っていたいという気持ちが強くなります。

 

| 4.抱えているので、必然的に嫉妬心が強くなっているという

過去の恋愛関係にトラウマがあるということ。過去に浮気をされた経験を持つ人は、恋愛に対してトラウマを抱えているので、必然的に嫉妬心が強くなっているというもの。

相手の言葉を信頼することができなくなったり、小さなことでも疑いやすくなったりと、一度抱えてしまったトラウマはなかなか拭えません。

こうしたトラウマを抱えたケースでは、明朗闊達だった人間でも嫉妬深い人に豹変することになりかねません。

 

 

 


嫉妬しない方法は職場でも必要になる?注意しておきたいそんな原因面


 

| 1.己自身が持っていない品物を他者が所持しているという

持ってない物に対する羨望ということ。嫉妬心が湧き起こる原因の一つが、己自身が持っていない品物を他者が所持しているというもの。

人気ブランドの新作を友達が買ったとき、羨ましいという感情が湧き起こるとともに、嫉妬心も強くなっていきます。

こういった気持ちが強い人は、恋人がいる人が羨ましく愛されていて嫉妬心が湧くなど、恋人持ちの相手ばかりに向かって恋してしまうことになりかねません。

 

| 2.手に入れてる、そんなものを失う怖れから生じてしまう

持っている物を失う感情ということ。恋人への嫉妬心というのは、己自身が既に手に入れてる、そんなものを失う怖れから生じてしまうというもの。

できるだけ恋人の周りは他の異性が寄ってきて欲しくない、そうしたことをと願う気持ちはある意味で誰しもが一緒というものです。

嫉妬心が強い人はそんな気持ちから束縛に発展してしまうことも多々あり、恋人に迷惑を掛けてしまうことになりかねません。

 

| 3.趣味も異常に少なく、他の人間に対して依存しやすいと

熱中している趣味がないということ。嫉妬心が強い人に見られるのが、趣味も異常に少なく、他の人間に対して依存しやすいというもの。

熱中している趣味だったりスポーツなどがあれば、他の人に依存しなくても己一人で充分に楽しめます。

但し、趣味がないという場合、休日だったり時間の空いた日には、恋人や友人と一緒に一日を過ごすしかありません。

 

運を開いて、嫉妬心を抑える方法で逆転。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、嫉妬心を抑える方法で逆転。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

ときには嫉妬心は悩みの種とも言えます。ここでは、嫉妬心を抑える方法で逆転したいもの、改善に結び付けていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。