意図が伝わらないのは悲しいもの、コミュニケーションを上手く図る術



日々の暮らしの中で、意図が伝わらないことがあるもの。話すのが苦手などコミュニケーションの能力不足の人は、話の意図が伝わらないことは頻繁に起こります。

仕事では報告だったり相談や会議など、話す機会も増えるので、意図が伝わらない人は支障が出てしまうことにもなりかねません。

また言いたいことが的確に言えない場合、理解を得られないので質問されることも多くなり、仕事ができない人のレッテルを貼られてしまいかねません。

もちろん意図が伝わらないのはメールやsnsなどでもあり、これは言葉の選択が下手ということに繋がっていて、単に語彙が広くないと言うだけではありません。

謝罪などのときにもきちんと意図が伝わるよう注意することも必要です。

ここでは、意図が伝わらないのは悲しいもの、コミュニケーションを上手く図る術を紹介しています。

 

 

 


意図が伝わらないのは悲しいもの、コミュニケーションを上手く図る術


 

| 1.している、そんな風に思い込んでいることも多いという

相手の立場から見てみるということ。意図が伝わらない人は、相手が自分自身と同じような考え方をしている、そんな風に思い込んでいることも多いというもの。

結果として、自分の立場で考えていることが大半で、相手の立場に対しての理解が足りないということにもなりかねません。

相手の立場になり換わり環境だったり置かれた状況を考えてみれば、相手がどうして欲しいと思っているのか推察もできる、コミュニケーションを上手く図る術の一つ。

 

| 2.相手側から見た自分自身を考えてみれば客観視できると

自らを客観的に眺めてみるということ。相手の立場になり替わり考えるのが苦手な場合、相手側から見た自分自身を考えてみれば客観視できるというもの。

意図が伝わらないのは、他の人から見た自分と現実の自分自身に乖離があるということに他なりません。

自らを客観的に眺めることができるようになれば、自然に相手のポジションに立った考えが及ぶようになる、コミュニケーションを上手く図る術の一つ。

 

| 3.伝えるのでは、受ける心証も大きく違ってくるというもの

伝え方に配慮するということ。同じ意見を伝える時でも、クッション言葉を挟み込んで伝えるのでは、受ける心証も大きく違ってくるというもの。

相手に向かって分かり難ことを伝える場合でも、不勉強で申し訳ないですがなど、クッション言葉を挟むようにするのも、コミュニケーションを上手く図る術の一つ。

更に、この点を詳しく教えて頂けますかなどと伝えることで、分からない部分を問題なく教えて貰えるようになります。

 

| 4.多いと、他の人に受け取られている可能性があるという

ポジティブな言葉を遣うということ。意図が伝わらないのは否定的な言葉を遣うことが多いと、他の人に受け取られている可能性があるというもの。

否定的な言葉でなく伝える際にポジティブな言葉を遣えば、相手に対して悪い印象を与える能性も低くなり意図が伝わりやすくなります。

出来事はできる限りを肯定的に捉え、ポジティブな言葉を遣って会話するのが、コミュニケーションを上手く図る術の一つ。

 

| 5.興味を持つことで話の意図も伝わりやすくなるというもの

相手の話は良く聞くということ。先ずは相手の話に良く耳を傾けることが重要で、興味を持つことで話の意図も伝わりやすくなるというもの。

そうした姿勢は相手からの好意に繋がる可能性も高くなり、次に自分を知って貰うことで意図も伝わることになる、コミュニケーションを上手く図る術の一つ。

相手も自分の話を詳しく理解してくれた、そんな風に思い、こちらの話にも耳を傾けてくれることに疑いありません。

 

 

 


意図が伝わらないのは謝罪でも困るもの、注意しておきたいその理由


 

| 1.なぜ口にするのかを理解しておく必要があるというもの

伝えるべき事柄が理解できていないということ。伝える際は目的があるはずで、なぜ口にするのかを理解しておく必要があるというもの。

質問をはじめ経過報告をしたいのかだったり、個人的な意見を尋ねられている時など、理解していなければ伝わらなくて当然にもなります。

意図が伝わらないことが頻繁にあるこうした人は、頭の中で考えを整理できないタイプに良く見られます。

 

| 2.見られるのが、言いたい物事を一方的に話すばかりという

相手の反応を見ていないということ。意図が伝わらないときに良く見られるのが、言いたい物事を一方的に話すばかりというもの。

これでは上手く伝わらず、相手が理解しているかどうかや納得しているかなど、表情だったり態度から推測しながら話すことが重要です。

異なる立場の人に向かって専門的な用語を多用したり小声で話をするなど、相手に対する配慮ができていない時も伝わり難くなりかねません。

 

| 3.案外に見られるのが、話が長いばかりで抑揚がないという

話が長く抑揚がないということ。意図が伝わらない人に案外に見られるのが、話が長いばかりで抑揚がないというもの。

長い話になれば聞く方にも何を言いたいのか、どこが重要ポイントなのかも分かり難く、伝わらない残念な結果になることにもなりかねません。

更に表情だったり話し振りにも抑揚がなければ、伝わり難くなるのは疑いがありません。

 

| 4.学習しますが、大人になれば言葉を省く機会も増えると

主語がないということ。小学生の頃に文章は主語と述語が必要、そんな風に学習しますが、大人になれば言葉を省く機会も増えるというもの。

意図が伝わらない人はこの省略する箇所が多く、特に主語を言わずに会話することにもなりかねません。

そうなると、誰が口にしてるのかとか、考えてるのは誰なのか、誰にやって貰いたいのかなど、主語がなければ内容も理解し難くなりかねません。

 

 

 


意図が伝わらないのは様ざまな面が見られる、知っておきたい原因面


 

| 1.伝える内容も当たり前のように今一つ決まらないという

伝える目的が曖昧ということ。伝える目的がはっきりしていない時には、伝える内容も当たり前のように今一つ決まらないというもの。

こうした時は、結論以前にそもそも伝える目的が曖昧になっている、そうした事例が多々あります。

あれもこれも伝えようと努力して、返って何を言いたのかが分からない、そんなことにもなりかねません。

 

| 2.意図が伝わらない問題と人間関係は、大いに関連している

人間関係が築けてないということ。実際に話の意図が伝わらない問題と人間関係は、大いに関連しているというもの。

自分自身では普通に質問しているようなつもりでも、反論しているように相手に受け取られているかも知れません。

意図が伝わるよう配慮しているにも関わらず、曲解されることが多い場合、まさに人間関係が築けていないという典型的なパターンかも知れません。

 

| 3.伝わらないような問題が発生してしまう可能性があると

伝わらないのは相手も悪いということ。明確に伝える目的は定まっていても、伝わらないような問題が発生してしまう可能性があるというもの。

考えられることとしては言葉などは単純明快でも、人によっては解釈が異なるので、明確に伝わらないことがあるということです。

相手に伝わるように創意工夫しても、現実に伝達できていないと判明すれば、余計に憤りを感じることにもなりかねません。

 

運を開いて、意図が伝わらないのを払拭。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、意図が伝わらないのを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

レッテルを貼られてしまいかねません。ここでは、意図が伝わらないのは悲しいもの、コミュニケーションを上手く図る術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。