リーダーに向かない人を抜け出したいもの、感じた際に取りたい具体策



身の回りを見渡すと、リーダーに向かない人がいるもの。就職してから長くなれば、様ざまな役職を任されるようになり、リーダー的なポジションに就くことがあります。

リーダーに向いている人はもちろんいますが、その際に上手くメンバーを纏められなければ、自分はリーダーに向いてない人間ではないかと感じることもあります。

職場でのリーダーに向かない人は、自分の成功ばかりを考えているところがあり、物事が上手くいった時には全てを自らの手柄しかねません。

そんなリーダーに向かない人は、他の人の手柄を横取りする時、奪ったといった意識がない場合があります。

リーダーは自らの成功より、部下の成功を先ず考えなくてはならず、それがチームの成功であるということに疑いありません。

なので、自覚がある時は警戒も必要です。

ここでは、リーダーに向かない人を抜け出したいもの、感じた際に取りたい具体策を紹介しています。

 

 

 


リーダーに向かない人を抜け出したいもの、感じた際に取りたい具体策


 

| 1.自らが満足できれば良いという訳ではないというものです

責任感を持ち行動するということ。リーダーとしてチームも人間も引っ張っていく以上、自らが満足できれば良いという訳ではないというもの。

チームが良くなるためになる行動を考えるという局面で、責任感を持ちながら動いていくことが重要なポイントにもなります。

チームメンバーに迷惑が掛かるようなことをしないのはもちろん、メンバーを全力を持ってサポートするのが、感じた際に取りたい具体策の一つ。

| 2.どういった流れで引っ張ればが分かるからというものです

日常的にコミュニケーションを取るということ。日常的にコミュニケーションを欠かさないのは、メンバーの状況を掴むことができ、どういった流れで引っ張ればが分かるからというもの。

仕事の進捗の状況の確認をしながら多少の雑談を交えることで、メンバーと距離感を縮めやすくなる、感じた際に取りたい具体策の一つ。

なかなかコミュニケーションが上手くいかない時は、月1など定期的に実施する1対1の面談が必要で、圧迫感を感じさせないよう穏やかな表情で優しく尋ねることを心掛けます。

 

| 3.しまうので、そんな態度を取らないことも大事というもの

優柔不断な態度はとらないということ。日頃から優柔不断な姿勢を見せている場合、メンバーが不安感を湧き上がらせてしまうので、そんな態度を取らないことも大事というもの。

行動を変えるには口にする言葉から変えることが重要で、迷うとか決められないなど、優柔不断な人間に出がちな言葉を使わないよう心掛けます。

優柔不断な態度になる中には、完璧に物事を仕上げようと迷ってしまうことも少なくなく、先立って選択肢を用意しておくのも、感じた際に取りたい具体策の一つ。

 

| 4.なかったとしても失敗の原因を、他の人の責任にしない

失敗を人のせいにしないということ。。例えリーダーの作業でなかったとしても失敗の原因を、他の人の責任にしないというもの。

リーダーの伝え方が悪く失敗するパターンも多々あり、知らない専門用語を使ったりのほか、早口で分かり難かったなど様ざまな事例があります。

リーダーに対し理解できないと言えるメンバーであれば良いものの、相手に気を遣ってしまうような人は、なかなかそれが言えないことにもなりかねません。

メンバーの理解不足に関する失敗を犯させないためにも、分かりやすく伝えるのが、感じた際に取りたい具体策の一つ。

 

| 5.理想とするリーダー像に執着し過ぎている可能性もある

リーダーっぽくなくても良いということ。リーダーに向かないと感じる場合、自分自身が理想とするリーダー像に執着し過ぎている可能性もあるもの。

リーダーには様ざまなスタイルの人がいるので、必ずしも引っ張っていくような支配型リーダーばかりではありません。

自らの資質だったり得意なことを活かして、率いるのではなくてサポートを行うリーダーもチームに貢献できる、感じた際に取りたい具体策の一つ。

 

 

 


リーダーに向かない人は色んな面が見られるもの、注意したい特徴面


 

| 1.リーダーに向かない人は部下の話を聞かないというもの

部下の話を聞かないということ。人間は本来話を聞いて欲しい生き物で、リーダーに向かない人は部下の話を聞かないというもの。

聞いて貰えば相手の話を自分も聞こうと思いますが、聞く耳がない場合は相手の話に興味は湧きません。

特にトップダウン的な組織に良く見られるのが、部下の話に耳を傾けないことで、コミュニケーションが上手くいっていない姿です。

 

| 2.自分自身の好き嫌いを中心にメンバーの評価をしていると

好き嫌いで評価するということ。リーダーに向かない人に見られるのが、自分自身の好き嫌いを中心にメンバーの評価をしているというもの。

こうした態度の悪い点は、メンバーは公平な評価を望んでいて、もし公明正大な評価がされていない、そんな風に感じればモチベーションの低下に繋がりかねません。

人間には承認欲求があり、誰しもが認められたいと考えていますが、好き嫌いで評価をすることは絶対に避けなくてはいけません。

 

| 3.態度でも、上司の顔色を伺ってご機嫌取りばかりという

上司の顔色ばかり伺っているということ。リーダーに向かない人に見受けられるのが、部下には高圧的な態度でも、上司の顔色を伺ってご機嫌取りばかりというもの。

上司の指示に従って行動することは組織では当然のことですが、ご機嫌とりに気を取られている人をリーダーにしてしまえば組織は崩壊しかねません。

上司に気に入られることに注力している人が、出世する事例は珍しくありませんが、部下からすれば滑稽にしか見えないことにもなりかねません。

 

| 4.見られるのが、口先ばかりで言動と行動が全く違うという

発言と行動が一致していないということ。リーダーに向かない人に見られるのが、口先ばかりで言動と行動が全く違うというもの。

リーダーが目標を掲げることは珍しくありませんが、掲げたビジョンと違った行動をしていると、メンバーの信頼は得られません。

 

 

 


リーダーに向かない人には他にない点も、知っておきたいその心理状況


 

| 1.リーダーの場合、円滑なコミュニケーションは不可能と

感情の起伏が激しいという心理状況。普段から顔色を伺わないと話すこともできないようなリーダーの場合、円滑なコミュニケーションは不可能というもの

リーダーも人間なので感情的になる時はありますが、部下に八つ当たりするようなリーダーはメンバー内の信頼も得ることはできません。

感情コントロールできませんが、その後の行動は選択できるので、イラついた時は一時停止するよう心掛けます。

 

| 2.それは過去の経験だったりや体験からできているという

客観的な判断ができないという心理状況。人間は主観で物事を見ますが、それは自らの価値観に基づいていて、それは過去の経験だったりや体験からできているというもの。

自分の主観だけで物事を判断した場合、偏った見方になってしまうことにもなりかねません。

牽引しているリーダーが偏った見方になれば、チームに不協和音が生じることにもなりかねません。

 

| 3.身の回りのことに対して、他人事と受動的に捉えている

受動的という心理状況。リーダーに向かない人に見られるのが、チームで起きていることや身の回りのことに対して、他人事と受動的に捉えているというもの。

こうした人物は上司からの指示を、自分自身の言葉に置換えず部下に伝えていることが頻繁にあります。

主体的に考えて行動できるのはリーダー条件の一つですが、稀にいるのがただの伝書鳩的なリーダーです。

 

運を開いて、リーダーに向かない人から脱却。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、リーダーに向かない人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

なので自覚がある時は警戒も必要です。ここでは、リーダーに向かない人を抜け出したいもの、感じた際に取りたい具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。