好きじゃない人に好かれることもある?上手に転換し幸せに繋げる方策



日々の暮らしの中で、好きじゃない人に好かれることもあるもの。世の中には好きじゃない人と付き合う、そんなことなんて考えられない人もいます。

但し、好きじゃない人に告白された時にOKを出すなど、意中の相手ではなくても、様ざまな理由から交際をスタートする事例は意外と多いものです。

他人を思い遣ることも多い心が優しい人は、相手の心境を考え過ぎてしまうところがあり、本心とは違った行動をとりがち。

こうした人は押しにも弱く、告白を断ることにより相手を傷付けたらと考えるので、好きじゃない人とデートすることにもなりかねません。

なので、好きじゃない人と付き合うのが、気持ち悪いとかしんどいという時は立ち止まることも必要です。

ここでは、好きじゃない人に好かれることもある?上手に転換し幸せに繋げる方策を紹介しています。

 

 

 


好きじゃない人に好かれることもある?上手に転換し幸せに繋げる方策


 

| 1.人相手に、無理矢理に好意を持つ必要性はないというもの

無理矢理に好意を持つ必要性はないということ。出会った好きじゃない人相手に、無理矢理に好意を持つ必要性はないというもの。

好きという湧き上がる気持ちは自然なもので、そうは思えていない状況の中で、相手に無理矢理に好意を持とうと思っても長続きはしません。

なぜ好きじゃないかを自問自答して、自分自身を理解する機会にするのも、上手に転換し幸せに繋げる方策の一つ。

 

| 2.相手が持っている多様な面を知ることも大事というもの

相手のことを詳しく知るということ。外見だったり職業といった条件だけを追求しないようにして、相手が持っている多様な面を知ることも大事というもの。

相手の意外な一面が分かれば、絶対に譲りたくないとしていた条件を緩和する、そういった気持ちが湧き起こるのも、上手に転換し幸せに繋げる方策の一つ。

表面的な事柄だけに捉われていては、例え相性が良かった相手でも、上手く良好な関係を維持できないでチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

相手を外見が好きじゃないなどの一方的価値観で否定しないで、一歩踏み込んで内面的なところにも着目することが重要ポイント。

 

| 3.自分自身が最も重要視する条件面について再検討してみる

理想のハードルは下げるということ。相手が好きじゃない人の場合、自分自身が最も重要視する条件面について再検討してみるというもの。

学歴だったり職業を重視し過ぎてはいないかとか、年齢範囲を狭くし過ぎていないかなど、自身が思う条件を見直すのも、上手に転換し幸せに繋げる方策の一つ。

条件面ばかりを重要視していては、理想的な人柄の相手と巡り会う機会を失いかねず、理想のハードルを下げたことにより婚活成功に繋がった例も数多くあります。

 

| 4.なれない場合、相手との距離を一時的に置いてみるという

距離を一時的に置いてみるということ。好きじゃない人と連絡を取り合ったりデートなどしても前向きになれない場合、相手との距離を一時的に置いてみるというもの。

会わない期間を設けることで、相手に対する自分自身の気持ちも浮かび上がってくる、上手に転換し幸せに繋げる方策の一つ。

距離を置いて相手を恋しく思う心境にならない時は、無理をしないで今後のやり取りを断念するようにします。

 

| 5.相性が悪ければ結婚生活はそう上手くはいかないものです

具体的に結婚生活を思い描くということ。相手の条件面がどれほど良くても、生活スタイルで相性が悪ければ結婚生活はそう上手くはいかないもの。

相手の帰宅時間が遅かったり出張が多かったりしたケースでは、不満を感じるとか一人の時間が増えるのは良いかなど、順次擦り合わせていくようにします。

互いの異なるところを共有して、それに関してはどう考えるか話し合うことが重要な、上手に転換し幸せに繋げる方策の一つ。

細かくそういったことを行うことで、より一層具体的に結婚生活が思い描けるようになり、感じ方だったり価値観の違ったところが見えてきます。

 

 

 


好きじゃない人からの好意は悩むもの、注意したい前を向けない理由


 

| 1.理由の一つに、外見が自分自身の好みじゃないというもの

外見が好みじゃないということ。出会った相手が好きじゃない人となってしまう理由の一つに、外見が自分自身の好みじゃないというもの。

但し、外見はその人物を構成している要素の一つにすぎず、ほかにも経済力や将来性など着目すべき点は数多くあります。

外見に執着し過ぎて理想的人物を逃しては本末転倒となり、結婚相手は内面を重要視して選択した方が、家庭生活が上手くいく可能性が高まります。

 

| 2.ケースでは、恋愛のターゲットとして見られないことも

恋愛のターゲットとして見れないということ。婚活などを通じて出会った相手が好きじゃない人のケースでは、恋愛のターゲットとして見られないこともあるもの。

生理的に受け付けない相手の場合は諦めた方が無難で、イメージが激変することは稀で、抜本的な解決を図っていくのは難しいことになります。

条件面が良いからと我慢をし続けて結婚した後に、更に嫌悪感が強まってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.必須条件や好意の持ち方など、分からなくなることもある

婚活疲れの可能性もあるということ。ある程度婚活を続けている期間が長いケースでは、結婚相手への必須条件や好意の持ち方など、分からなくなることもあるもの。

真面目な人ほどこういった婚活疲れを起こしやすく、自己肯定感が低下している最中には早々と相手を好きにはなれません。

自分自身の婚活疲れを認識した時は、相手とは少し距離を置いた方が良く、結果として気持ちの整理がつくかも知れません。

 

 

 


好きじゃない人と結婚することもあるもの、知っておきたいその特徴面


 

1.タイプの人に見られるのが、無関心で魅力は感じないと

異常に自己愛が強く他人に無関心ということ。他の人に好意を持てないタイプの人に見られるのが、無関心で魅力は感じないというもの。

自信がない人とは反対に、自分が大好きで自己顕示欲も強いので、自分以上に魅力的な人間はいないと思うことにもなりかねません。

異常に強く自分自身を愛しているので、周囲の人たちには全く興味がなく、人間的な魅力などには気が付きにくい傾向があります。

 

| 2.ある人は、婚活などの出会いの領域に不向きかも知れない

優柔不断なところがあるということ。優柔不断や慎重な傾向がある人は、婚活などの出会いの領域に不向きかも知れないもの。

婚活はどういったタイプの人とお見合いをしたり、仮交際へと進んでみたり真剣に交際するなど、それは決断の連続です。

良い人と好意を持っても本当に結婚できるのかとか、もっと良い人に出会えるかもなど、思い悩んでしまうことになりかねません。

慎重な傾向は一面は長所でもありますが、婚活などの出会いの領域では決断力も重要ポイントになります。

 

| 3.趣味だったり習い事など自分自身で人間関係は広げていく

人間関係での幅が狭いということ。他人との交流を好むような人は、職場などでの日常生活以外に、趣味だったり習い事など自分自身で人間関係は広げていくもの。

一方で人を好きになれないような人は、人付き合いをするのが苦痛に感じることがあり、新しい人間関係を広げようとは思いません。

できる限り他者とは交流しないようにするスタイルなので、どうしても必要最小限度の人付き合いとなってしまいかねません。

協調性もなく自由気儘な一人の状況を好むので、単独行動をするのも人が好きじゃない人に見られる傾向の一つ。

 

運を開いて、好きじゃない人とも仲良く。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、好きじゃない人とも仲良く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

本心とは違った行動をとりがちになる。ここでは、好きじゃない人に好かれることもある?上手に転換し幸せに繋げる方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。