愛が冷める時を感じることがあるもの、一旦立ち止まり振り返る具体策



人生を過ごしていると、愛が冷める時があるもの。恋に落ちると人間は一気に感情的になって、高揚感だったり多幸感に包まれるものです。

またいわゆるハネムーン期にいる間は、目に映る全てが薔薇色のようで、会っている間は胸の鼓動が早くなることも多々あります。

但し、そんな恋愛も冷める時がくるもので、以前は愛おしかったパートナーに苛立つこともおおくなり、自分の気持ちに対して疑問を抱き始めることにもなりかねません。

実際に人間関係は時間と共に変化するもので、互いが何か悪いことをした訳でもないのに、愛が冷める時期を迎えることもあります。

愛が冷めた時の態度よっては、破局に向かう時もあれば、努力と時間をかけ愛を取り戻せるかも知れません。

ここでは、愛が冷める時を感じることがあるもの、一旦立ち止まり振り返る具体策を紹介しています。

 

 

 


愛が冷める時を感じることがあるもの、一旦立ち止まり振り返る具体策


 

| 1.いるような場合、しばらく距離を置きリフレッシュする

一旦距離を置くということ。もし自分だけではなく相手も愛が冷めているような場合、しばらく距離を置きリフレッシュするというもの。

楽しくない気持ちで一緒にいるより、距離を置くことで新たに見えてくることもある、一旦立ち止まり振り返る具体策の一つ。

距離を置いている間に相手と話しをしたくなったり、会いたいといった気持ちが湧き起こることもあり、近くにいた時には分からなかったことが自覚できることもあります。

 

| 2.冷静沈着に相手に対する気持ちを思い返してみるという

相手の好きな箇所をリストアップするということ。愛が冷める時を感じた場合、冷静沈着に相手に対する気持ちを思い返してみるというもの。

相手のどういったところを好きになったのか、好意を抱いた理由を思い起こすために、箇条書きで良いのでリスト化するのが、一旦立ち止まり振り返る具体策の一つ。

頭の中で分かっていることでも、ノートなどに書き出してみることで可視化でき、相手の長所が非常に分かりやすくなります。

 

| 3.同時に相手との距離が開いてしまっている状況になって

コミュニケーションを増やすということ。愛が冷める時を覚えたときには、同時に相手との距離が開いてしまっている状況になっているというもの。

なので、敢えて連絡の頻度を増やしたり一緒にいる時間を設けるなど、明確なコミュニケーションを図るのも、一旦立ち止まり振り返る具体策の一つ。

会話やLINEの頻度が上がれば距離が縮まり、互いに話しやすい空気になるので、別れたくない時はコミュニケーションを増やし互いの理解を深めることが重要なポイント。

 

| 4.一緒に楽しかった過去の思い出のある場所を訪れるという

楽しかった過去を思い起こすということ。互いに別れたくはないと考えている場合、一緒に楽しかった過去の思い出のある場所を訪れるというもの。

昔と同じ場所を訪れデートすることで、当時の気持ちだったり相手を好きだった理由などを思い出せる、一旦立ち止まり振り返る具体策の一つ。

一緒に付き合っている中にあった楽しい思い出話をすることで、当時の二人の気持ちを思い起こしやすくなります。

 

| 5.どうして愛が冷めたのか、自分の心に尋ねてみるという

冷めた原因を考え二人で話し合うということ。相手への気持ちを取り戻したい場合、どうして愛が冷めたのか、自分の心に尋ねてみるというもの。

具体的に自らの気持ちが冷めた理由が分かっている場合、相手がそれを改善できれば、気持ちを打ち明け変えてもらうよう心掛けます。

自分にも改善点が見つかるかも知れず、話し合うことにより二人の距離を縮めることに繋がる、一旦立ち止まり振り返る具体策の一つ。

 

 

 


愛が冷めた時には様々な点が見られるもの、知っておきたいそのサイン


 

|  1.余りにも摩擦が多い場合は愛情が冷めているかも知れない

喧嘩が増えたということ。恋愛には意見の不一致や喧嘩もありますが、余りにも摩擦が多い場合は愛情が冷めているかも知れないもの。

親密さというよりも敵対が多いときは、以前と何がが変わったのか振り返って、何故そうした状況になったのかを探る必要もあります。

愛情が冷めている相手は、関係に距離を置くやり方に喧嘩を生み出すことがありますが、それ以上に明白なのは和解する意欲を持たないことです。

 

|  2.スキンシップなどの身体的関わりを避け愛情表現はしなく

身体的な距離があるということ。愛が冷める時を迎えれば、感情的にも距離を置いて、スキンシップなどの身体的関わりを避け愛情表現はしなくなるというもの。

ストレスを感じている場合や仕事で疲れた後などで、稀に一人の時間が持ちたくなるのは普通のことです。

パートナーと一緒の時間をともに過ごしたいと思わなくなった時は、愛が冷め関係性が変わっているサインかも知れません。

 

|  3.避けているような状況であれば警告のサインかも知れない

以前ほどコミュニケーションがないということ。相手との間で感情を伴うような深い会話を、避けているような状況であれば警告のサインかも知れないというもの。

会話するのを避けることにより、一緒に過ごす時間を設けようとはせず、自分自身の感情だったり思いを伝える難しさを感じているということにもなりかねません。

自分の思いを明確に伝えることを避けたり、本音を隠したりと。時間が経つにつれて心の距離を生み出すことにもなりかねません。

 

|  4.態度や欠点に少し苛立つのは、至って普通のことという

相手に苛立つということ。人間は誰しも完璧ではありませんので、相手の態度や欠点に少し苛立つのは、至って普通のことというもの。

但し、常に不満を感じていたり、パートナーの振る舞いや癖に関してフラストレーションを感じる場合、それは愛が冷めた時を迎えているかも知れません。

細かいことを批判して粗探しをするようになれば、2人の関係が崩れて不満やストレスも多発しやすくなります。

 

 

 


愛が冷めた時は夫婦にも訪れるもの、注意しておきたいその心理状況


 

|  1.2人の距離感を大きく感じ自然に愛が冷めることがある

人生の方向性が一致していないという心理状況。パートナーが違った人生を歩み始めた場合、2人の距離感を大きく感じ自然に愛が冷めることがあるもの。

愛があるパートナーシップは、コミュニケーションをはじめ時間や活動を共にすることで、絆も深まることになります。

パートナーが別の道を選択して、それにより寂しさだったり距離を感じ始めれば、愛の絆も自然に薄れることにもなりかねません。

 

|  2.愛が冷めると興味も湧かず曖昧な感情を抱くというもの

未来に対して関心がないという心理状況。情熱が溢れていた付き合った当初の頃と違い、愛が冷めると興味も湧かず曖昧な感情を抱くというもの。

いわゆるパートナーシップ疲れと呼ばれるもので、関係性に疲れ果てて維持していくモチベーションが下がっている状態です。

 

|  3.外側にある、そんな人生を検討しているというものです

シングルでいることを夢想するという心理状況。シングルでいたいと口に出るのは、現在の関係の外側にある、そんな人生を検討しているというもの。

独身の生活を夢想したり、独身の友人に向かって嫉妬したりのほか、他の人物と付き合うことをイメージしています。

 

運を開いて、愛が冷める時を脱却。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、愛が冷める時を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

愛が冷める時を迎えることもあります。ここでは、愛が冷める時を感じることがあるもの、一旦立ち止まり振り返る具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。