とんでもない人の末路は不安になるもの、話しにならない時の対処策



身の回りを見渡すと、とんでもない人がいるもの。自分が苦手だと感じるような理解できない人との関係は、ストレスになることにもなりかねません。

とんでもない人とは世間一般で言う理解が及ばない人ですが、他の人とは論点が違っていたり、話も通じないといった人。

非常に自己中心的なところがあり、他人の気持ちも分からないので、何かあっても他の人がどう思うのかなど考えたこともありません。

基本的に話は全く聞かないので、会話をするにしても一方通行の話をしてくることにもなりかねません。

なので、そんな理解できない人が側にいるときは警戒も必要になってきます。

ここでは、とんでもない人の末路は不安になるもの、話しにならない時の対処策を紹介しています。

 

 

 


とんでもない人の末路は不安になるもの、話しにならない時の対処策


 

| 1.自分自身と相手の違いを受け止める心構えが大切という

違いを受け入れるということ。とんでもない人と付き合っていくためには、自分自身と相手の違いを受け止める心構えが大切というもの。

人間はそれぞれ異なる価値観を持っているので、自分と異なった考え方を持つ人だったり、苦手と感じる相手に出会うことは避けられません。

但し、そういった違いを受け止めることで、相手との関係を良好に進めることが可能になる、話しにならない時の対処策の一つ。

自分の立場を俯瞰して客観的に見ることにより、相手の意見だったり行動に対して、柔軟な対応ができるようにもなります。

 

| 2.経験があるので、意見や行動の理由を考慮するというもの

意見や行動の理由を考慮するということ。とんでもない人の言動には、その人なりの背景だったり経験があるので、意見や行動の理由を考慮するというもの。

そういった理由を考慮することにより、相手に対する理解も深まり、コミュニケーションが一層スムーズになります。

相手の立場だったり状況に細かく気を配り、適切な対応だったり相談をできるようになることで、とんでもない人との付き合い方も上手になります。

こういった考え方を覚えておくことで、様ざまな人たちとの人間関係をスムーズに構築することができる、話しにならない時の対処策の一つ。

 

| 3.自分自身の立場だったり言葉を適切に表現するというもの

ストレス軽減のコミュニケーション法をするということ。ストレス軽減のコミュニケーション法で大切なのは、相手を理解して、自分自身の立場だったり言葉を適切に表現するというもの。

言葉に気を付けることが重要なポイントで、相手の気持ちだったり立場を考慮して対応を心掛けるのが、話しにならない時の対処策の一つ。

会話の中では相手に質問を投げ掛けて、意見だったり考え方を聞くのも非常に効果的で、これによって対話もスムーズに進んで関係も良好になります。

コミュニケーション時にはリスニングスキルの向上が重要で、相手の話に良く耳を傾け、感情だったり状況を理解することで、ストレス軽減に繋がります。

 

| 4.相手の立場や意見を理解して、尊重することが重要という

とんでもない人が上司や同僚の場合。とんでもない人が上司や同僚で関係を改善するためには、先ずは相手の立場や意見を理解して、尊重することが重要というもの。

上司や同僚とのコミュニケーションをする際は、相手の話に良く耳を傾け適切な助言や励ましを行えば、相手との間に信頼関係を築くことができます。

そのほか、チームワークを積極的に大事にすることで、協力して仕事を進めることもポイントになる、話しにならない時の対処策の一つ。

適切な距離感を維持しながら上司や同僚とコミュニケーションをすることで、互いに助け合って働く環境が整います。

 

 

 


とんでもない人と結婚することもあるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.できないので、周囲の人から何か言われても聞かないと

思い込みが激しいということ。とんでもない人に見られるのが、自分軸で物事を捉えていて視点を変えることもできないので、周囲の人から何か言われても聞かないというもの。

職場の上司に良くみられるように、これまでこうしてきたので一番ベストと、新しい考え方だったり視点で対応することができません。

思い込みが激しく主観で物事を決めつけやすいので、自分の視点から見たことでしか物事を判断できません。

 

| 2.興味を持っている他の人間を、その話に参加させない

会話に他者を参加させないということ。とんでもない人に見られるのが、会話に興味を持っている他の人間を、その話に参加させないというもの。

とんでもない人は自らの話したいことだけを話し、関係のない些細な事柄まで喋り過ぎている状況は多々あることです。

会話の最中に誰かが取り残されたような気持ちになっている、そうしたことに気付くこともないので詰まらない人になりかねません。

 

| 3.他の人の考えだったり発想を受け入れるような器量はない

柔軟な対応ができないということ。とんでもない人は自分の価値観が最優先で、他の人の考えだったり発想を受け入れるような器量はないもの。

特に年配の男性は昔からの経験による自信やプライドを高く持っているので、部下が提案してくる新しい考え方だったり発想に嫌悪感を示すことにもなりかねません。

すぐに昔と比べることも多く、ありえないとか非常識だということにもなりかねません。

 

| 4.話し役と聞き手のリズムが掴めず、極端な会話になりがち

会話のバランスが偏っているということ。とんでもない人に見られるのが、話し役と聞き手のリズムが掴めず、極端な会話になりがちというもの。

いわゆる会話の中のギブ・アンド・テイクにおける非対称性と学術的に呼ばれているものです。

まったく口を開かず相手の話を聞くだけだったり、反対に話を全然聞かず自分ばかりが喋ることがあり要注意です。

 

 

 


とんでもない人生も耳にすることがあるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.その時々の感情だけで一方的に話しをしてくるものです

すぐに感情的になってしまうという心理状況。冷静に客観的な判断ができないとんでもない人は、その時々の感情だけで一方的に話しをしてくるもの。

なので、こちら側がどでほど冷静に対処しても、とんでもない人が支離滅裂になっていて、会話も成立せず水掛け論ということにもなりかねません。

理論的な思考パターンで行動することができないので、正論を言われても感情を爆発させて反論してくる上、自分が間違っていてもなかなか認めません。

 

| 2.相手には非常識な姿に映っているかも知れないというもの

価値観の差が大きすぎるという心理状況。自分が常識と考えていることは、相手には非常識な姿に映っているかも知れないというもの。

人間はこれまで育ってきた環境などにで、価値観だったり考え方がそれぞれに違います。

価値観の差が余りに大きければ、どれほど会話を重ねても、互いが納得することができません。

 

| 3.言葉や態度が不適切で、相手に不快感を与えてしまうと

コミュニケーションに問題があるという心理状況。他者とのコミュニケーション上の問題が起きる場合、言葉や態度が不適切で、相手に不快感を与えてしまうというもの。

相手の立場になり替わり考えることができないので、無意識に自分自身の意見を押し付けることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

側にいる時は警戒も必要になってきます。ここでは、とんでもない人の末路は不安になるもの、話しにならない時の対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。