恥ずかしがりは一見すると面倒臭いもの、順調に向き合っていく具体策



身の回りを見渡すと、恥ずかしがりがいるもの。重要なプレゼンの前だったり好きな人の前など、人目に触れる時に恥ずかしいという気持ちになることがあります。

こうした恥ずかしがりの人は、自分自身の欠点だったり短所を自覚していて、人前で体裁が悪いと感じることが多く照れることにもなりかねません。

恥かしがりやの男性がいたり恥かしがりやの彼女などもいますが、その時々の様ざまなシーンで気詰まりな姿を見せることもあります。

こうした人は非常に内気な傾向があり社会不安を感じやすく、恥かしがり屋を治す方法を探していることがあります。

但し、英語圏で言われるように、恥ずかしがって自己主張をしない人は、意見を持たないとネガティブに捉えられかねません。

ここでは、恥ずかしがりは一見すると面倒臭いもの、順調に向き合っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


恥ずかしがりは一見すると面倒臭いもの、順調に向き合っていく具体策


 

| 1.持てないので、何もせずとも自分の話をすることは苦手

相手のペースに合わせるということ。恥ずかしがりは自信を持てないので、何もせずとも自分の話をすることは苦手というもの。

なので、こちら側が勢いをつけて話すぎてしまえば、恥ずかしがりの人は怖気づいて話せなくなることにもなりかねません。

人間嫌いであるとか友達が要らないなど、話したくないといった訳ではないので、話しのタイミングをつくってあげれば恥ずかしがりな人も会話がしやすくなります。

ペースを合わせて時々話がしやすいよう話題を振れば、上手くコミュニケーションが図れる、順調に向き合っていく具体策の一つ。

 

| 2.相手の目を見て話しをすることが苦手な場合があるという

視線を意識するということ。恥ずかしがりな人は日常の会話をするときに、相手の目を見て話しをすることが苦手な場合があるというもの。

なので、あまり無遠慮に見つめられてしまうと、緊張することになり上手く話せなくなってしまうことにもなりかねません。

様子を良く伺って、相手が目を合わせてくれたようなタイミング狙って動くのが、順調に向き合っていく具体策の一つ。

 

| 3.困っている姿を見た際は、積極的に声を掛けるというもの

困っている際は声を掛けるということ。恥ずかしがりな人と上手く付き合いたい場合、困っている姿を見た際は、積極的に声を掛けるというもの。

但し、普段から毎日のように声を掛けるのではなく、仕事が行き詰っているとか助けが必要な時に親身になって声を掛ければ、恥ずかしがりな人も心を開きやすくなります。

逆に用もないのに日々声を掛けられるのは非常に苦手なので、普段は干渉しないでおくのも、順調に向き合っていく具体策の一つ。

更に、何かを褒める時には、周囲に人がいるようなところではなく、場所を考えて1対1で褒めてあげるようにします。

 

| 4.接してこられれば、どうして良いか分からないというもの

適度な距離感を維持するということ。恥ずかしがりな人にはある程度の距離感が必要で、急に親しく接してこられれば、どうして良いか分からないというもの。

大勢の前で声を掛けるのではなく、一対一になった時に会話するのが良く、恥ずかしがりの人もその方が周囲の視線を気にしないで安心して話せます。

恥ずかしがりな人は、自分から助けて欲しいと言い出せないことも多く、適度な距離感で声を掛けて貰えれば嬉しい、順調に向き合っていく具体策の一つ。

 

| 5.言っていないか、誰かに嫌われるのを気にするというもの

性格を理解するということ。恥ずかしがりの人は空気を読むところがあり、自らが不適切なことを言っていないか、誰かに嫌われるのを気にするというもの。

なので、仕事では無理にグループでするようなことはせず、個人でできるような業務を振って上げれば、非常に能力を発揮することができます。

そういった恥ずかしがりの人の性格を良く理解していくのも、順調に向き合っていく具体策の一つ。

 

 

 


恥かしがりやの意味を掴むことも大事になる、注意しておきたい特徴面


 

| 1.積極的に行動するといった姿勢はあまりないというもの

常に受身の姿勢ということ。恥かしがりやに見られるのが、自分自身に自信がないので、積極的に行動するといった姿勢はあまりないというもの。

こういった受け身の態度はデメリットが多く、ビジネスシーンでは特に不利に働き、分からないことが出てきても上司や同僚に向かって簡単に相談することができません。

色々と頭の中で考えてしまうためアクションを取ることができず、仕事が上手くこなせなかったり、周囲の人たちからの評価も低くなってしまうことにもなりかねません。

 

| 2.抱えていて、欠点として過剰に気に掛けてしまっている

コンプレックスを抱えやすいということ。恥かしがりな人に見られるのが、沢山のコンプレックスを抱えていて、欠点として過剰に気に掛けてしまっているというもの。

内面だけのことではなく外見もコンプレックスを感じることも多く、大勢の前で見られることが恥ずかしいとか見ないで欲しいといったネガティブな考え方をしてしまいかねません。

また自分から話しかけられない恥かしがりな人は、他の人との距離が縮まらないので新しい友達を作るのは苦手で、昔から付き合いがある人といる方が安心します。

 

| 3.相手の目を見て話しをすることができないというものです

目を合わせて話すのが苦手ということ。恥かしがりやに見られるのが、照れてしまって相手の目を見て話しをすることができないというもの。

相手に自分自身がどう映っているかを気したり、恥ずかしいと感じていることを悟られたくない、そうした思いが湧き起こっているからに他なりません。

異性が相手の場合はそれが顕著に現れるので、はどう接して良いかが分からず、俯いたり目をそむけてしまうことにもなりかねません。

 

 

 


恥かしがりやの同じ意味には照れ屋なも、知っておきたいその心理状況


 

|  1.それは本心を悟られたくないといった気持ちからという

本心を悟られたくないという心理状況。恥ずかしがりな人は、他の人との心の壁が厚いところがあり、それは本心を悟られたくないといった気持ちからというもの。

過剰に周囲の人たちの視線を気にしてしまう恥ずかしがりな人は、本心を否定されたり、受け入れられなかった場合を極度に怖れることにもなりかねません。

なので、自らの本心を悟られないよう、向き合った時に心を閉ざしてしまうということにもなりかねません。

 

| 2.触れ合いながら、他人との接し方を徐々に学んでいくと

他人との接し方が分からないという心理状況。多くの人たちは成長していく中で他の人と触れ合いながら、他人との接し方を徐々に学んでいくというもの。

但し、恥ずかしがり人は、幼少期から他の人との接触を避けて来ていることも多く、大人に成長してからも他人とどのように接して良いかが分かりません。

 

| 3.自分自身のことを見て貰いたいといった気持ちも強くある

自分を認めてもらいたいという心理状況。恥ずかしがりな人に限った話ではないものの、自己評価が低い一方で、自分自身のことを見て貰いたいといった気持ちも強くあるというもの。

自分に自信が持てない部分を他の人に認めて貰うことで、不安を紛らわせようといった心境が働いているのかも知れません。

 

運を開いて、恥ずかしがりと仲良く。

開運・お守りなら「たまふり屋」

 

引き寄せの法則で、恥ずかしがりと仲良く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

治す方法を探していることがあります。ここでは、恥ずかしがりは一見すると面倒臭いもの、順調に向き合っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。