陰口を叩く人の心理や特徴を知ることが大事、仕返しに繋げるその方法


職場や学校などでは、陰口を叩く人がいるもの。人間である以上集団生活の中にいれば、悪口や陰口は避けて通れません。もちろん本人の見えないところで言う悪口が陰口ですが、激しさを増していじめになったら頭を抱えることに。

そんな陰口を言う人は職場や友人たちの中にも一人はいて、何故あれほど悪口が言えるのかと不思議に思うこともあります。口を開くといつも陰口ばかりになってしまう人もいて、ストレス発散の如く次から次へと悪し様に言うことに。

そうしたことがあまりに多いと、最終的に陰口を叩ければ何でもいいという風に、周りの人たちにも受け取られかねません。ここでは、陰口を叩く人の心理や特徴を知ることが大事、仕返しに繋げるその方法を紹介しています。

 

 

 


陰口を叩く人の心理や特徴を知ることが大事、仕返しに繋げるその方法


 

| 1.会話に参加してきても無視し話題を考えてやり過ごします

徹底的して無視するということ。陰口を叩く人物は、人の話に耳をか傾けなくても他人からよく思われたいという一面があるもの。

そんなタイプは慕われていることが当然と思っているので、ないがしろにされることは屈辱的なことに。同席せざる得ない局面ししても、会話に参加してきても無視し話題を変えてやり過ごします。これも仕返しの方法の一つ。

 

| 2.自分が言う相手をよく選ぶことが大切、良識がある人間を

陰口を言われた際は、陰口で返すということ。言い訳しないで態度で示すことは、格好いいやり方かも知れません。

ただ、時には自ら自身を弁護することも必要で、陰口を叩かれていることがわかったら、自分も相手に陰口を言い返すというもの。但し、自分が言う相手をよく選ぶことが大切で、良識がある人間を選んで陰口を叩くようにします。

 

| 3.幸せな生活を手に入れることは一番の仕返しというもの

自分磨きをして相手に差をつけるということ。自らを向上させ陰口を叩く相手より、幸せな生活を手に入れることは一番の仕返しというもの。

密かに資格を取得して相手より仕事ができるようになっったり、素敵な異性を見つけて幸せになることなど。陰口を叩く人物と同じ立ち位置に留まるのではなく、自分磨きに励み相手に差をつけることは、自らを成長させることにも繋がります。

 

| 4.自らの良さをアピール、心象を良くして見方を増やして

見返りが返って来ないように注意するということ。陰口を叩く相手に仕返しすることは、今までのストレスが解消されて気持ちが晴れるもの。

但し、相手もただでは済まさずやり返されないよう充分注意することが大切で、自らに見返りがきてしまっては意味がありません。

反撃がきた時のことを考えて、身の回りの人たちに自らの良さをアピール、心象を良くして味方を増やしておくことがポイント。

 

| 5.その時は味方していても乗り換えられる危険性があります

仲間を募って仕返しする時は人選を考えるということ。仲間で徒党を組んで集団報復することも、仕返しする一つの手段というもの。

この際の仲間の人選は充分に気をつけることが重要で、人選を間違えるとその時は味方していても乗り換えられる危険性があります。

更に相談に乗ってもらうとき相談する相手を間違えた場合、両方に良い顔をされこちらの話が筒抜けになることは頭にくるもの。

 

 

 


陰口を言う人には乗らないことが大切なこと、居合わせたときの対処法


 

| 1.露骨に興味がなさそうな表情、つまらない話題という印象

陰口を言っている最中は、話に参加しないということ。一緒にいて愉快な人物には、自らは陰口に興味がない、そんな態度でいることが大切というもの。

陰口が始まってしまったときは、ふーんなどと露骨に興味がなさそうな表情をすると、つまらない話題という印象を与えます。悪口というものは相手方が相槌を打たないと、先に向かって話が弾まないので、先方が盛り上がらないようにすることが重要。

 

| 2.どんな誹謗中傷を繰り出すのかなど愉しんでみるのも対処

同じ立場で話をしないということ。興味や関心がない態度を表に現わせないケースでは、自身が広い心になるしかないもの。

例を挙げると、陰口を言う人の話が始まった際、今日はどんなことを言うのかとか、どんな誹謗中傷を繰り出すのかなど愉しんでみるのも対処法の一つ。陰口を肯定して乗っかるのでなく、客観的な目で物事を見てみると悪口自体も聞き流せることに。

 

| 3.聞いているのが辛い状態ならフェードアウトを考えても

陰口を叩く人物から、距離を置くということ。悪口をいったりや陰口を叩くグループや人物がわかっているケースでは、立ち入らないようにすることが良策というもの。

何らかの事情で参加してしまった際は、口を開かないことはもちろん、相槌なども打たないようにします。また参加するだけで自らの良心レベルも下がるので、聞いているのが辛い状態ならフェードアウトを考えてもいいかも知れません。

 

| 4.ミスを指摘されたり業務上の粗探しをされるというもの

不安感や嫉妬が陰口の原因ということ。困惑するのは仕事上の陰口やいじめで、何回もミスを指摘されたり業務上の粗探しをされるというもの。

こんな陰口の出発点には、仕事のできる人に向かっての嫉妬をはじめ、自身の仕事を奪われるのではという不安感があります。余りに露骨な場合、記録を具体的に残すことが重要で、外部のカウンセラーや人事担当に相談するのがベター。

 

| 5.人格自体を傷付ける、辞職に追い込むなど職場環境を悪化

モラハラということ。モラル・ハラスメントは言葉や振る舞いなどで、人の尊厳や人格等を深く傷付けるというもの。

定着した感のあるセクハラと比べると新しい概念ですが、一緒に働く人の人格自体を傷付けることで、辞職に追い込むなど職場環境を悪化させることに。

職場の陰口やいじめが酷い場合には、明確にモラル・ハラスメントに該当するので、自分一人で悩まずに友人や専門家の意見を聞いてみます。

 

 

 


陰口を叩く意味を知ることが必要なこと、そうした人物の心理的な面


 

| 1.悪し様に言うこと、腹の虫がおさまらない気持ちを晴らす

陰口を叩くことで、ストレス解消しているという心理。職場や友達仲間にも、必ずと言っていいほど陰口を言う人がいるもの。

これはストレス解消に近いもので、誰かを悪し様に言うことにより、腹の虫がおさまらない気持ちを晴らすことに。陰口を叩いた人が仲間外れになったりすると、気持ちが晴れ達成感のような気分を味わいます。

 

|  2.わざと陰口を叩くことでコンプレックスを隠そうとします

自身の劣等感を隠そうとする心理。他の人に対して自らの弱みを見せることができず、皆が見ている前では強がる人がいるもの。

弱みを見せるともてあそばれたりすることもあり、他人からどう見られているか不安で仕方がないということ。もともとはそんな小心者ですが強く見せるため、わざと陰口を叩くことでコンプレックスを隠そうとします。

 

| 3.陰口を言い合うことで、意見が一致して仲良くなれた気が

共通の敵を持つことで、仲良くしたいという心理。職場や学校など多くの人々が集まる所では、仲良くなるための切っ掛けが必要というもの。

誰かをターゲットにして陰口を叩くことで、何となく周りと打ち解けたような不思議な感覚に陥ります。陰口を言い合うことで、意見が一致して仲良くなれた気がする、そんな効果を狙う心理。

 

| 4.話ができるようになり、存在価値はここしかないと勘違い

認められたいという心理状態。これと言って特技や趣味を持ち合わせてなく、自慢できるものがない人物がいるもの。

そんな人が陰口を叩くことで、周囲の人たちと話ができるようになり、自身の存在価値はここしかないと勘違い。間違った方向に向かっているとは自分自身では気が付かず、陰口を言うことは必要なことだと考えています。

 

 

 


陰口を叩く上司も稀にはいるもの、知っておきたい詳しい特徴的な面


 

| 1.悪く言われていると思い違いし、必要以上に先方の陰口を

被害妄想が激しく、ネガティブ思考ということ。些細なことで自身が悪く言われていると思い違いし、必要以上に先方の陰口を言うもの。

自らが陰口を叩かれているという被害妄想的なもので、相手側がそうなら自分も仕返しするということ。

 

2.自身の方が上にいるという優位な気分になれるのが理由

人と比べる癖があるということ。相手側が自分より優れているか劣っているのか、見定めることが癖になっていというもの。自分自身よりも立場が下の人物であれば、自身の方が上にいるという優位な気分になれるのが理由。

 

| 3.考え方に柔軟性がなく、思い込んだ一心不乱というもの

意見を変えようとしないということ。陰口を叩く人の特徴の一つにあるのが、考え方に柔軟性がなく、思い込んだら一心不乱というもの。周りの人がどんな助言をしても自らを信じて疑わず、一旦思い込んだら事実の確認をすることはしません。

 

| 4.注目を集める人物が現れる、その相手を陥れようと陰口を

負けず嫌いでプライドが高いということ。どんな事であっても自らは、他人より上の位置にいたいと考えているというもの。なので、自分より注目を集める人物が現れると、その相手を陥れようと陰口を叩くことに。

引き寄せの法則で、陰口を叩く人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

あれほど悪口が言えるのかと不思議に。ここでは、陰口を叩く人の心理や特徴を知ることが大事、仕返しに繋げるその方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。