迷惑な人の末路が気に懸かるもの、相手にしないで撃退する具体的方法



身の回りの近いところにも、迷惑な人がいるもの。相手にしない方が良いとも言える人間関係のストレスは、自分自身に大きな影響を及ぼします。

職場にしても恋愛や友人関係にしても、迷惑な人に出会ってしまった場合、ネガティブな感情に振り回され心が疲弊してしまうことに。

特に相手にしたくない迷惑な人たちというと、いじめてくる職場関係の上司やモラルハラスメント男に、陰口ばかり言っている友達などがいます。上司という立場を利用、業務内容を教えてくれなかったり、露骨な嫌味を言って足を引っ張る場合もあり要注意。

モラハラ男も言葉や態度で人格を傷つけるようことをし、端から見ても迷惑千万なのは明らかなところですが、そうした迷惑な人を遠ざけるやり方を知っておくと役にたちます。

ここでは、迷惑な人の末路が気に懸かるもの、相手にしないで撃退する具体的方法を紹介しています。

 

 

 


迷惑な人の末路が気に懸かるもの、相手にしないで撃退する具体的方法


 

| 1.相手側の問題と認識、気を遣ったり機嫌をとったりしない

軽率に自らが悪いと思わないということ。単純に悪いと指摘されたからと鵜呑みにしないことが大事で、罪悪感を持てば更に攻撃を受けるというもの。

いじめられたり暴言を吐かれたりしても、飽くまで相手側の問題と認識し、気を遣ったり機嫌をとったりはしません。構うことで余計に振る舞いが酷くなるので、何かを言われても感情的に反応しないで、淡々と対応し放っておくのが一番。

 

| 2.同じ視線で反論したり、悪口を言って反撃することになる

相手と同じ舞台の上に立たないということ。同じ立場に立つということは、相手サイドと同じ視線で反論したり、悪口を言って反撃することになるもの。

相手と同程度のレベルのようなことをした場合、思いがけず自らの評価を下げてしまうことにもなりかねません。

同じ土俵の上に立ってやり返し罪悪感を持つことのないよう、落ち着いて冷静に対処するのが、相手にしないで撃退する具体的方法の第一歩。

 

| 3.喜怒哀楽の表情を見せず、感情的反応をしないことが一番

感情的反応はせず、物理的に距離を置くということ。モラハラ男には喜怒哀楽の表情を見せず、感情的反応をしないことが一番の撃退法というもの。

自身の支配下にある弱い女性と認識されないようし、連絡を減らしていくなど物理的に距離を置くことが重要。それでも執拗に迫ってくる場合、絶対に連絡を取らないと決め、電話にも出ずメールも見ないよう徹底します。

 

| 4.上司の態度を大人げないと思っている、迷惑行為に対抗

接触を最小限にし、味方を募るということ。迷惑な職場の上司などに嫌がらせをされた場合、できる限り反応を見せず淡々とやり過ごすというもの。

変に気を遣ったり緊張すると逆効果なので、なるたけ関心を向けないようにすることで、仕事だけに集中し上司との接触は最小限度に抑えます。

次に職場内で味方になってくれる人を募ります。良識ある人物であれば、上司の態度を大人げないと思っているので、迷惑行為に対抗する繋がりを作ります。

 

| 5.信用を失い周りから人がいなくなるのが、迷惑な人の末路

自らの情報を明らかにしないということ。他人の悪口を言う友人は、常に他人のあら探しをしているので、個人的な話はしないというもの。

なので、中途半端に関わり合いを持ち、自身の情報を明らかにしてしまうと、陰口のネタとして使われる恐れがあることに。

聞かれたこと対し正直に答える必要はなく、適当に誤魔化します。いずれ信用を失い周りから人がいなくなるのが、こんな迷惑な人の末路。

 

 

 


迷惑な人は電車などでも出会うもの、知っておきたい詳しい心理状況


 

| 1.部下をいじめることにより自尊心を満たし、安心感を得る

攻撃することで優位に立ちたいという心理状況。いじめてくる職場の上司の場合、部下をいじめることにより自尊心を満たし、安心感を得ようとしているもの。

部下が至らないので指導をしているなどと、さまざまな理由をこじつけて自分自身を精一杯正当化します。但し、本当のことを言えば自らに自信が持てず、相手を攻撃することでしか自身が優位に立つことができません。

 

| 2.自らに自信が抱けず劣等感が強いというのが特徴という

相手を支配したいという心理状況。暴言を吐くモラルハラスメント男は、自らに自信が抱けず劣等感が強いというのが特徴というもの。

そんな自らを受け入れることができず、暴言を吐き相手を動揺させ、思惑通りにコントロールしたいという欲求があるから。相手を自分自身のコントロール下に置くことで、優越感を感じたいというのが胸の内の一つの心理。

3.残っているプライドも傷付いて、更に攻撃的な態度に出る

相手の評価を下げ安心したいという心理状況。悪口や陰口を言う友人というものは、相手側の評価を下げることで勝とうとするもの。

相手が自分より勝っていると感じると、残っているプライドも傷付いて、更に攻撃的な態度に出ることに。陰口などを言って自らの意見に同調する人を探し出し、自らが間違っていないと安心したい心理状態があります。

 

 

 


職場などでも相手にしたくないもの、迷惑な奴や迷惑な人の特徴的な面


 

| 1.苦手な人とやり取りしたり、理不尽な目に遭うこともある

悪口や愚痴ばかり言うということ。仕事をしている以上、苦手な人とやり取りしたり、理不尽な目に遭うこともあるもの。

だからといって、周らに対して愚痴ばかりこぼしたり、特定の人物の悪口ばかりを口にしていると、迷惑この上ないことに。仕事で嫌なことが続くと、つい愚痴っぽくなることもありますが、周りの人たちが引いていないか、客観的に確認することも必要。

 

| 2.気分の良し悪しを態度に現わされる、周囲は迷惑するもの

機嫌の上下が激しいということ。人間誰しも気分の浮き沈みはありますが、あからさまに気分の良し悪しを態度に現わされると、周囲は迷惑するもの。

機嫌が良い時は作業中でもお構いなく口出しするのに、機嫌が悪い時は挨拶しても無視するといった具合。大人であれば、ある程度は自らの機嫌は取り繕って欲しいもので、周囲から面倒な人物と認定されてしまうことになりかねません。

 

| 3.詮索したり、ここだけの話と人の噂話を広めるというもの

噂好きということ。女性に多いのが周りの人のプライベートを色々と詮索したり、ここだけの話と人の噂話を広めるというもの。

噂話は蜜の味という言葉もあるように、盛り上がる側面があるのかも知れませんが、そうした人は段々と敬遠されることに。

必要以上に他人のことを詮索しないのが、職場の大人同士のマナーというもので、迷惑な人の哀れな末路になりかねません。

 

| 4.臭いや五月蠅いと思われていないかは、チェックが必要

音が五月蠅かったり匂いがきついということ。パソコンを叩く音だったり、お菓子などを食べているときの音など、発する音がうるさいと迷惑がられるもの。

ほかにもスメルハラスメントという言葉もあるように、香水の匂いがきつかったり、夏場などに体臭が酷いなどといった匂いの問題も。これらは当人に自覚がないことも多く、周囲に臭いや五月蠅いと思われていないかは、今一度チェックが必要。

 

| 5.昼休憩に2時間掛けるなど、サボっているのではと疑われ

就業中なのに離席していることが多いということ。業務時間中に仕事以外の目的で離席している時間が長い場合、周囲からの反感を買い迷惑がられるもの。

煙草休憩が長かったり、トイレにやたらと化粧直しに行ったり、昼休憩に2時間掛けるなど、サボっているのではと疑われます。

適度な休憩というものは必要ですが、仕事をしていないと認定されてしまい、迷惑のトップに立つ対象にもなりかねません。

引き寄せの法則で、迷惑な人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

ネガティブ感情に振り回され心が疲弊。ここでは、迷惑な人の末路が気に懸かるもの、相手にしないで撃退する具体的方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。