タイミングが悪いときになぜお腹が鳴る、その理由とすぐできる対策


デートで2人きりのときや大事なミーティングの最中など、突然お腹が鳴り恥ずかしい思いをした経験は誰しもあるもの。緊張すればするほど鳴ってしまいがちなお腹の音ですが、基本的には空腹時。

なので衝動的にお腹を引っ込めたり、息を押し殺してしまったりするのは、現実的には無意味な行動。こうした行動をとると、より一層の空気を次の消化器へ運ぶことを促し、状態を悪化させる可能性もあり注意が必要です。

ただ自分では制御できないこの音は、空腹なわけでもないのに鳴ることもあります。例えば、午後の昼食と夕食の間にある時間帯。このタイミングは昼食を食べ終えてしばらく経ち、もう一度お腹が空いてくるほどではない頃。

ここでは実際には良いこととされる、タイミングが悪いときになぜお腹が鳴る、その理由とすぐできる対策を紹介しています。

 

 

 

 


実際はとてもいいこととされる、なぜお腹がぐるぐる鳴るのかの理由


 

| 1.トイレを流す働き、音が鳴ることを免れることはできない

第一にあげられる原因は、腸が清掃機能を活性化させ、残っている内容物を一掃しようとするもの。この動きは伝播性消化管収縮運動と呼ばれ、素早く腸をキレイにしようとする動きです。

こうすることで腸を次の食事に向け支度させることになり、お腹が鳴るのは的確な生理的プロセス。本質的に身体にとりトイレを流すような働きなので、同じように音が鳴ることを免れることはできません。

 

| 2.乳糖が消化されない状態、ラクターゼという酵素が減る

ヨーグルトや牛乳を摂取することにより、お腹がぐるぐるしたり、ごろごろする場合があります。これは乳糖不耐(にゅうとうふたい)という可能性があります。乳糖分解のラクターゼという酵素が減って、機能低下が起こり、乳糖が消化されない状態。

そうした理由で、腸から吸収されることなくガスが発生、お腹が鳴る可能性が考えられています。乳糖不耐症は先天的なものと、後天的なものの両者があります

 

| 3.モチリンという名のホルモン、字のごとく胃腸運動を刺激

空腹感は波状攻撃で、90分から120分間隔で繰り返し発生します。この消化管の運動を調整しているのが、十二指腸から分泌されるモチリンという名のホルモン。由来はモチリンのモチは運動で、リンは刺激するという意味。読んで字のごとく、胃腸運動を刺激するホルモンです。

このモチリンが空腹の時に分泌されると、胃は身をよじるようにし空腹期収縮を起こします。それを契機にお腹が鳴る音が発生。

 

| 4.体外へガスを放出できずに溜まることで、お腹が鳴る事例

妊娠初期の頃にお腹が鳴るのは、腸内ガスの働きや脈動(みゃくどう)によるものとされています。妊娠すると血液循環が良くなるため、妊娠する前よりも脈動(みゃくどう)を感じる場合が多くなります。

また、腸のぜん動運動が低下している場合、体外へガスを放出できずに溜まることで、お腹が鳴る事例もあります。

 

| 5.ミルクや母乳が入ると、消化するため胃腸が活動を活発化

新生児の赤ちゃんのお腹がぐるぐる鳴る理由は、腸内に元々ガスが溜まりやすくなっているからです。そんなところにミルクや母乳が入ってくると、消化するため胃腸が活動を活発化

すると、流れていないガスが動き出すことにより、お腹がぐるぐる鳴ると考えられています。お腹が減っていない状態なら、放っておいても大丈夫で、赤ちゃんが不機嫌ならお腹周りを優しくマッサージ。

 

 

 

 


体調不良の兆しかも知れない、心配な症状から見るお腹が鳴る際の病気


 

| 1.お腹がぐるぐる鳴るような疼痛が発生、過敏性腸症候群

お腹が鳴る際に吐き気があったり、気持ち悪かったりする場合は、過敏性腸症候群に疑問の眼差しが向けられます。

腸が動き出すときに、お腹がぐるぐる鳴るような疼痛が発生し、ガスが出たり下痢症状などが起こるケースも。ほかにも、ノロウイルス感染症などや、食中毒などの細菌性腸炎の場合に、嘔吐や吐き気を伴います。

 

| 2.小腸内細菌過剰繁殖症、良くない細菌が異常繁殖すること

最近注目されているのが、小腸内細菌過剰繁殖症。小腸内に良くない細菌が異常繁殖することでガスが発生するもの。消化管の運動不全が起こりの一つとされ、腹部の膨満感や音、下痢などの症状が出ます。空腹期収縮に腸をみっちり動かすことで、お腹の中をキレイにして、このような病気の予防をします。

 

| 3.精神的身体的ストレス、腸の働きが狂い腹部に悪影響発生

胃腸は自律神経により役割を果たしています。お腹が鳴ったり、下痢や便秘などの腹部症状が現れるのは、ストレスが原因のこともあります。疲労過多をはじめ、精神的身体的ストレス、生活習慣の乱れなどがあると、腸の働きが狂い腹部に悪影響が発生。

食物を取り込む際お腹が鳴る場合は、腸内でガスが発生している可能性もあり、食物が腸を通りぬけるとき音が鳴ります。

 

| 4.腸内にガスが滞留しやすくお腹が鳴る、女性に多い冷え性

女性の場合生理が始まると、プロスタグランジンの分泌で子宮が収縮。下腹部痛を伴なった下痢が起こりやすい状態になります。下痢を起こすことは、体内にある有害物質を迅速に排泄しようと、猛スピードで腸が収縮するため、お腹が鳴ることが発生。

他に女性に多い冷え性は、腸内にガスが滞留しやすく、お腹が鳴る事例があると考えられています。

 

 

 

 


誰にも気づかれることなく、すぐさまお腹の鳴る音を止める対策方法


 

| 1.空洞のスペースを小さくし、胃の運動を一時的にストップ

すぐさまできる対策として、お腹が鳴りそうと思ったとき、迷うことなく背筋を伸ばすこと。お腹の中は腹腔と呼ばれ、空洞となっています。なので背筋を伸ばすことにより、空洞のスペースを小さくして、胃の運動を一時的にストップする事ができます。

誰にも気づかれず済ますには、そっと背筋を伸ばすこと。恥ずかしいからと猫背になるのは、逆効果なので注意。

 

| 2.腹式呼吸の要領、身体の内側から胃を押さえつける方法

大きく 空気を吸い込んで、お腹を膨らませることも有効。空気を吸い込むことで横隔膜が下がるので、胃の収縮運動を中断させることができます。一般に言われる腹式呼吸のような要領で、お腹を膨らませ身体の内側から胃を押さえつける方法。

さらに息を吸い込んだ後、背中を軽く叩けば、胃の空気をに送ることができます。こうして、空気の振動音を事前に食い止めることができます。

 

| 3.お腹の音にも効果大、色々な効き目の合谷(ごうこく)

人差し指と親指の間の、親指の付け根部分にある合谷(ごうこく)と呼ばれるツボを押すのも有効な対策。
左手のであれば、右手の親指と人差し指を使い、挟むように力を入れて押します。

そうすれば直前でお腹が鳴るのを抑えられたリ、鳴ったとしても相当に音を抑えられるので、周囲の人に気づかれないで済みます。色々な効き目がある合谷(ごうこく)ですが、お腹の音にも効果大。

 

| 4.両腕で胸の方に向け、膝を寄せて上体を起こすというもの

ガスを排泄するポーズが有効という場合もあります。これは仰向けの状態で寝転がり、両手で両膝を抱えます。次に息を吐きながら、両腕で胸の方に向け、膝を寄せて上体を起こすというもの。

太ももを下腹の方に押し付けて、お尻を上げるように5回ほど呼吸を繰り返します。ダイエットをしているときに効果。

 

| 5.どちらを優先か迷うのが難点、お腹の音とゲップをする音

逆転の発想で、お腹の鳴る音の対策に成功したのは、ゲップをするという方法。空腹のときには胃の中にたくさんの空気があり、出しやすいとされます。ただゲップは少し下品なので、席を外せるときにトイレなどでします。

胃の中の空気が減少することで、お腹が鳴るのを軽減させる効果。お腹の音とゲップをする音の、どちらを優先するのか迷うのが難点

お腹まわりの漢方。

気になるお腹まわりの脂肪に!漢生爽楽

 

まとめ

お腹が鳴り恥ずかしい思いをした経験は誰しもあるもの。ここでは、タイミングが悪いときになぜお腹が鳴る、その理由とすぐできる対策を紹介しました。機会があれば、ぜひお役立てください。