オンオフの切り替えが上手くできない人の特徴と、対応するための方策


オンオフの切り替えが思ったとおりにいかず、消極的な考えを長引かせることもあるもの。気分が落ち込んだりした状態が続くと、さらにストレスが積み重なってしまい、プライベートにも仕事にも悪く影響してしまいます。

ネガティブな発想がさらにネガティブな状態を作りだし、ひどい場合にはとなる可能性も発生。気持ちをセンス良く切り替えるには、日常生活からオンオフの切り替えが容易な生活習慣を体得しておくことが大事。

そもそもオンオフの切り替えというのは、プライベートのオフ状態の時に仕事を持ち込んだりせず、仕事の時の自分と区別すること。プライベートと仕事のいずれもを充実させるには、オンオフ状態の自分の傾向を切り替えることが求められます。

ここでは、オンオフの切り替えが上手くできない人の特徴と、対処するための方策を紹介しています。またオンオフ現象という言葉がありますが、こちらはパーキンソン病で使われる薬の効果を表わす症状。

 

 

 


苦手なことが多い、オンオフを制御するスイッチが入らない人の特徴


 

| 1.優先順位を付けることが苦手な人、心身の疲れがとれない

物事に対して、優先順位をつけていくのが苦手なこと。日常の仕事に追われるなかで、効率よく仕事を片づけていくには、業務に関して優先順位をつけることが大切。

優先順位を付けることが苦手な人は、抜かりなく時間内に務めを果たせず、仕事を家に持ち帰ることになってしまいます。

そうなると、仕事をプライベートに持ってくることになり、オンオフの切り替えが困難になります。すると心身の疲れがとれないので、次の日の仕事に悪影響

 

| 2.時間の区切りの感覚がない、オンオフの切り替えが難しく

時間管理が苦手な人というのは、プライベートと仕事の間で、時間的な区切りをつけることができません。そのため、プライベート中でも仕事のことを考えてみたり、現実に仕事をしたりします。

このオフモードでの仕事は効率が落ち、さらに仕事に時間がかかるので時間管理が困難に。時間の区切りの感覚がないことは、だらだらとプライベートや仕事を過ごし、オンオフの切り替えが困難になります。

 

| 3.気分転換が都合よく出来ない、頭の中が仕事のことで一杯

気分転換が苦手な人。常に仕事のことを考え気分転換ができない、そんな人はオンオフの切り替えが困難。

何故かと言えば、頭の中が仕事のことで一杯となっていて、プライベートタイムでもその状態が続くためです。気分転換が都合よく出来ないと、プライベートで心身ともに休めません。こちらも次の日に悪影響

 

| 4.整理されない状態、リラックスして休息をとることは困難

整理整頓ができないで、自分のデスクの周囲が散らかっているタイプ。整理整頓ができないと、目前の作業や仕事に集中できず、注力すべき活力が他に分散し作業効率が低下します。

また、自宅でも部屋が整理されていない状態では、リラックスして休息をとることは困難。整理整頓が苦手な人は、自然に仕事が遅延したり家でも寛げず、オンオフの切り替えが出来ません。

 

| 5.否定的な気持ち、オンオフ切り替えの心の余裕もなくなる

失敗やイライラしたことなどを、引きずる傾向のある人。プライベートでの嫌な出来事や、仕事での失敗を長く引きずることで、マイナス思考に陥りオンオフの切り替えが困難になります。

これは否定的な気持ちになると、悪い方向にどんどん物事を考えていってしまうため。プライベートや仕事のオンオフ切り替えの、心の余裕もなくなっていきます。

 

 

 


仕事もプライベートも満足できる、切り替える際のオンオフの対処法


 

| 1.当て嵌まりそうなスイッチを作成、オンとオフを切り替え

オンオフの切り替えを進めるため、自分なりのオンオフの切り替えスイッチを作成すること。例を上げると、一歩でも職場を出たときや終業時間が来たときはオフモード。帰宅した時点でプライベーなど、当て嵌まりそうなスイッチを作成。

ほかにもメガネとコンタクトレンズの使い分けをしたり、仕事とプライベートでは大きく服装の雰囲気を変えてみたりと、さまざまなオンオフ切り替えスイッチが役立ちます。

 

| 2.目標や時間の区切りに活用、タイムテーブルを設定する

仕事の目標を明白にし、それに向けてタイムテーブルを設定することは、仕事に消費する時間を確認することに役立ちます。目標や時間の区切りをつけておかないと、漫然と作業をこなすだけとなったり、業務終了までに多くの時間がかかることになります。

そのためタイムテーブルを設定することが重要。オンとオフの切り替えをするにあたり、目標や時間の区切りに活用することができます。

| 3.20分程度の仮眠は、パフォーマンス向上の研究結果も

相応の休息をとるということ。当てもなく過ごしてしまったり、頭がすっきりせず考えがまとまらない時もあります。そうした場合は、できる範囲で相応の休息をとると、オンとオフの切り替えには良いこと。

特に仮眠は、パフォーマンス向上の研究結果も出ています。長時間寝てしまうと、夜の睡眠に影響があるので、15分から20分程度の仮眠でオンとオフを切り替え。

 

| 4.自分へのご褒美を用意、オンオフの切り替えが意図的に

オンオフの切り替えが充分できないときは、一旦意識してリセット。先ず趣味や自分が楽しいと感じることを行い、気分を切り替えます。運動をしたり、読書をしたり、映画を見るなど、自分の好きなことを思い通りやってみます。

他にあるのは、自分へのご褒美を用意しておくという方法。掲げていたノルマや目標を達成した後、仕事帰りに買い物をしたり、美味しいもの食べに行くといったこと。オンオフの切り替えが意図的にできます

 

 

 


複数を履きまわすのがより良い感じ、愛着がわくオンオフ使える革靴


オンオフ制御とも関連がありますが、オンオフ使える革靴というのも話題になるものの一つ。日々の激務をともにするからこそ、愛着が湧く革靴を選択したいもの。

しかし、こだわりが強すぎると1足のみということになりますが、本来は3足ほどの複数を履きまわすのがより良い感じです。

 

| 1.履いた革靴の空気を入れ換え、清潔な状態を保持するため

普段革靴を履いているだけでも、足がかくはかなりの量になります。靴下により埋め合せしているといっても、毎日のように同じものを履き続けると、それにともない革靴への負担が増大。

履いた革靴の空気を入れ換え、清潔な状態を保持するためには、やはり何足かの革靴を代わる代わる使うのが望ましいことです。

 

| 2.負担を減少させるため、1度履いた革靴は中休みが必要

革靴に使用されているレザーは、日々の悪い影響を敏感に捉えます。これが重なっていくと、劣化が進んだり、皮革ならではの光沢感を失くしたりと、品質低下に繋がります。なので少しでも負担を減少させるため、1度履いた革靴は中休みさせることが必要。

そのため複数保持することで、お気に入りの靴を1軍に、休日でも履けるカジュアルタイプの革靴を2軍といった、コーディネートが可能になります。

靴クリーニング。

靴クリーニング・丸洗いの全国宅配[くつリネット]

 

まとめ

切り替えが思ったとおりにいかず、消極的な考えを長引かせることもあるもの。ここでは、オンオフの切り替えが上手くできない人の特徴と、対応するための方策を紹介しました。何かの機会に、ぜひお役立てください。