目の敵にされるのは因果応報かも知れない、上手く対処していく方法



身の回りにいる人から、目の敵にされることもあるもの。これといった原因を考えても思いつかず、憂鬱な気持ちになることにもなりかねません。

もともとの目の敵の意味というのは、何かにつけ目障りで敵意を抱いて憎く思う相手のことです。もちろん目の敵にされやすい人というのもいて、損得勘定や好き嫌いで相手への態度を豹変させてしまう、そういったタイプはの評価は低くなります。

なので、目上の立場の人を煽て上げたり、目下の人間に横暴な態度を見せていると、性根が腐っていると思われ目の敵にされることになりかねません。

また、証拠のない噂話や陰口ばかりをしている人も、相手に敬意を払えない証拠で、目の敵にされやすいところがあります。

ここでは、目の敵にされるのは因果応報かも知れない、上手く対処していく方法を紹介しています。

 

 

 


目の敵にされるのは因果応報かも知れない、上手く対処していく方法


 

| 1.厳しい態度で迫るケースは、一向に状況の改善は望めない

なぜ目の敵にされたのか原因を考えるということ。事実を気にしないで厳しい態度で迫るケースでは、一向に状況の改善は望めないもの。

距離を置き目の敵にされたのはどんな理由によるものかを、自分自身で細かく分析して見ることが重要。原因が理解できれば自ずと上手く対処していく方法も見えて来るので、分からないまま遮二無二に行動するのは避けるようにします。

 

| 2.嫌われない自分自身に変わるため具体的な努力が必要と

原因改善の努力をするということ。目の敵にされる原因が明白になった場合、嫌われない自分自身に変わるため具体的な努力が必要というもの。

一旦目の敵にされたからとどうしても改善しないということはなく、できない時は後の人生で良い人間関係を構築することは難しくなります。

努力する姿勢は目の敵にされている状況を打破するだけでなく、周囲に好印象を持たれるので諦めないようにします。

 

| 3.判明しても、相手側の感情で嫌われている可能性もある

できる限り関わらないようにするということ。目の敵にされている理由が判明しても、相手側の感情で嫌われている可能性もあるもの。

こうしたときは自分自身が改善するのではなくて、相性の問題になるので改善は難しいかも知れません。相性の不一致で目の敵にされている場合、気にしないようにして、今後はできる限り関わらないようにします。

 

| 4.されている原因が、相手の悪い性格に関係することもある

上手く聞き流し気にしないということ。目の敵にされている原因が、相手の悪い性格に関係することもあるもの。

嫌味や悪口を言われるケースでは、聞き流して気にしないようにすることが最善です。そういった人物と仲良くする必要はないと考え、もっと誠実な人と親しく付き合うことの方が大切。

 

| 5.目の敵にしているか、見分け方が分からないということも

直接本人に聞いてみるということ。なぜ自分を目の敵にしているか、見分け方が分からないということもあるもの。

そうした時は曖昧な心理状態に甘えないで、直接相手に対しどう思っているのか、なぜ目の敵にしているのかなどを率直に尋ねてみます。

直接聞くのが難しいケースでは、LINEなどを使って聞いてみるのも良く、傷付くこともありますが、原因を知ることからで改善に出発します。

 

| 6.分かって貰える場合、事態は一気に好転するというもの

自ら歩み寄っていくということ。自分自身の良い部分を分かって貰える場合、事態は一気に好転するというもの。

目の敵にされている明確な箇所があるとしても、全ての面において全く評価して貰えないということはありません。

相手のことを褒めたりするのはもちろん、自ら近寄っていき、色んな良い部分が沢山あるということきちんと見て貰えるようにします。

 

 

 


目の敵にするのは様ざまな時がある、覚えておきたい心理やタイミング


 

| 1.誘われても不思議ではないとき、誘って貰えないという

自分だけ誘われないという時。同じコミュニティ等で誘われても不思議ではないとき、誘って貰えないというもの。

同じコミュニティーで何らかのイベントがある場合、全員参加というときに自分だけ声が掛からないというケースです。

こういった時は仕切っている人物が一緒にいるシーンをできる限り少なくしようとしていて、目の敵にされている可能性が高くなります。

 

| 2.取りたくない、そんなリアクションを起こすことがある

SNSの繋がりを拒否された時。目の敵にする人は個人的な意思疎通を取りたくない、そんなリアクションを起こすことがあるもの。

仕事関係での付き合いがあったり職場が同じであったりと、親しくなる機会が多い相手に見られるところ。連絡先を聞いても言い訳をして、教えてくれないようなときはプライベートでの付き合いを拒否しているというもの。

 

| 3.職場の雰囲気にも影響を及ぼしていることもあるものです

明らかに自分だけ低い評価を受けた時。目の敵にされていることが、職場の雰囲気にも影響を及ぼしていることもあるもの。

周りの人たちが高く上司に評価されていて、自らの評価が特別低くなっていると、わざと下げられてると感じてしまいかねません。成果もきちんと残しているケースでは、自分のことを目の敵にして評価を下げてるとしか思えません。

 

| 4.接触する場合、常に事務的な対応を取られるというもの

プライベートの話をされない時。職場上の付き合いで接触する場合、常に事務的な対応を取られるというもの。

色んなところで、何らかの個人的な話をしたりするのが、一般的な人間の付き合い方です。目の敵にする人は敢えてプライベートな話をしないことにより、関心がないことを前面に出してきます。

 

 

 


目の敵にされる意味を掴むことも大事、知っておきたいそんな人の特徴


 

| 1.良い感情は持てないばかりか話したいとも思わないもの

独善的な発言が多いということ。いつも自分が得するように振舞うと、良い感情は持てないばかりか話したいとも思わないもの。

人間は公平な立場を望むことも多く、自分勝手な発言や振る舞いは避けられる要因にもなりかねません。独善的な考え方や意見を主張する習慣があるからこそ、目の敵にされやすい人になってしまいます。

 

| 2.嫌われる要素ともなり得るのが勤務態度というものです

面倒な事を人に押し付けようとするということ。職場での普段の行動で、嫌われる要素ともなり得るのが勤務態度というもの。

嫌な仕事や面倒臭い事を全くしようとせず、言い訳をし他の人間に押し付けようとします。普通の人はそうしたデリカシーのなさに呆れて、目の敵にされることにもなりかねません。

 

| 3.感謝の言葉を言わなかったり、気持ちを示さないという

感謝の気持ちがないということ。日頃からほとんど感謝の言葉を言わなかったり、気持ちを示さないというもの。

こうした人物は他人を気遣う心がないというレッテルを貼られ、低評価しか受けられなくなります。感謝を口にしたり笑顔で気持ちを表すことは、目の敵にされないためにも大切。

 

| 4.ありがちですが、責任感があるかないかを問われるという

責任転嫁をするということ。職場の人間関係の人にありがちですが、責任感があるかないかを問われるというもの。

誰かに責任転嫁してしまうと、ひょっとすると自分の責任にされるのではと周囲が感じ、避けられてしまうことになります。失敗を誰かに押し付ける態度は見ていて不愉快にで、周りから目の敵にされることにもなりかねません。

 

引き寄せの法則で、目の敵にされるのを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、目の敵にされるのを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

憂鬱な気持ちになることになりかねない。ここでは、目の敵にされるのは因果応報かも知れない、上手く対処していく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。