影が薄い人は因果応報かも知れない、存在感を強め抜け出していく方策



身の回りを見渡すと、影が薄い人がいるもの。影が薄いとされるのは、印象が弱くて存在感がないという言葉に表されます。

影が薄い人の原因はスピリチュアルな面も含めて色々ありますが、なぜかといえば外見や内面にその傾向があります。

幾度も会っているにも関わらず、その印象が薄くなかなか顔を覚えてもらうことができません。更に顔だけでなくて、名前さえも覚えてもらえないという悩みは、影が薄い人のあるあるです。

また影が薄い人は引っ込み思案なこともあり、ネガティブな考えに陥ることも多く、他人に対し積極的に話し掛けたりもできません。将来を考えると、こうした箇所は治していくことが必要になります。

ここでは、影が薄い人は因果応報かも知れない、存在感を強め抜け出していく方策を紹介しています。

 

 

 


影が薄い人は因果応報かも知れない、存在感を強め抜け出していく方策


 

| 1.嫌われるのを怖れ過ぎると、自分を出せなくなるものです

YESとNOをはっきりさせるということ。影が薄い人が存在感を強めるには、断ることも必要で嫌われるのを怖れ過ぎると、自分を出せなくなるもの。

周りの人たちは影が薄い人が傷付いていたり困っていたは分からないので、嫌がることを平気ですることもあります。

NOと明確にすることで、初めて気持ちを理解して軌道修正もすることになり、相手との関係の風通しも良くなります。嫌なことを言えずにいた場合、無頓着な虚無感漂う人間になってしまい、存在感も薄くなるもの。

 

| 2.何か問題が生じた際に、何とか自己解決しようとするもの

自分で解決しようとしないということ。影が薄い人は何か問題が生じた際に、何とか自己解決しようとするもの。

存在感を強めるためには他者との関わり合いが大事になるので、困った局面では周囲の人たちに頼ることも大切。影が薄い人物は周囲に迷惑をかけないよう、独力での解決を目指すことも多く、他の人を信頼するよう心掛けます。

 

| 3.言葉の語尾を明確に発音するように心掛けるというもの

語尾をきちんと発音する癖をつけるということ。影が薄い人が存在感を強めるには、言葉の語尾を明確に発音するように心掛けるというもの。

但し、大人しいタイプにいきなり大きな声を出せ、そんなことを言っても難易度は高くなります。でも語尾だけでも少し明確に発音するのは容易で、それだけで他の人に映るイメージは意志の強いものになります。

影が薄い人から脱し存在感を強めるのはさほど難しくなく、今すぐにできる小さな事柄から変えていきます。

 

| 4.少ないタイプは、影が薄い人と思われてしまいがちという

きちんと挨拶をするということ。他の人と関わることが少ないタイプは、影が薄い人と思われてしまいがちというもの。

会話が苦手な人は積極的に話し掛けることも難しいですが、抜け出していく一歩としてはきちんと挨拶をすることが大切。

丁寧な挨拶をすると相手に良いイメージを与えることができ、段々と名前も顔も覚えていって貰えることになります。

 

| 5.価値を認めてくれない人物とは距離を置くというものです

否定される人物とは距離を置くということ。いつも否定されてばかりだと自己評価が低くなるので、価値を認めてくれない人物とは距離を置くというもの。

何かを成そうとする際は些細なことでも良いので、きちんと承認してくれる人物と付き合っていかなくてはいけません。

付き合う友人を変えることも必要で、できるはずがないという人物はしたこともなく、言うことも何の役にも立ちません。そんな人たちに相談し諦めてきたのは間違いというもので、環境を変え自信を取り戻せば存在感も湧き出てきます。

 

| 6.強めるには、他の人に対して普段から親身になるという

他の人に親身になるということ。影が薄い人が存在感を強めるには、他の人に対して普段から親身になるというもの。

親身になってくれる人というのは、当たり前ですが人望もあり、それが存在感を表す一因になっています。嫌われないように縮こまるのではなく、喜んでくれるように前向きな姿勢へとシフトチェンジします。

 

 

 


影が薄い人のメリットは余りないもの、覚えておきたいその特徴的な面


 

| 1.会話をしていた場合、面白いという印象を持たれるもの

詰まらない人という印象を持たれやすいということ。目立つ人物は相対して会話をしていた場合、面白いという印象を持たれるもの。

影の薄い人は会話も苦手で、努力して話を面白くしようとしても、相手側に詰まらないと思われかねません。こういった詰まらない人と思われてしまうこと自体、影が薄い人の悩みの一つになります。

 

| 2.悩みの一つに、他者に顔や名前を覚えて貰えないことが

なかなか名前や顔を覚えて貰えないということ。影が薄い人の悩みの一つに、他者に顔や名前を覚えて貰えないことがあるもの。

自分自身では悩みと自覚していなかったとしても、初対面ではない人から初めましてと言われ驚くこともあります。会ったこと自体を忘れられていたり、名前を何度も聞かれるような場合、周囲に影が薄いと思われています。

 

| 3.数人で歩いている時に、大抵一番後ろになっているという

数人で歩くときに一番後ろになるということ。友人などと数人で歩いている時に、大抵一番後ろになっているというもの。

影が薄い人に見られる傾向に、気付けば一番後ろを歩いていたり、遠慮して下がっていくということがあります。数人で歩いているときに一番後ろにいる、そんなことを自覚した時は、影が薄い人の可能性は大きくなります。

 

| 4.その場にいなくても話題に上がることが多くあるものです

話の中心になることがないということ。目立つ人というのは、その場にいなくても話題に上がることが多くあるもの。

影の薄い人というのは、その場に居合わせているのにも関わらず、自らが話の中心になることがありません。

印象が薄いのでその場に居合わせていることすら忘れられている、そんなこともあるほどで影が薄い人を見分けるポイントの一つです。

 

 

 


影が薄い人の診断も見られるところ、知っておきたいその詳しい原因面


 

| 1.辛さを味わったなど、目立つことで怖い思いをしたという

目立つことで怖い経験があるということ。衆人環視の中で恥を掻く辛さを味わったなど、目立つことで怖い思いをしたというもの。

他にも緊張してお漏らしをしてしまった体験や、人前で酷く叱責されたことがあるなどです。ストーカー被害や痴漢など、目に見えることで恐怖を味わったりしたのも原因の一つになります。

 

| 2.普段から、否定的な言葉を浴びせられたてきたというもの

価値を認めてくれない人が身近にいるとということ。身近な人に普段から、否定的な言葉を浴びせられたてきたというもの。

幼い頃から、そんなことできないとか無理だと言われ続けると、自己評価は徐々に低くなります。自分などが素敵な服を着ても似合わないなど、最初から望みを諦めてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.口を出してきたりと、厳しい環境で育ったというものです

厳しい環境で育ったということ。親が躾に厳格でやることに口を出してきたりと、厳しい環境で育ったというもの。

ほんの小さな冒険さえさせてもらえず、感情を抑えるようにと育った人物は真面目で控えめになります。物静かで口数も少なく出しゃばることもないので、影が薄い人ということにもなりかねません。

 

引き寄せの法則で、影が薄い人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、影が薄い人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

存在感がないという言葉に表されます。ここでは、影が薄い人は因果応報かも知れない、存在感を強め抜け出していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。