歯切れが悪い人はサイコパスかも知れない、具体的に克服する対処策



身の回りにも、歯切れが悪い人物がいるもの。話し方が曖昧ではっきりせず、滑舌も悪く相対しているとじれったくなるタイプ。

そもそも歯切れが悪いとは言い様が明確でなく、言い切ることがないような様子を意味する表現。

こうした人は人前で話す際、聞き取り難いとどうしようとか上手に話さないとなど、不安や焦燥感が湧き起こることになりかねません。

更に、歯切れが悪い返事になりやすく上手い切り返しもできないので、相手と円滑にコミュニケーションを図ることもできません。

なので、話し方を改善し相手側から聞き返されたり、内容が誤って伝わる危険性を避けることが必要です。ここでは、歯切れが悪い人はサイコパスかも知れない、具体的に克服する対処策を紹介しています。

 

 

 


歯切れが悪い人はサイコパスかも知れない、具体的に克服する対処策


 

| 1.文字通りに舌を円滑に動かすことが不得手というものです

舌の訓練を実践するということ。歯切れが悪い人に見られるのが、文字通りに舌を円滑に動かすことが不得手というもの。

現実に舌の動きは舌筋と呼ばれる複数筋によって制御されているので、舌筋の強さにより舌の動き方に大きな差が出ます。舌筋が弱い人は舌の動きが遅いので、ろれつが回らなくなたり舌足らずな話し方になかねません。

舌の訓練は口を閉じた状態下で、歯茎と下唇の間に舌を差し入れて滑らせるように三往復した後、歯茎と上唇の間に舌を差し込んで同じ要領で三往復します。

 

| 2.全ての言葉を母音に分解して発音の練習をするというもの

母音法の訓練を行うということ。母音法のトレーニングと呼ばれるものが、全ての言葉を母音に分解して発音の練習をするというもの。

例を挙げると、「ありがとうございます」という言葉を母音に分解したケースでは、「あいあおうおあいあう」になります。

こうやって母音を明瞭に聞こえるように練習した後、同じ要領で「ありがとうございます」と発声すると、歯切れも良くなって聞き取りやすくなります。

母音が明瞭に発音できれば、大きな声を出すことなく話の内容も相手に伝わりやすくなり、声が小さな人にも良い具体的に克服する対処策の一つ。

 

| 3.母音は、口の動きの形態により聞こえ方が変わってくる

基本的な発声トレーニング練習をするということ。発音の要である母音は、口の動きの形態により聞こえ方が変わってくるもの。

歯切れが悪い人は口の動きも少なく小さな傾向で、最初に基本的な発声トレーニングの「あえいうえおあお」からスタートするのが具体的に克服する対処策の一つ。

「あ」と「え」を一語一語発声する都度、お腹に力を込めることを意識すると、自然に腹筋を利用した発声が行えるようになります。

 

| 4.終らせたいと考えるあまり、早口になりがちというもの

早口の癖を治す訓練をするということ。歯切れが悪い人は喋りに自信を持てなく、早めに会話を終らせたいと考えるあまり、早口になりがちというもの。

但し、元から口や舌の動きが鈍い人が早口で話そうとした際は、更に舌がもつれ言葉が不明瞭となってしまいかねません。負の連鎖に陥らないためにも早口の自覚がある時は、意識的に話すスピードを緩めるように心掛けます。

 

| 5.舌の動きだけでは収まらず、口の動きが影響しているもの

表情筋を鍛える訓練をするということ。発声は舌の動きだけでは収まらず、大きく口の動きが影響しているもの。

顔全体にある表情筋により口の動きは制御されていて、歯切れが悪い人は舌の訓練に合わせ、表情筋のトレーニングをします。

割り箸を利用したトレーニングも有効で、割り箸を横にし真ん中付近を歯で噛んだ状態で、「いー」と言いながら首を左右に振ります。首を振っている最中に声が途切れても、口の形を維持するのが具体的に克服する対処策の一つ。

 

 

 


歯切れが悪いの類語には二の足を踏むなどがあるもの、そんな特徴面


 

| 1.発音が困難なことが理由で口数自体が少なくなるという

口数自体が少ないということ。歯切れが悪い人に見受けられるのが、発音が困難なことが理由で口数自体が少なくなるというもの。

幼少期から発音が難しいケースでは、聞き返されることで縮み上がってしまったり、面倒臭く感じてしまい話さなくなることが多くあります。

滑舌の訓練をして話しやすくなった人が、これほど話すとは想定外だったということも多々あります。

 

| 2.難しいことをリカバーするため、小さな声で話している

小さな声ということ。歯切れが悪い人に見られるのが、発音が難しいことをリカバーするため、小さな声で話しているというもの。

上手く発音ができない時に、なるべく小さく話すことで言い難さを避けたり、相手側の耳にきちんと届かないようにします。小さな声というのは性格上の問題だからではなく、話しづらいので小さな声で会話をするというもの。

 

| 3.使えていない場合は、歯切れが非常に悪くなってしまう

上唇自体が下がっているということ。唇でも特に上唇が使えていない場合は、歯切れが非常に悪くなってしまうというもの。

脳梗塞などの病気で舌の動きが悪くなった時や、舌がもつれてきたと感じる状態でに多く見受けられます。

病気以外で上唇が下がっているケースでは、ば行やま行などの唇を使う言葉が困難になる可能性があり、舌が前に出てることでもつれることが多々あります。

 

| 4.喋れている場合、全く問題になる部分はないというもの

話し方が早口ということ。早口といっても言葉が明瞭に喋れている場合、全く問題になる部分はないというもの。

但し、余りに早口で何を言っているのかが理解できない時は、改善していく必要性が出てきます。早口は頭の回転が早い人物に見られる傾向ですが、そうなると言葉を省略するほか同じ言葉を連発することにもなりかねません。

 

 

 


歯切れの悪い感じがする短文もある、覚えておきたいそうした原因面


 

| 1.な行にた行やだ行、さ行やざ行の音が曖昧になるという

舌筋力自体が弱いということ。舌の筋力が弱いケースでは、特にが行やか行をはじめ、ら行やな行にた行やだ行、さ行やざ行の音が曖昧になるというもの。

年齢を重ねていく間に歯切れが悪くなることも、こういった舌の筋力の衰えというのも一つの原因になっています。

但し、反対に言えば舌の筋力さえ鍛えることができれば、歯切れはすぐに改善できるので、舌の訓練は日頃から実践して筋力をつけるようにします。

 

| 2.省略してしまう音が増えるので、歯切れが悪くなるという

会話を早口で話すということ。早口で喋ったケースでは、言い間違える回数が増えたり省略してしまう音が増えるので、歯切れが悪くなるというもの。

更に、周りの人たちから緊張しているように見られるので、早口で喋るのはデメリット面が非常に多くあります。

歯切れが悪い状態のまま早口になったケースでは、相手は内容よりも話し方の方が気に掛かり、会話が成立しないことになりかねません。。

 

| 3.会話の最中の母音に明瞭感が表れなくなくなるというもの

少ない口の動きということ。口の動きが少ない人のケースでは、会話の最中の母音に明瞭感が表れなくなくなるというもの。

発音する上で重要なポイントとなる母音は、口の形の変化のほか動きによってもその質が決まってきます。少ない口の動きをする人は、曖昧な話し振りなることも多く、声のトーンも暗くなってしまいかねません。

 

引き寄せの法則で、歯切れが悪い人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、歯切れが悪い人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

滑舌も悪く対しているとじれったくなる。ここでは、歯切れが悪い人はサイコパスかも知れない、具体的に克服する対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。