心が苦しい時はスピリチュアルに関係するかも、上手な具体的対処法



人生を過ごしていると、心が苦しい時があるもの。嫌な気持になった際もに引き摺ることになり、苦悩し続けることにもなりかねません。

もちろん心が苦しい時の切っ掛けというのは、仕事だったり恋愛など、人それぞれで様々なことがあります。

こうした心が苦しい時というのは、じっとしてはいられず気持ちも昂って、大きく膨れ上がった不安で心は乱れ放題ともなっています。

そんな苦しくて堪らない状況は、自らの意識のほとんどが内面的な感情に向かってフォーカスしている状態。こんな時は大抵はストレスのピークを迎えていて、自然に落ち着きを取り戻すことはできません。

ここでは、心が苦しい時はスピリチュアルに関係するかも、上手な具体的対処法を紹介しています。

 

 

 


心が苦しい時はスピリチュアルに関係するかも、上手な具体的対処法


 

| 1.悪い物事に対し、フォーカスしやすいとされるものです

好きなことに没頭してみるということ。人間の脳は良いことより悪い物事に対し、フォーカスしやすいとされるもの。

なので、考える時間があり余っているとネガティブな思考パターンに陥ったり、余計に苦しいと感じてしまいかねません。

心が苦しい時はポジティブな事柄を生活に取り入れ、脳のモードを切り換えるよう心掛けるのが上手な具体的対処法の一つ。

自分の好きなことや趣味に没頭するのも良く、得意なことを行って自信を蘇らせることも、元気を取り戻す切っ掛けになります。

 

| 2.抱えている場合、どうしても内面に向かって注意がいく

意識を内から外に志向するということ。辛い感情や苦しい思いを抱えている時は、どうしても内面に向かって注意がいくもの。

そうした際は、意識的に外の方向に注意を向けるようにすると、落ち込んだ気持ちが軽減してくることがあります。

こうした機会を捉え、以前前からやりたかったことや切っ掛けがなく始められなかったことなど、新たに挑戦してみるのも上手な具体的対処法の一つ。

行きたかった場所を訪ねるとか新しく習い事を始めるなど、心が苦しい時がこの先の糧になるかも知れません。

 

| 3.それ以上傷付いた部分が悪化しないよう手当をするもの

感情を解放するということ。身体に傷がついた時は先ずは消毒を行い、それ以上傷付いた部分が悪化しないよう手当をするもの。

心の痛みも同じことで、心が苦しい時に泣きたい気持ちであれば、感情を解放してたくさん涙を流すことも必要。

なかなか涙が出てこないという場合、敢えて悲しい映画を観たり、音楽を聴いたりと意識的に泣くのも上手な具体的対処法の一つ。涙を流すという行為自体が、心のデトックスになるので、次第に気分も落ち着いてきます。

 

| 4.食事や睡眠といった普段の日課が乱れてしまいがちという

充分に休養するということ。心が苦しい時ほど、食事や睡眠といった普段の日課が乱れてしまいがちというもの。

食事を摂る気力が湧かなかったりベッドに入ると心細くなるなど、そうした状態に陥ってしまうからかも知れません。

その一方、オンオフがある生活リズムは、自律神経の働きを調整し心身を楽にしてくれることが分かっています。心が苦しい時ほど食事をきちんとり、身体を休めることが回復への上手な具体的対処法の一つ。

 

| 5.自分の居場所が実感でき、苦しい気持ちも和らいでくる

心を許せる友人と触れ合うということ。仲の良い友人と時間を一緒することも有効で、自分の居場所が実感でき、苦しい気持ちも和らいでくるもの。

問題に真正面から向き合わず我慢するだけでは、負の感情にフォーカスするばかりで苦しみも消えずに解決もしません。

楽しい時間を過ごすのはストレス発散にも繋がるので、心が苦しい時は親しい友人に会ったり食事するのも上手な具体的対処法の一つ。

 

 

 


心が苦しい時に聴く曲などもあるもの、知っておきたい詳しい理由など


 

| 1.見受けられるのが、自分自身に対して優しくないという

自分自身に厳し過ぎるということ。心が苦しい時に良く見受けられるのが、自分自身に対して優しくないというもの。

特に厳しさが増している時には、ストレスが溜まっていることに加え、不満感が募って自制がなくなりかねません。自らを大切にする気持ちがなければ、自暴自棄になって傷つけたりと、自分が分からなくなりかねません。

 

| 2.触ることで、情動の起伏が激しくなってしまうというもの

トラウマが疼くということ。トラウマとして解消されない記憶を触ることで、情動の起伏が激しくなってしまうというもの。

自制が効かない怒りや悲しみが湧き起こり、自分でどうすれば良いかが分からない心が苦しい時を迎えます。蓄積されたエネルギーを爆発させるために、ネガティブな衝動に駆られることにもなりかねません。

 

| 3.批判をすることで、エネルギーを搾取されてしまうという

邪念が多いということ。周囲の人たちに否定や批判をすることで、エネルギーを搾取されてしまうというもの。

邪念が多く文句や愚痴に加え、非難や泣き言などを言って、同情を誘う人が近寄ってきてエネルギーを奪い取ることにもなりかねません。

こうした状態は生命力が取られるので、病気や疾患になりやすく、うつ病などの症状に陥りやすくなります。

 

| 4.自身のことではなくても心が苦しく感じることがあるもの

誰かの拒絶への共感ということ。誰かが拒絶されるような局面に出会うと、自分自身のことではなくても心が苦しく感じることがあるもの。

これは一般的に共感によるもので、あたかも自分自身が拒絶されているように感じるので心が苦しくなります。大まかに言えばこうした心の苦しさは、ストレスが湧き起こることで感じるものと言えるかも知れません。

 

 

 


心が苦しい時の過ごし方を探すこともある、注意しておきたい心理状況


 

| 1.どうしても精神的な面で疲れやすくなるというものです

精神的に疲れやすいという心理状況。肉体的に疲労感が溜まっていると、どうしても精神的な面で疲れやすくなるというもの。

何をしても直ぐに疲労感を覚え、倦怠感や身体の重たさを感じ、血流や気の流れに滞りが生じかねません。肉体的疲労感以上に心が苦しい時の精神面は、うっ血した時のように力が入らない感覚になります。

 

| 2.感じることが少なくなり、現在を生きることを失うもの

過去と未来を行き来するという心理状況。思考優位で常に考えに耽っている場合、肉体感覚や心の内面を感じることが少なくなり、現在を生きることを失うもの。

結果として、現在何を感じていて考えるかを認識せず、過去に起きたことを回想して、未来で発生することを予測して空想します。

そうなると現在を生きることを失って、過去の終わったことや未来の起きていないことに焦点が当たります。こうした態度は、現実を見たくないという感情が心の奥底にあり、苦しいときは一層表面に出てくるもの。

 

| 3.自分で自分自身のことが認識できない状態というものです

自らを見失っているという心理状況。生き抜きやリラックスする時間がなく、自分で自分自身のことが認識できない状態というもの。

自らの好きな趣味や楽しいことをする気持ちもなく、モチベーションや活力も湧き上がりません。自分を認識するには他者の存在が必要不可欠で、他の人と自らを区別することにより、自己の存在を理解します。

 

引き寄せの法則で、心が苦しい時を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、心が苦しい時を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

更に苦悩し続けることになりかねません。ここでは、心が苦しい時はスピリチュアルに関係するかも、上手な具体的対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。