女好きな男の末路も悩ましいもの、問題を起こさないで付き合う方策



身の回りを見渡すと、女好きな男がいるもの。男性は誰しも女好きとされますが、一般に女好きな男性と言っても、その人のキャラや振る舞いで印象は変わります。

もちろん女好きな男性は職場などにもいて、一見すると優しいところがあり、女性慣れもしていることが多く紳士的に感じられます。

そうした態度からモテるとも言われますが、一方でうざいとされ嫌われることにもなりかねません。

それは紳士とは正反対の薄っぺらい言葉で褒め機嫌を取ることで、駆け引きで女性を夢中にさせようとするから。

女好きな男性にとり相手の女性は体目当ての恋愛ゲーム、そんな中のターゲットということになっています。

ここでは、女好きな男の末路も悩ましいもの、問題を起こさないで付き合う方策を紹介しています。

 

 

 


女好きな男の末路も悩ましいもの、問題を起こさないで付き合う方策


 

| 1.どうしても束縛をしたい気持ちが湧き上がってくるもの

束縛しすぎないということ。浮気されたくないと思っている場合、どうしても束縛をしたい気持ちが湧き上がってくるもの。

女好きな男性は束縛されることを非常に嫌うので、束縛しすぎないことが問題を起こさないで付き合う方策の一つ。

男性を信用して縛り付けないことで、自分自身を信頼してくれる良い女と感じ、虜になることにもなりかねません。

 

| 2.付き合い方として、依存しないことが効果的というもの

依存しないということ。女好きな男性の目を釘付けにする付き合い方として、依存しないことが効果的というもの。

女性の方が一方的に依存してしまった場合、浮気をしても離れることはない、そんな風に受取られかねません。

男性がいなくてもやっていける力を示すことで、捕まえていないと去られるという危機感を抱き大切にされます。

 

| 3.向き合い方としては思い切り甘えさせるというものです

甘えさせるということ。女好きな男性が甘えん坊タイプの場合、向き合い方としては思い切り甘えさせるというもの。

但し、男性が落ち込んだり悩んだりした際は、一緒に居ることで寄り添うよう心掛けます。

男性の拠り所となり、間違ってもその他大勢の女性にはならない、そんなことを覚えておくのも問題を起こさないで付き合う方策の一つ。

 

| 4.普段から努力して自分磨きをすることが効果的というもの

自分磨きをするということ。女好きな男性を魅了していくには、普段から努力して自分磨きをすることが効果的というもの。

自分磨きをして魅力度が向上することで、女好きな男性が失いたくないと考えるようになります。

自らのペースを保って自分磨きをすることが大切で、時折りイメージチェンジをすると、目を奪われることになります。

 

| 5.結婚しても女性が大好きで、浮気症は治らないというもの

治す方法はないということ。女好きな男性は基本的に一生変わることなく、結婚しても女性が大好きで、浮気症は治らないというもの。

なので、女好きな男性と結婚する場合、旦那が浮気するのが当たり前、そんなことを覚悟しなければいけません。

但し、結婚当初は他の女性に勝ったという気持ちで許す覚悟ができていたとしても、変わらずに浮気を続けられると許せなくなるので注意が必要。

 

 

 


結婚の本命にはなかなかなり難いもの、注意したい女好きな男の特徴


 

| 1.女性から見れば薄っぺらいイメージを持たれてしまうもの

好きではない女性を口説くということ。好きでもない相手を口説く男性も、女性から見れば薄っぺらいイメージを持たれてしまうもの。

誰でも良いんだと分かっていて、本命になろうとするような女性は限りなくいないことになります。

この先、素敵な男性に巡り合うためにも、手当たり次第に声を掛けるような女好きな男性には要注意です。

 

| 2.アプローチまで。女慣れしている男性ほどスムーズなもの

アプローチが上手すぎるということ。デートの誘いをはじめLINEなどのアプローチまで。女慣れしている男性ほどスムーズなもの。

女好きな男性は場数を踏んでいるので、自分のスタイルの口説き方が確立されています。

余りにも用意周到すぎると、逆に引いてしまうことになり、警戒をする必要性が大いにあります。

 

| 3.好みでないタイプには無愛想になのが女好きな男性という

可愛い女性にだけ優しくするということ。可愛いかったりきれいな女性には露骨に優しく接し、好みでないタイプには無愛想になのが女好きな男性というもの。

もちろん男女を問わないで無意識に態度に表れることもありますが、された方からすると絶対に良い気はしません。

思っている以上に女性は周りの人たちに対する態度も見ることが多く、日頃から軽率な行動をする男性は警戒が必要。

 

| 4.女はなどとしたり顔で語るのは完全にアウトというもの

女性を知ったか振りで語るということ。女性経験の多さをアピールしたいので、結局女はなどとしたり顔で語るのは完全にアウトというもの。

こういった高飛車な発言は、女性側からすると全くと言っていいほど良い気がすることはありません。

余りにも度が過ぎた場合、反対に痛い男のレッテルを貼られることにもなりかねません。

 

 

 


女好きな男には様ざまな感情が渦巻いている、知っておきたい心理状況


 

| 1.認められたいという自分自身の承認欲求を満たしている

恋愛で承認欲求を満たすという心理状況。女好きな男性は恋愛することにより、認められたいという自分自身の承認欲求を満たしているというもの。

多くの普通の男性は、仕事をはじめ趣味や友人関係など、そうした人付き合いで承認欲求を満たしていきます。

但し、女好きな男性はそうしたことでは自分を満たせないので、女性を口説き落とすこと自体にやり甲斐を感じていることになります。

 

| 2.恋愛をする上で、責任を問われない気楽さを好むという

無責任な気楽さを好むという心理状況。女好きな男性は恋愛をする上で、責任を問われない気楽さを好むというもの。

相対しての付き合いは相手の女性に対して責任感や信頼を伴うもので、それらを省いたゲーム展開の恋愛を重視しています。

結果的に、相手との関係は飽くまでも一過性のものであり、多くの女性が望むような長い付き合いをすることはありません。

次々と相手を変えながら、恋愛のところだけを楽しんでいます。

 

| 3.とにかくモテたいという気持ちが原動力になっていると

とにかくモテたいという心理状況。女好きな男性の行動に見られるのが、とにかくモテたいという気持ちが原動力になっているというもの。

いつも女性が気になっていて、より多くの女性たちと遊ぶことで、モテる自分自身を実感したいということにもなりかねません。

女性がいるとつい目で追っかけてしまったり、女友だちと言いながら、実際は下心が満載ということもなことも女好きな男性によくある心理。

 

| 4.実際は本気でする恋愛に臆病な可能性があるというもの

本気の恋愛に臆病という心理状況。女好きな男性に稀に見受けられるのが、実際は本気でする恋愛に臆病な可能性があるというもの。

過去に女性から裏切られたことがあり、本気の恋愛感情にブレーキがかかり、再び傷つきたくないという思いで本気にならない女性ばかりに声をかけます。

一方で、誰かと一緒にいないと寂しいという感情、そんな気持ちを抱えているのも女好きな男性というもの。

 

 

 

まとめ

キャラや振る舞い等で印象は変わります。ここでは、女好きな男の末路も悩ましいもの、問題を起こさないで付き合う方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。