ノリが悪いのを直したい人は知っておきたい、すばやく波に乗る方法


世の中にはノリが悪い人がいるもの。常時ノリがいい人でなくても構いませんが、ノリが悪い人であれば人間関係を悪化させることもあります。何故なら周囲の雰囲気に乗ることが出来ないというのは、他の人からの依頼に乗ることができないということに繋がるもの。

特別、調子に乗ることが不可欠ではないですが、歩調を合わせることができない場合、家庭でも仕事でも何かと不都合なことが発生することがあります。ただ、ノリが悪い人は鈍感なことも多いため、そのノリの悪さが周りにどんな影響を及ぼしているか判らないときがあります。

周囲はそのような状況だというのにノリが悪い人は、そのまま調子に乗れないことがウイークポイントともなり、お悩み掲示板などに投稿して聞いてみることも。ここでは、ノリが悪いのを直したい人は知っておきたい、すばやく波に乗る方法を紹介しています。

 

 

 


最初にチェックしておきたい、一般的に言われるノリが悪い人の特徴


 

| 1.ある程度付き合いが深い仲で、挨拶などを断ってしまう

人付き合いが苦手だということ。社交性がないタイプの人は、集団内でののコミュニケーションが上手くいきません。

初めての挨拶で新入社員がアタフタするのは良くあるところですが、ある程度付き合いが深い仲で、挨拶などを断ってしまうと、社交性が低いと思われます。それがノリが悪いという印象を周りに与えます。

 

| 2.ある意味でクールかも、ノリを求められる場面で白ける

普段から冷めた目で周囲を見ているということ。いつもやる気がなさそうで、白けているタイプの人はノリが悪いのは当たり前。本人自体は何かを考えて行動していますが、周りの人から見ると白けているように見えることも。

なので、ハイタッチなども、しようとはしません。ある意味でクールかも知れませんが、ノリを求められる場面でそんな態度だと、印象が悪くなるもの。

 

| 3.即座にその場の空気が読めない、オロオロすることが多く

空気が読めないということ。その場その場の雰囲気や空気を感じ取れない、一般で言う鈍感なタイプの人。
即座にその場の空気が読めず、オロオロすることが多くなってしまいます。

周囲が盛り上がっているノリノリの場面で、じっとしていたり変な目で見られてしまうことも。段々と、そういう場所に誘われなくなってしまいます。

 

| 4.普段から人見知りし過ぎな人、何かにつけ自分で閉め出す

人見知りをするということ。これは一面では自閉的なところがあり、苦手意識を持った人の前だと、カチコチになってしまうこともあります。

普段から人見知りし過ぎな人は、本当に選りすぐった人たちの場でないと、思いきった行動できないことが稀にあるもの。何かにつけ自分で閉め出してしまう人は、ノリが悪いもの。

 

| 5.腕組みなどをして対決姿勢、極端な場合は迷惑扱いになる

反抗的で天邪鬼な性格ということ。事あるごとに反抗的になる人は、ノリが良くなれるわけがありません。どうして反抗的な態度を取るのか分かりませんが、よく腕組みなどをして対決姿勢になっていたりします。

頻繁に続くと扱いずらい人と思われ、極端な場合は迷惑扱いをされることに繋がります。

 

 

 


ノリが悪いと言われる人は心掛けておく、浮いた存在にならない方法


 

| 1.利益を追求する事を考え意思決定、行動の幅が狭まくなる

メリットばかりを考えないということ。日頃から何をするにつけ、どのようなメリットがあるのかなど、利益を追求する事ばかりを考え意思決定していると、行動の幅が狭まくなるものです。

例をあげると、観光地などにいきお土産を購入する際、お土産を誰に配りどんな利益が自分にあるのかなど、そんなことを考えるようなタイプは、周囲から浮いた存在になりノリが悪いもの。これは避けるべきこと。

 

| 2.感情で意思決定するとノリが悪くなる、避けるようにする

自分でやりたいことしかやらないということ。何か違うとかシックリこないという理由で即断即決する習慣がある人は、ここぞというときに周りに合わせること困難になります。

例をあげると、映画を見にいくかどうかの場合。行かない明白な理由などないのに、何となくシックリこないので行かないと先ず決断。後になって理由を積み重ねるというもの。感情で意思決定するとノリが悪くなるので、避けるようにしなくてはなりません。

 

| 3.自分なりの基準、経験を積み重ねないと精度も上がらない

ギブアンドテイクの考えを止めるということ。自分がこれをすることで、相手から何が貰えるのかという考えをしないようにします。それをすることで、何かの見返りがあるのかと考えるようでは、ノリが悪くなるもの。

若い頃から周りに合わせて、先ずはやってみることが大事です。ここは乗っかっておくや、皆に調子を合わせておくなど先に決定し、良いか悪いかなどは経験を積み重ねないと精度も上がりません。そうして自分なりの基準が出来上がります。

 

| 4.頼まれごとは受け入れ、良いか悪いかを自分で判断しない

ノリが悪い自分から脱出する一番効果的な方法は、自分のできる限りの頼まれごとに対し、とにかく肯定し続けるということ。これは相当な困難を伴うことですが、これを実践するにはコツがあります。

それは相手からの誘いに対し、頼まれごとはすべて受け入れ、良いか悪いかを自分で判断せず、気にせずにとにかくやってみます。相手側からすると、頼んだことが相応しいと持ち掛けているので、難しく考える必要がなくノリがいい人になれるということ。

 

| 5.自分に似合う環境を追求すること、理想の場所へ辿り着く

自分に似合った環境に身を置くという方法。自らが好ましいと思う環境や得意な状況に身を置くというもの。例をあげると、職場ではノリが悪いと思われていても、自分の好きな人達といる時や趣味の世界では、同じような評価にはなりません。

ノリの波というのは、その時々で発生する集団の感情的な波というもので、乗れないというのは自身がその場に合ってないという可能性が大。

現在では素晴らしいネット環境があり、細分化されたコミュニティが多種多様な人々の出会いを可能にしています。積極的に自分に似合う環境を追求することで、理想の場所へ辿り着くこと請け合い。

 

 

 


これからの未来に向けて覚えておきたい、ノリがよくなる前向きな名言


 

| 1.枝葉末節にいちいち反応するより、大きな心でノリよく

「人として生まれ落ちたからには、太平洋みたいな大きな夢を抱くべきだ。」

これは明治維新の立役者、坂本龍馬の言葉。枝葉末節にいちいち反応するより、大きな心でノリよく生きていきたいですね。

 

| 2.何度もノリが悪く同じことを繰り返すなというアドバイス

「同じことを繰り返すくらいであれば、死んでしまえ。」

これは日本の国民的な芸術家、岡本太郎の言葉。何度も何度もノリが悪く同じことを繰り返すなというアドバイス。ノリよく前向きに生きたいもの。

 

| 3.失敗を覚悟してノリよく前向きに挑戦していきたいもの

「失敗を覚悟していれば、心は軽くなる。」

これはAmazonの共同創設者、ジェフ・ベゾスの言葉。ノリが悪く否定的になるより、失敗を覚悟してノリよく前向きに挑戦していきたいもの。

ノリよく引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人間関係を悪化させることもあります。ここでは、ノリが悪いのを直したい人は知っておきたい、すばやく波に乗る方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。