嫌いになる方法で再出発したいもの、振り返らず先々に役立てる具体策



人生を過ごしていると、嫌いになる方法を探すこともあるもの。嫌いになりたくても、それがどうしてもできず頭から離れないような人。

自分自身の幸福な未来を想像したとき、今は好きな人であっても、距離を置いた方が良い相手であることもあります。

そんな悪縁とも言える彼氏や彼女に対し、嫌いになる方法を探し求めることがあるのが人間です。

もちろん好きでいるのも辛いことですが、嫌いになるというのもまた辛いもの。

但し、嫌いになるときの辛さは少しの間で、相手を忘れて日常生活を送れるようになれば、解放されたような心境にもなれ新しい人生が始まります。

ここでは、嫌いになる方法で再出発したいもの、振り返らず先々に役立てる具体策を紹介しています。

 

 

 


嫌いになる方法で再出発したいもの、振り返らず先々に役立てる具体策


 

| 1.どれだけいい加減なところがあるのか分かるというもの

他の異性と比較するということ。相手に問題がある場合、他の異性と比較することで、どれだけいい加減なところがあるのか分かるというもの。

気持ちがあれば、どうしても相手の良いところばかりに目が向きがちですが、時には短所部分を探すのも、振り返らず先々に役立てる具体策の一つ。

優しい男性や女性は考える以上に世に溢れていて、相手の素敵なところを見つけられるなら、他の相手でも生きてくるはずです。

 

| 2.他の物事を考えるような余裕もなくなってくるものです

仕事や趣味に没頭するということ。何かに向かって没頭している場合、他の物事を考えるような余裕もなくなってくるもの。

使う必要もないような数学の公式など、結構忘れている人も多く、相手のことを考える時間を減らしていくことが、忘れることへと繋がります。

逆に何度も思い返して記憶に擦り付けてしまえば、忘れるのが困難になる、振り返らず先々に役立てる具体策の一つ。

 

| 3.しない場合、わざと嫌われる行動をするのも効果的という

わざと嫌われる行動を取るということ。自分は別れたいのに相手が承知をしない場合、わざと嫌われる行動をするのも効果的というもの。

連絡を完全に無視したりと、相手が呆れ返るような行動をして、別れなければこうした対応が続くというアピールをします。

但し、DVなどをしてくる相手には慎重が必要で、トラブルに発展しないよう注意するのが、振り返らず先々に役立てる具体策の一つ。

 

| 4.その度に相手のことを考え、思い出を重ねている状態と

連絡の頻度を減らすということ。連絡を取っているという場合、その度に相手のことを考え、思い出を重ねている状態というもの。

その中で相手の良いところを感じられることがあれば、もっと離れがたくなることにもなりかねません。

また連絡すること自体が日常になると惰性にもなるので、連絡頻度を減らして徐々に時間を空けていくのが、振り返らず先々に役立てる具体策の一つ。

 

| 5.別離の宣言をしてしまえば、簡単に恋が終わることもある

別離の宣言をしてしまうということ。勇気が必要になりますが、思い切って別離の宣言をしてしまえば、簡単に恋が終わることもあるもの。

相手が縋り付いてこなければ、案外に気に懸かることもなく別れることもできる、振り返らず先々に役立てる具体策の一つ。

言った直後は辛い気持ちにも苛まれますが、記憶と言うのはいずれ風化するもので、思い出す回数を減らしながら忘れるよう心がけます。

 

 

 


彼を嫌いになる方法を探すこともある、注意しておきたい恋愛パターン


 

| 1.既婚者との恋愛は傷付く人も出て、誰も幸せになれない

相手が既婚者というとき。連日TVでは有名人の不倫の報道がされていて、既婚者との恋愛は傷付く人も出て、誰も幸せになれないというもの。

沢山の人を傷付けて恋を叶えても、結果的に相手は不倫をしてしまうような誠実ではないところがあります。

自分も相手のパートナーと同じように傷付く可能性も高く、冷静に現在の恋愛関係を見つめ直すことこそ重要な点。

 

| 2.一緒にいると、自分までがトラブルに巻き込まれる怖れも

金銭的にだらしない人というとき。男性に多く見られますが、金銭的にだらしない人と一緒にいると、自分までがトラブルに巻き込まれる怖れもあるもの。

特に結婚を最終的なゴール地点として考えているときは、苦労する将来は見え透いているということにもなりかねません。

お金で幸せを買うことはできないとも世間では言われますが、人生は金銭面抜きでは生きていけない、そんなことも忘れないようにしたいものです。

 

| 3.悪気もなく何度も相手にダメージを与えるというものです

平気で相手を傷付ける人というとき。平気で他人を傷付けることができるようなタイプは、悪気もなく何度も相手にダメージを与えるというもの。

一緒にいても精神が崩壊してしまうようになるだけで、中にはDVやモラハラによって、一生消えない傷を背負う人も世の中にはいます。

そんな回復不能ともなる深い傷を負う前に、冷静に考えて離れた方が幸せには近寄っていくはずです。

 

| 4.片思いをしているのは、誰にとっても非常に辛く苦しい

叶う見込みがない片思いというとき。叶う見込みがない片思いをしているのは、誰にとっても非常に辛く苦しいもの。

楽しむ気持ちがなくなれば、早めに見切りをつけることで、これからやってくる将来の人生を楽しめます。

一人の相手に執着することで、他の素敵な出会いを逃している可能性もあり、早めに見切りをつけ新たな恋へと踏み出すことが何よりも大切。

 

 

 


嫌いにさせる方法を探すこともある、知っておきたい諦めるタイミング


 

| 1.告げられた場合、想いを諦めるタイミングかも知れない

明確に振られた時。好きな相手から恋愛の対象として見られない、そんな風に明確に告げられた場合、想いを諦めるタイミングかも知れないもの。

相手もこちらのことを思って明確に伝えてくれたということで、曖昧な態度に出なかった相手に感謝をして、自らの想いに別れを告げるようにします。

また相手に恋人ができた際も同様で、片思いをしている相手に付き合う人ができたという知らせは、非常に悲しいものですが気持ちに区切りを付けるチャンスともなります。

 

| 2.遅かったりの場合、相手には気持ちがないかも知れない

相手が素っ気ない態度になった時。デートの誘いを何回も断られたり、LINEの返信が遅かったりの場合、相手には気持ちがないかも知れないもの。

もちろん仕事が非常に忙しい時もあるかも知れませんが、好きな相手であれば、何とか時間をつくるような努力も垣間見えるところです。

次の日曜日なら時間ができそうなどの提案がないときは、一緒に過ごしたいという思いもないからかも知れません。

 

| 3.ホテルの近くにあるお店ばかりを予約されるというもの

身体目当てなのが分かった時。今は彼女が欲しくないと男性に言われるのに、いつもホテルの近くにあるお店ばかりを予約されるというもの。

こういった身体目当てなのがはっきりと見える場合、自分が本命になれないということが明確に分かります。

ほかにも、ことあるごとに元カノの話をだされたり、他の女性と比べられることが多いなどもあります。

こうしたことが分かったときには諦める覚悟も付くので、相手の幸せを願って、潔く身を引く決意をすることが非常に大切。

 

 

 

まとめ

嫌いになるというのも、また辛いもの。ここでは、嫌いになる方法で再出発したいもの、振り返らず先々に役立てる具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。