先が見えない不安に打ち勝ちたいもの、前を向いていくための具体策



人生を過ごしていると、先が見えない不安を感じることがあるもの。例えて言えば、未知の海域にいるだけではなく、沈まないよう身悶えしているような状態というもの。

金銭的なことをはじめ仕事のことだったり人間関係に関することなど、ほとんどの人は日常生活で何らかの不確実性を抱え生きているということにもなりかねません。

もちろん、生活の全てが決まっている退屈なものになるのは望みませんが、先が見えない不安は人生に限らず、病気をはじめ恋愛や仕事など多岐に及びます。

不安だったり心配はストレスともなり、それはネガティブな感情を伴うので、心が支配されてしまった場合、自らを追い込むことにもなりかねません。

なので、不安感に襲われた際は、適切な行動をすることが必須です。

ここでは、先が見えない不安に打ち勝ちたいもの、前を向いていくための具体策を紹介しています。

 

 

 


先が見えない不安に打ち勝ちたいもの、前を向いていくための具体策


 

| 1.見做されることをしなければという思い込みもあるもの

思い込みを捨て去るということ。良い仕事を見つけたり結婚して子供を持ったり家を買うなど、人生のマイルストーンと見做されることをしなければという思い込みもあるもの。

本当は自分がしたいことでなくても、人生はこうあらねばならないといった思い込みから、自分自身に対する期待値を設定してしまいかねません。

こういったハードルともなっている期待があれば、沿うことができなければどうしようと思う度に、先が見えない不安に苛まれることにもなりかねません。

自らの最も自然な意思決定を明確にし、それを活かしていくには、設定したハードルを克服することもステップになる、前を向いていくための具体策の一つ。

 

| 2.次は一体何が起こるのか、そういった不安を伴っている

心配は備えにならないことを理解するということ。一般的に不確実性というのは、次は一体何が起こるのか、そういった不安を伴っているもの。

まだ起こってもいないこ事柄について前もって考えておけば、結果として対処の準備ができると思い込み、わざわざ心配をして不確実性を克服しようとする人物もいます。

恐れや不安は備えにはならず、心配するなと自分に言い聞かせても効果的ではなく、更にストレスが増えますます辛くなるだけです。

マインドセットを変え、自力でコントロール不可能なことを心配しても現実に役に立たない、そうしたことが認識できると気楽になる、前を向いていくための具体策の一つ。

 

| 3.いくための行動の1つが、現実から逃避して休息すると

現実から逃避してみるということ。人生で先が見えない不安を感じる時、前を向いていくための行動の1つが、現実から逃避して休息するというもの。

疲労が溜まれば、人間の思考は徐々にネガティブになっていき、これは疲れにより脳機能が正常に働かなくなるためです。

脳が機能しなくなれば、気持ちが落ち込んだまま戻らず、漫然とした絶望感を抱くようなことにもなり、最悪のときは本当に命を断つ人もいます。

疲労を感じたときは、そうした現実からは逃避して距離を置くのが良い、前を向いていくための具体策の一つ。

 

| 4.前に向かうための行動が、仕事や趣味に没頭するという

仕事や趣味に没頭するということ。人生の先が見えない不安を覚えるとき、前に向かうための行動が、仕事や趣味に没頭するというもの。

人間は暇になれば余計なことを考えるのが常で、自分に才能がないからとか裕福な家庭に生まれなかったからなど、無いものねだりをすることにもなりかねません。

更に、上司が悪いとか世の中が悪いなど他責思考に陥る人もいて、そうしたネガティブな思考パターンが先が見えない不安に繋がりかねません。

そうした思考パターンから脱却するには、仕事だったり趣味に没頭するのも効果的な、前を向いていくための具体策の一つ。

 

 

 


先が見えない不安には名言などもあるもの、知っておきたいその理由


 

| 1.お金が残らなければ、生活水準がいつまでも上がらない

報酬がが少なく将来設計ができないということ。どれほどやり甲斐がある仕事であっても、日々の生活費を支払った後にお金が残らなければ、生活水準がいつまでも上がらないもの。

結婚を考えたときや子供の進学だったり両親の介護など自分だけでなくて家族にまで辛抱を強いることにもなりかねません。

自分の大切な家族を養っていけない、そういう風になれば先が見えない不安に襲われるということにもなりかねません。

 

| 2.時間もなくなり、精神的に参ってしまうことになるもの

仕事量が多く休暇が取れないということ。どれほど好きな仕事でも、残業だったり休日出勤が多ければプライベートの時間もなくなり、精神的に参ってしまうことになるもの。

仕事のことで頭の中が一杯になっていると、眠れなくなってしまうことにもなりかねず、仕事の効率が低下してしまうことにもなりかねません。

最悪の場合では、生活習慣病だったりうつ病を発症してしまうなど、大きく健康を害してしまうことにもなりかねません。

 

| 3.モチベーションは上がらず前向きな姿勢にならないという

正当な評価が受けられないということ。仕事が上手くいっていても、職場で正当な評価を受けられなければ、モチベーションは上がらず前向きな姿勢にならないというもの。

日本では未だ年功序列を採用している職場も多く、若手の社員がどれほど大きな成果を上げたとしても評価はされ難くなっています。

評価されないばかりか感謝もされず、何のために頑張っているかも分からなくなり、ますます意欲が失われていきます。

 

| 4.パワハラ上司やだったり先輩がいることもあるものです

尊敬できる上司や先輩がいないということ。失敗の責任を強制されたり成功を横取りされるなど、理不尽な仕打ちをするパワハラ上司やだったり先輩がいることもあるもの。

立場的にも弱いところがあり、何も言い返すことができないで、ストレスが溜まる一方ということにもなりかねません。

この人と一緒に仕事をしたいと思える尊敬できる上司や先輩がいない、そんな状況下で働き続けることは困難なことです。

 

 

 


先が見えない不安は結婚などにもあるもの、注意しておきたいその行動


 

| 1.攻撃性に転嫁をして、解消しようとすることがあるもの

攻撃的にはならないということ。人間は強い不安感に襲われた際、それを他の人に向かった攻撃性に転嫁をして、解消しようとすることがあるもの。

不安感で頭が一杯になれば、精神的な余裕を失い、些細なことで苛立ったり攻撃的になることにもなりかねません。

不安を解消しようと考えている時に、その行動を阻害するような人や物を見掛けると、攻撃し取り除きたい思いに駆られます。

 

| 2.可能性がある、そんな問題に対して生まれる感情という

過剰に情報を収集したり発信しないということ。先の見えない不安というのは、望まない結果をもたらすような可能性がある、そんな問題に対して生まれる感情というもの。

不安解消には不確実性を打ち消していく必要があるので、不安を覚えている人ほど沢山の情報を集めて周囲と共有しようとしかねません。

但し、非常時には流言やデマといった誤った情報が拡散されて、人々を更なる混乱へと陥れかねません。

 

| 3.支援だったり団結の呼びかけも活発になるというものです

支援や団結を煽らないということ。社会が大きな混乱に陥ったときは、人々の中では批判や攻撃的な声が高まる一方で、支援だったり団結の呼びかけも活発になるというもの。

ボランティア等支援活動に参加すること自体は、問題解決に向けての直接的な取り組みで、不安感をもたらす事柄の不確実性を減らす行動です。

但し、困っている人を助けたい、そんな善意からの行動も良く調べてからでなければ邪魔になることもあり注意が必要です。

 

 

 

まとめ

病気をはじめ恋愛や仕事など多岐に及ぶ。ここでは、先が見えない不安に打ち勝ちたいもの、前を向いていくための具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。