弱音を吐く人は気持ちの整理もしたいもの、思いを汲んで向き合う術



身の回りの遠くないところにも、弱音を吐く人がいるもの。そんな弱音を吐く人は、苦しい胸の内を自分自身の外へと吐き出していることにもなりかねません。

弱音を吐く人が嫌いという声は多々ありますが、癒されたかったり自らを認めて欲しいなど、そうした欲求からと言われています。

そんな人は職場にもいて、自己承認欲求が非常にが強かったり、人一倍ストレスを感じやすいようです。

逆に、なかなか外に向かって出さずにいる人もいて、そうした人物はプライドが高くポジティブに生きているということに疑いありません。

側に弱音を吐く人がいる場合、応対の仕方には注意することが必要です。

ここでは、弱音を吐く人は気持ちの整理もしたいもの、思いを汲んで向き合う術を紹介しています。

 

 

 

 

 


弱音を吐く人は気持ちの整理もしたいもの、思いを汲んで向き合う術


 

| 1.何が具体的にあったかなど、己自身からは話さないという

詳しく話を聞いてみるということ。弱音を吐く人でもプライドの高いところもあり、何が具体的にあったかなど、己自身からは話さないというもの。

弱音を吐く人が拗ねた様子を見せていたり落ち込んでいたりするケースでは、嫌なことがあったのかなど、さり気ない態度で聞いてみるのが思いを汲んで向き合う術の一つ。

自然な感じで寄り添い声を掛けることで、話しやすい雰囲気にもなり、弱音を吐く人も悩み事を相談しやすくなります。

 

| 2.具体的アドバイスをすれば悩みの解決へと結び付くことも

必要なら具体的アドバイスをするということ。人間は混乱して弱音を吐くこともあり、相手がそうした状況のケースでは、具体的アドバイスをすれば悩みの解決へと結び付くこともあるもの。

但し、一方的に自分目線で全部のことに対して助言してしまえば、相手の持つプライドを傷付けてしまうことになりかねません。

一緒に解決へと向かうことが伝わる聞き方の後、相手が欲しいような助言をするのが、思いを汲んで向き合う術の一つ。

 

| 3.とにかく優しく相槌を打って聞くことが最優先というもの

優しく相槌を打って聞くということ。弱音を吐人の心理状態というのは不安で仕方ないところがあり、とにかく優しく相槌を打って聞くことが最優先というもの。

大丈夫とか分かるなど、優しい言葉で相槌を打って、相手が思っている心境に耳を傾けるのも、思いを汲んで向き合う術の一つ。

優しい態度で聞いて貰いながら、己自身の胸の内を全て明けられれば、安心感も一層増して満足してくれることに疑いありません。

 

| 4.同情を誘いたい、そういった時も混じっているというもの

安直な同情はしないということ。弱音を吐く人の中に見られるのが、ただ単純に同情を誘いたい、そういった時も混じっているというもの。

そういった相手の弱音や悩みを全て受け入れていると、徐々に甘え過ぎるようにもなり、やがては大きな負担になってしまうかも知れません。

弱音を吐いている人が同情を誘おうとしていると感じた際は、安直な同情はしない方が賢明な、思いを汲んで向き合う術の一つ。

 

| 5.大人になっても子供のように甘えの感情が強い儘という

弱音を頻繁に吐く時は距離を離すということ。頻繁に弱音を吐く人は、過保護な環境下で育った影響もあり、大人になっても子供のように甘えの感情が強い儘というもの。

アドバイスをして物事が上手くいかないようなケースでは、その責任をこちらに押し付けてきたりと、損をしてしまうことにもなりかねません。

厄介な物事に巻き込まれ疲れる前に、弱音を吐き始めた際は話を受け流すようにするなど、距離を離すのも思いを汲んで向き合う術の一つ。

 

 

 


弱音を吐く人がいないのはまた理想とも、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.見せれば、ライバルに不意打ちを受けたりすることもある

相手を信頼して甘えているということ。男性は職場などで己自身の弱みを見せれば、ライバルに不意打ちを受けたりすることもあるというもの。

結果として、誰かれとなく弱音を吐くことなどありませんが、女性では本当に信頼できる相手とか、安心して話せる人と感じている証拠にもなりかねません。

心を許した異性だけに弱音を吐く人もいて、相当心を許している雰囲気があれば、恋愛対象と考えているからかも知れません。

 

| 2.己自身の能力では難しいかも知れないと考えることもある

励まして欲しいということ。今までやったことがない、そんな物事に踏み出す時、己自身の能力では難しいかも知れないと考えることもあるもの。

そういった仕事に取り組むケースでは、人間は臆病風に吹かれてしまうこともあり、弱音を吐いてしまうことになりかねません。

そういった時に、できるから頑張れなど信頼している人物に後押しして貰って、活を入れて欲しい気持ちが湧き上がります。

 

| 3.ならない状況に、追い込まれてしまうこともあるという

本当に困惑していてアドバイスが欲しいということ。人間は誰であっても自力ではどうにもならない状況に、追い込まれてしまうこともあるというもの。

そんな時には本当に解決案も見つからず、どうすれば良いのか分からなくなり、弱音を吐いてしまうことになりかねません。

現在の状態から抜け出したい思いばかりで、冷静に状況を分析して貰うなど、助けて欲しいとアドバイスを求めています。

 

| 4.良否の判断を、己自身ではできなくなることがあるという

相手の心境を探りたいということ。人間関係に悩んでいるケースでは、相手を信頼する良否の判断を、己自身ではできなくなることがあるというもの。

人間は相手が危機に陥っていてピンチの時こそ、本音が表に向かって出やすいと一般的には言われています。

結果として、弱音を吐くことにより敢えて己自身が窮地に陥っている、そういったことを曝け出して、相手がどう考えているか心境を探ろうとしています。

 

 

 

 


そこには様々な面が見られるもの、覚えておきたい弱音を吐く人の心理


 

| 1.募るほど、誰かと一緒の時間を過ごしたいと思うことが

共感して欲しいといった心理状態。人間というのは不安が募るほど、誰かと一緒の時間を過ごしたいと思うことがあるもの。

安心感だったり共感を得たい気持ちなど、そんな親和的欲求が強くなっている、そんなことから生じています。

不安が切っ掛けとなって弱音を吐いている場合、誰かに対して共感や同情をして貰うことによって紛らせようとしています。

 

| 2.出来ないような仕事を、押し付けられることもあるという

責任を押し付けようとする心理状態。時には自力では到底出来ないような仕事を、押し付けられることもあるというもの。

そんな場合に、周囲の人たちに手助けを求められない人は、こんな大変な仕事は自力では無理と、弱音を吐いてしまうことになりかねません。

仕事を割り振った人の方が悪いと同情して貰って、他の人に対して責任転嫁をしたいという気持ちが根底にあります。

 

| 3.自己肯定感が低下している可能性も高くなっているという

己自身を認めて欲しい心理状態。弱音を吐く人は何か嫌なことがあって、自己肯定感が低下している可能性も高くなっているというもの。

誰にでも何しても上手くいかない時はあるもので、そんな時にはどれほど努力しても、結果が出なければ弱気にもなりかねません。

結果として、優しい言葉で己自身のことを認めて貰いたい、そんな風に考えることになりかねません。

 

 

 

まとめ

応対の仕方には注意することが必要です。ここでは、弱音を吐く人は気持ちの整理もしたいもの、思いを汲んで向き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。