嫌がらせする人の性格をしっかり把握、悔しい思いを仕返しする方策



日々の暮らしのなかで、嫌がらせをされた経験がある人も多いもの。端的に嫌がらせと言っても様々なものがあり、なかでも嫌がらせ弁当は有名なもの。そもそも嫌がらせというのは、他の人に対し確信犯的に不愉快な思いをさせること、または言うことです。

例を挙げると、呼び掛けてもいないのに、わざと耳に届くように名前を言われるのは不愉快なもの。こんな感じで、敢えて本人の耳に届くように言い、気分を害する目的で行うことを嫌がらせと呼びます。

さらに発言だけではなくて、相手が愛用しているものを隠したり、さらに傷付けたりという邪魔をする行為を意識的にすることも嫌がらせ。

ここでは、嫌がらせする人の性格をしっかり把握、悔しい思いを仕返しする方策を紹介しています。

 

 

 


先ずはしっかりと把握しておきたい、嫌がらせをする人の心理面と特徴


 

| 1.他人のことを考えるつもりもゆとりもまったくありません

すぐに感情的になるということ。嫌がらせをするタイプの人は、自身の狙い通りにならなかったり都合が悪くなると、感情が高まりイライラするもの。

自らの感情がすべてであり、相手の気持ちが分らないというより、他人のことを考えるつもりもゆとりもまったくありません。なので、他者を弾かれたように不愉快な気持ちにさせる、そんな風な嫌がらせを生じてしまったりします。

 

| 2.自然に目が合っただけで、睨まれていたとマイナス思考に

ネガティブ思考だということ。ポジティブ思考をする人は、基本的に前向きであり、幸せな気持ちで暮らしているので、責めるような陰湿なことはしません。タイプ的に嫌がらせをする人というのは、非常にネガティブ思考。

例を挙げると、褒められていても嫌味を言われていると感じたり、自然に視線が合っただけのことで睨まれていたと、否定的な思考で捉えてしまう被害妄想が目立ちます。

 

| 3.自身の価値観を押し付ける、相手の為を思っても嫌がらせ

嫌がらせをする人に多いのが、頑固者と呼ばれるタイプ。こんな人は自らの価値観を、いい加減に曲げられないとことが多々あります。とにかく自らの考え方が、一番正しいと信じています。

例を挙げると、部下に向かって何してる馬鹿野郎など、罵倒してしまうなど。価値観を押し付ける行為自体が、相手にとっては嫌がらせです。相手の為を思っていても、嫌がらせになる行為の一つ。

 

| 4.自己中心的、独善的な感情で嫌がらせをしてしまうこと

嫌がらせをする人に多いのが、自己中心的な性格。例を挙げると、相手に対しイラつくことがあっても、立場を変えて物事を考えられれば、嫌がらせをしようという思考回路にはなりません。

気に入らない相手や許せないといった、独善的な感情で嫌がらせをしてしまうのは、自己中心的で相手のことを考えられないから。いかなる場合でも、自身の感情が先ず優先。

 

| 5.嫌がらせをする人は、自制ができず感情を我慢できない

自制心がないということ。一時的な感情が先に立ち苛立ったりしても、自制心が働けば嫌がらせをするような事にはなりません。

例を挙げると、こんな風に相手を困らせたいと妄想をした場合。多くの人は心の中で思っていても、してはいけないという認識があり、自制心を働くことにより実際には行動しないもの。嫌がらせをしてしまう人は、自制ができず感情や欲望を我慢できません。

 

| 6.その日の気分で、相手に接する態度を変えるというもの

気分屋と呼ばれるタイプ。日により態度や気分が、コロコロ変わるという人もいます。立場上や人の好き嫌いだけでなく、その日の自身の気分に応じて、相手に接する態度を変えるというもの。

自身の気分が晴れない日には、他の人に対しても優しくなれないで、無慈悲な態度をとったり嫌がらせをしてしまうこともあります。

そうかと思えば手の平を返し、やにわに親切に振る舞ってきたりもします。相手を自らの気分で振り回すのも、もちろん嫌がらせ行為の一つ。

 

 

 

 


さり気ない仕返しが目立たない、嫌がらせするひとへの因果応報の方法


 

| 1.ネタばれしないようマウンティング的な嫌がらせをする

代表的なの嫌がらせのやり方といえば、マウンティングです。嫌がらせのやり方として、仲間内では鉄板とも呼べるもの。ネタばれしないようマウンティング的な嫌がらせをするには頭脳を使いますが、周囲に洩れないようにする分、相手は相当苛立ちが募るものです。

有難迷惑となる親切な申出や、実行不能な助言など、知恵比べのような気分で挑みます。

 

| 2.仕返しとしては、狐になりきるのも効き目がある嫌がらせ

偉い人を味方に付けるということ。自己防衛も一緒に兼ねているやり方ですが、受け取り手側にとっては悪質ともなるもの。ただ、仕事上で偉い人と仲良くなっておくことは、決してマイナスにはなりません。

バレない嫌がらせの方法としては、もっとも正々堂々としているかも知れません。仕返しとしては、狐になりきるのも効き目がある嫌がらせ。

 

| 3.職場で上手く仕事をしていく、最も人間関係が重要な事柄

どんなに嫌がらせがあっても、笑顔ではいと肯定すること。これは自身の評判は絶対に下げずに、しかもバレることがない嫌がらせの方法。職場で上手く仕事をしていくためには、最も人間関係が重要な事柄の一つです。

絶対に自身の評価は落としたくないけど、復讐したい嫌いな相手にとってはもってこいの方策。仕事で成果を上げていることが重要で、誰かに褒められた時、実は困っていると伝えることで反撃。

 

| 4.長期的な考えで相手を追い詰めていくやり方として有効

かよわいフリして上司に相談するのが、効き目がある嫌がらせ方法。大嫌いな人に不快なことをされるのなら、かよわいフリをして上司に相談するのが手っ取り早いもの。

もし上手くいけば、大嫌いな相手の居る場所が少しずつなくなっていくので、長期的な考えで相手を追い詰めていくやり方として有効。ただこちら側が上手く受け入れてもらうため、日常から周囲の人たちと良好な関係を築いていることがポイント。

 

| 5.触りながら、髪の毛同士を結んで絡ませるというやり方

女子限定の可愛らしい嫌がらせ方法。ちょっとグレーゾーンの嫌がらせをするほどではない、あからさまに相手を避けたり、また傷つける行為には気が引ける人の手段。

それは、女性の命ともいえる髪に綺麗だねと触りながら、髪の毛同士を結んで絡ませるというやり方。女子限定の可愛らしい嫌がらせですが、仕返しの気持ちは静まるもの。

 

 

 


かなり悪質だったりするので用いる際は注意、復讐とも呼べるその方法


 

| 1.しっかり者だとされている嫌いな相手に、手痛い一撃を

嫌がらせへの対処が必要になるのが、時間をずらして伝えるということ。このやり方は短い期間で何回もできる方法ではありませんが、気分爽快になりたいときにおすすめの方策の一つ。

しっかり者だとされている嫌いな相手に、手痛い一撃を食らわせるには請け合い。例を挙げると、重要な人物の誕生日を事後に教えるというようなこと。

 

| 2.秘密の暴露は悪質なので、本気で頭に来る相手に効果絶大

皆の目の前で悪事を暴露する嫌がらせ方法。冗談っぽく明るく暴露するのがポイントの嫌がらせで、相手の秘密を入手したら、暴露の機会を伺います。

これは確実にダメージを相手に与える復讐方法。秘密の暴露は悪質なので、本気で頭に来る相手に効果絶大な嫌がらせの一つ。ネット上の公開空間では、よく用いられているもの。

 

| 3.タイヤの空気をちょっと抜く程度が、バレずに丁度いい

自転車にバレないよう細工をするということ。これはかなり悪質なやり方で、命に関わるブレーキなどに細工をするのは絶対に止めること。

自転車に細工をするのは、タイヤの空気をちょっと抜く程度が、バレずに丁度いい嫌がらせの方法です。少し陰湿になりますが、自分だけが知っている仕返しの一つ。

 

| 4.幹事の相手に嫌がらせしたいのなら、ドタキャンが効果大

合コンでの幹事の面目を丸つぶれさせる方法。嫌いな相手が感じの場合、ドタキャンが効き目がある復讐方法。

出会いなどより、幹事の相手や同席者たちに嫌がらせしたいのなら、ドタキャンが効果大。ただ、このやり方をするのであれば、その相手とはを切る覚悟でします。

 

| 5.中心的な位置の場合、天然のふりをして飲み会に誘わない

飲み会に誘わないという嫌がらせ法。これは悪質な方法なので、周囲にバレたら顰蹙を買うことになるもの。

自分が幹事や中心的な位置にいる場合、天然のふりをして飲み会に誘わないという嫌がらせ。職場内の仲間内に気になる人や好きな人がいる場合には、止めておいた方が無難なやり口です。

引き寄せの法則。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

まとめ

嫌がらせされた経験がある人も多いもの。ここでは、嫌がらせする人の性格をしっかり把握、悔しい思いを仕返しする方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。