男性の下心は見え隠れするもの、サインを見逃さず上手く対処する術



日々の暮らしの中で、男性の下心を感じることがあるもの。職場でもありますが、親切そうな顔をして近寄ってきては、身体の関係を迫ってくることにもなりかねません。

もちろん下心とは、心の奥深くで考えていることや、隠している計略や企んでいることを言い、それは通常は悪いことです。

下心がある男性は距離が近いということも多く、至近距離で会話をしたり、肩と肩が触れ合うほどに近づいて来ることもあります。

下心丸出しで次の展開へと繋げようとしているので、身体を少し離して遠ざかるようにしても、構うことなく距離を縮めてくることにもなりかねません。

結果として、下心がある男性の餌食とならぬよう警戒も必要です。

ここでは、男性の下心は見え隠れするもの、サインを見逃さず上手く対処する術を紹介しています。

 

 

 


男性の下心は見え隠れするもの、サインを見逃さず上手く対処する術


 

| 1.時だけなど、唐突に連絡をしてくる態度は下心が丸見え

日々のコミュニケーションはあるかということ。会う時だけだったり飲みに行く時だけなど、唐突に連絡をしてくる態度は下心が丸見えというもの。

そうでない時間が大切で、LINEや電話でコミュニケーションを楽しむような素振りが見える場合、反対に本気度が高くなるのに疑いはありません。

コミュニケーションを心から楽しんでいるか、面倒臭いと思っているのか、そういった態度に見極めポイントが隠れている、サインを見逃さず上手く対処する術一つ。

 

| 2.お構いなしに誘ってくるのは、リスペクトのない行為と

時間や予定に対する配慮はあるかということ。夜遅くに連絡してくるなど、こちらの予定のお構いなしに誘ってくるのは、リスペクトのない行為というもの。

下心だけで動いているような男性は、こうした声の掛け方をして来ることも多く、連絡があって嬉しいなど安易に受け答えしていると、都合の良い相手にもなりかねません。

言葉だけでなくて、リスペクトのある振る舞いが伴っているかに注目してみるのも、サインを見逃さず上手く対処する術一つ。

 

| 3.普段は滅多に言わないような重みがある言葉を男性が口に

本気の言葉があるかということ。言葉も指標の1つとなり、好きとか付き合おうなど、普段は滅多に言わないような重みがある言葉を男性が口にしているかというもの。

但し、好きとか可愛いなどの言葉を、恥ずかし気げもなく頻繁に使用するようなら要注意で、甘い言葉を口にすることで、女性を落とせると考えている節があります。

言葉に正比例するように、真剣な態度を見せてくれるかを見極めていくのも、サインを見逃さず上手く対処する術一つ。

 

| 4.ポイントと言うと、すぐに手を出してくるかどうかという

すぐに手を出してくるかということ。男性の下心で非常に分かりやすいポイントと言うと、すぐに手を出してくるかどうかというもの。

手を出してくるまでのスピードは、誠実さに変換し考えられる風潮もあるので、それを知っている男性であれば、時間を充分に掛けて関係構築しようとするはずです。

お構いなしにすぐに手を出そうとしてくる場合、どう思われても良いといった投げやりな下心の可能性もある、サインを見逃さず上手く対処する術一つ。

 

 

 


男性の視線に下心が垣間見えるもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.見定めるように、上から下まで舐めるように見るという

全身を舐めるように見るということ。男性の下心で典型的な行動パターンとも言えるのが、女性のスタイルを見定めるように、上から下まで舐めるように見るというもの。

女性が嫌そうな素振りをしていても、そんなことなどお構いなして、嫌らしい眼つきで見てくることにもなりかねません。

 

| 2.行動パターンとして多いのが、連絡先交換を執拗に迫る

執拗に連絡先の交換を迫るということ。初対面時に連絡先の交換などは余りしませんが、下心のある男性の行動パターンとして多いのが、連絡先交換を執拗に迫るというもの。

下心がある男性は、できる限り早く二人切りで会いたいと考えているので、そのためにも連絡先の交換を急ぐことにもなりかねません。

好きな食べ物などを聞き出して、良い店を見つけた際は連絡するからなどと、耳触りのよい 理由をつけては、何とか連絡先を聞き出そうとしかねません。

 

| 3.話したいなど、何としても二人切りになろうとすると

二人なろうとするということ。あっちへ行かないとか、二人でじっくりと話したいなど、何としても二人切りになろうとするというもの。

普通であれば、特別な関係など何もない女性と二人切りになるなど、男性側から避けていくような事態ということにもなりかねません。

下心がある男性の場合、隙あらばと思っているところがあり、一刻も早く二人切りになろうとします。

 

| 4.手を引っ張るようにして、ホテル街へ連れて行こうとする

ホテルに入ろうとするということ。食事をしたり飲み会の帰り道、手を引っ張るようにして、ホテル街へ連れて行こうとするもの。

これは完全に黒の分かりやすい下心で、ほかにもストレートにホテルへ行かないと誘ってくることもあります。

こういう時は覚悟を持って、流されないよう自分自身はどうしたいかを考え、本心を伝えるようにします。

 

 

 


男性の下心は既婚者にも見えるもの、覚えておきたいそんな心理状況


 

| 1.隣の席をキープするのも、下心がある見込みは高いという

飲み会などで隣をキープするという心理状況。合コンだったり飲み会などで、魂胆見え見えで気に入った女性の隣の席をキープするのも、下心がある見込みは高いというもの。

下心を心に隠している時は、そこから二人切りの会話に持ち込もうとするほか、連絡先を積極的に聞いてきたりすることにもなりかねません。

その後、二人で抜け出さないなどといった提案があれば、下心があるのはほぼ確実になります。

 

| 2.先ずは相手に乗り気があるかどうかの反応を探るという

ボディタッチをしてくるという心理状況。下心がある男性に多いのが、ボディタッチをしてみて、先ずは相手に乗り気があるかどうかの反応を探るというもの。

特に飲み会の場などでは、お酒の力を借りることで、普段はできないようなスキンシップもできてしまうことにもなりかねません。

唐突に誘うのではなくて、ボディタッチをしても嫌がらないかどうか、そんな様子を伺っているということです。

ただ手を触れる程度なのか、太ももだったり腰などよりセクシャルな箇所に手を伸ばしてくるのかで、下心の度合いが変化することにもなりかねません。

 

| 3.手を繋いでくるといった行為も、下心が見えて要警戒と

手を繋ごうとするという心理状況。飲み会での帰り道などで、酔った勢いで手を繋いでくるといった行為も、下心が見えて要警戒というもの。

手を繋ぐと言っても何回もデートを重ねていて、繋いで良いと優しく聞いてくるようであれば、大切に思っている証しです。

そうではなくて、半ば強引に無理矢理に手を繋いでくるような場合、その場だけの下心や昂った心から来る行為かも知れません。

 

| 4.家で飲み直さないなどの誘いの言葉を口にする男性もいる

家に誘うという心理状況。飲み会の後などに、家で飲み直さないなどの誘いの言葉を口にする男性もいるもの。

こういった時に簡単について行ってしまえば、相手の下心を見抜けずに、不本意な関係ができてしまうことにもなりかねません。

他人の目がない自らのフィールド内へと、連れ込もうとしているところがあります。

 

 

 

まとめ

男性の餌食とならぬよう警戒も必要です。ここでは、男性の下心は見え隠れするもの、サインを見逃さず上手く対処する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。