無神経な人の末路は心配なもの、デリカシーに欠けた人物との接し方



普段の生活で身の回りに、無神経な人というのがいるもの。そうした人物が職場や学校などにいると、その場の雰囲気も悪くなりやすくなります。更に、心ない言葉を浴びせられたリ空気を読まない言動をされたりと、ストレスは溜まる一方になることに。

無神経な人が職場内にいる場合は、デリカシーがない発言や苛立たせる行動により、業務に支障をきたすことにもなりかねません。

もちろん何を考えているのかは不思議に思えますが、無神経な人というのは持っている病気から来ていることもあります。アスペルガー症候群に関係した人は、知的障害もなく表面的なコミュニケーションは問題が生じにくいので、外見から判断しにくい傾向。

なので、無神経な人とか常識のない人と誤解されやすく、本人が疎外感や孤独感を抱くことも珍しくありません。ここでは、無神経な人の末路は心配なもの、デリカシーに欠けた人物との接し方を紹介しています。

 

 

 


無神経な人の末路は心配なもの、デリカシーに欠けた人物との接し方


 

| 1.何を言われても鵜呑みにはせず、相槌を打って乗り切る

そんな人物だと思って割り切るということ。勤務先などではこんな無神経な人がいても、そう簡単に関係を断つというのは難しいもの。

なので、この人はこういう人物と割り切ることで、ストレスを溜めたり振り回されたりすることから解放されるかも知れません。

具体的な振る舞いとしては、何を言われても鵜呑みにはせず、適当な相槌を打って乗り切るといった手段があります。

 

| 2.他人の気持ちを考える、切っ掛けとなるかも知れません

感情を言葉にして伝えるということ。無神経な言い方をされた際、傷付くと同時に驚いてしまい、何も言い返せないときがあるもの。

そういったときは落ち着き払い、そういう言い方は他ではしない方が良いと、感情を言葉に変えて伝えてみます。無神経な言葉にどんな感情が生じたかを伝えることで、他人の気持ちを考える切っ掛けとなるかも知れません。

 

| 3.知られたくないことを相談すると、まばたきする間に噂に

秘密の相談はしないということ。無神経とされる人物は高飛車な態度で助言をしたり、口が軽いといったところがあるもの。

なので、余り他の人に知られたくないことを相談すると、それこそまばたきする間に噂になってしまうこともあります。それを避けるためには、知られたくない秘密は話さないことが一番で、内緒の相談は信頼のおける人物を選んでします。

 

| 4.考えていたリアクションと違う、無神経な発言が減るかも

居直ってすべてを肯定してみるということ。無神経な言い方をされたとき、上手く受答えができず苦笑いになることがあるもの。そんなときに有効なのがオウム返し

例を挙げると、仕事ができないねと言われた場合、そうなんです仕事できないんですという風に。真に受けず適当な感じがポイントで、考えていたリアクションと違うと感じると、無神経な言動が減るかも知れません。

 

| 5.周囲に打ち明け味方を増やしておくと解決されることも

周りの人たちに相談するということ。無神経な人の攻撃的な発言が向かってきている場合、周囲に打ち明け味方を増やしておくと解決されることもあるもの。

業務などに支障が生じているのであれば、異動や席替えといった対処で、無神経な人との接触を避けてくれることも。なので自分自身では解決できないと感じた場合、上司や先輩などに相談してみるのがベター。

 

| 6.頭を悩ませ苦しんでいる時間が減れば、ストレスも軽減

できる限り関わらないようにするということ。友人などにいい加減な人物がいた場合は、誘われても数回に1度回は断ったりするというもの。

ほかにも職場の人間なら、休憩をする場所だったりタイミングをずらしたりすると、関わりが薄くなります。無神経な人に頭を悩ませ苦しんでいる時間が減れば、ストレスも自然に軽減されることに。

 

 

 


無神経な人は先ず病気の可能性をチェック、アスペルガー症候群の関連


 

発達障害の1種のアスペルガー症候群は、生まれつき脳の働きが正常でないことが要因と考えられていますが、はっきりと示すほど解明されていません。

ただ、知的障害は見られず表面的な意思疎通は問題が発生しにくいため、外見からは判りずらく無神経な人と呼ばれる傾向。

 

| 1.暗黙の了解で成立、社会的なルールを理解するのが不得手

対人関係における障害ということ。アスペルガー症候群とされる人は、人間関係でトラブルが発生することがあります。

これは、相手の意図や気持ちをイメージしたり、その場の空気など暗黙の了解で成立している、社会的なルールを理解するのが不得手のため。

更に、自らの感情を表現したり、行動や発言が他の人に与える影響をイメージすることも苦手なため、雰囲気にそぐわない率直過ぎる発言をすることもあります。

 

| 2.間接的な表現方法を読み取ることを苦手、発言をそのまま

コミュニケーションにおける障害ということ。独特な言葉の使い方をする人が多く、他の人とのコミュニケーションが難しい場合があるもの。

書物などで覚えた難解過ぎる言い回しで喋ってみたりしますが、間接的な表現方法を読み取ることを苦手としていて、相手の発言をそのまま受け取ります。

ほかにも、お世辞をはじめユーモアや皮肉などを理解することが難しく、会話に追いついていけなくなることがあります

 

| 3.予想外の事態を目の当たりに、不安にかられパニックを

想像力の障害と言える、パターン化した興味や活動ということ。決まった手順やスケジュールを貫き、想定外の事態への当意即妙な反応が苦手というもの。

予想外の事態を目の当たりにすると、不安にかられパニックを起こすことも。物事の一部に拘ってしまい、全体像を把握するのが苦手です。

また、対人関係の難さが合わさることで人付き合いを避け、一人で自らの好きなことに夢中になることを好む人も珍しくありません。

 

 

 


無神経な人は育ちに関係があるかも知れない、覚えておきたい特徴面


 

| 1.答えにくいことばかりを質問してくる場合、警戒が必要

聞いては駄目なことを聞いてくるということ。家族構成や金銭に関することは、親しくもない人に詳しく聞くことは禁忌というもの。

但し、そんなことも気にしないで質問をしてくる人は、デリカシーが欠けていて無神経な人。新しく知り合った人物が答えにくいことばかりを質問してくる場合、警戒が必要ということに。

 

| 2.見ている周りの人たちも嫌な気持ちにさせ、扱いにも困る

余計な一言が多いということ。相談事や仕事のことで、お節介を焼いたりアドバイスをしたりする人は多くいるもの。

ただ、助言をするだけでなくだから駄目なんだなど、余計な一言を付けたす人はデリカシーがない無神経とな人。こんな発言はされた当人だけでなく、それを見ている周りの人たちも嫌な気持ちにさせ、扱いにも困ることに。

 

| 3.待ちきれないで何回も連絡がくる可能性があるので要注意

他の人との距離感が近いということ。職場の人たちや知り合ったばかりの人物とは、心地よく過ごすため適切な距離感が大事なもの。

ただ、慣れてくると飛躍的に距離を詰めてきて、相手に窮屈な思いを抱かせるのが無神経な人。連絡先交換などをすると、時間も考えず連絡してきたり、返事を待ちきれないで何回も連絡がくる可能性があるので要注意。

 

| 4.何度も話し掛けたり、急ぎでない質問をするのも無神経

周りの状況を読まないということ。仕事に集中しなければいけない時やトラブルで差し迫った時もあるもの。

そういった空気を読めず、忙しそうにしている人に何度も話し掛けたり、急ぎでない質問をするのも無神経な人。こういった人物が職場の中にいると、その場の雰囲気が悪くなってしまうことに。

 

 

 


無神経な人はスピリチュアルに関係があるかも、知っておきたい心理面


 

| 1.無神経な人は同時に感受性も乏しいという傾向にあるもの

他人からどう思われても平気ということ。自らが配慮の無い言い方をされても気に留めないという理由で、他人を傷付ける言葉を口にする人もいるもの。

自らが何を言われても気にしないので、先方も平気だろうという心理。そんな人に他人の気持ちも考えてと言っても通じず、同時に感受性も乏しいというのが無神経な人の傾向に。

 

| 2.上下関係があるケースは、断ったり態度に現すのは難しい

目下の人間には、何をしても大丈夫と勘違いしているということ。無神経な人物のなかには、嫌なら嫌とはっきりすればと思う人もいます。

ただ、役職だったり年齢差などの上下関係があるケースでは、簡単に断ったり態度に現すのは難しいもの。そんな人が我慢をしていることもありますが、そのことに気づかずデリカシーのない言動を繰り返すことに。

 

| 3.傷付けておきながら冗談も判らないなど、責任転嫁する

冗談を口にしているつもりということ。荒い言葉遣いの突っ込みをしてみたり、容姿を誹謗中傷する冗談を言う人もいるもの。

いわゆるお笑い芸人がやってこそ、初めて成立するタイプの冗談を実際にしてしまう無神経な人。人を傷付けておきながら冗談も判らないなど、責任転嫁することもあり、悪いことを言っている自覚はさほどありません。

 

| 4.自分の意見を押し付けるほか、言葉で相手を傷付けたりも

自分は優秀と勘違いをしているということ。自分は仕事ができるという自信から、周囲に対し高圧的な態度をとるというもの。

愛情のある人なら後輩の成長を注意して見守ったり、間違いはさりげない一言で正します。無神経と呼ばれる人物は、自らの考え方を押しつけるほか、相手を言葉で傷付けたりもします。

引き寄せの法則で、無神経な人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

職場や学校等にいると場の雰囲気も悪くなる。ここでは、無神経な人の末路は心配なもの、デリカシーに欠けた人物との接し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。