普通じゃない人生は移し替えることが肝心、自分らしく生きる考え方


世の中には普通じゃないと言われることがあるもの。それは普通じゃない人であったり、普通じゃない映画であったり、良いところも悪いところもあります。

人間関係を上手く維持できなかったり、他人と同じことができないなど、自身は社会不適合者なのかもと人知れず辛い思いをしている人も。

この普通じゃないと感じる人の中には、アスペルガー障害やADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症などの発達障害の可能性もあり一概には言えません。

ただ普通じゃない人の生き方などを見てみると、喜びを自身で作る認識をしている人物ということになります。金銭を支払って他人に喜ばせて貰ったり、楽しませて貰ったりが常識ではなく、生きていること対し自らの責任で喜びを掴む選択をしているもの。

ここでは、普通じゃない人生は移し替えることが肝心、自分らしく生きる考え方を紹介しています。

 

 

 


普通じゃない人生は移し替えることが肝心、自分らしく生きる考え方


 

普通な人というものは存在していません。ドラマや漫画の主人公は、平凡なありふれた人物として登場することも多いもの。では振り返って身の回りに、平凡で特徴のない人はどの程度と見渡しても、ほとんどいないのが当たり前になります。

もし特徴がないという人を思い浮かべたなら、その人物とは深く関わりがないことが考えられます。普通の人はいないということを認識するのが重要で、人間はそれぞれが違う特徴を持った特別な存在。

 

 | 1.変えられるものと変えられないものを、しっかりと把握

出来ないものは出来ないして、受け止めることがポイントということ。普通の人はコミュニケーションスキルを中心に、すべての能力が高いことを望む傾向にあるもの。

ただ、全ての人々がオールラウンドプレーヤーのように、普通の能力を持てるとは限らず、気質など決まったものは変えられません。努力により全部が変えられるわけではなく、変えられるものと変えられないものを、しっかりと把握することが重要になります。

変えられないもの代表は遺伝的なもので、身長が低い人が明日高くなろうとしても無理なこと。逆に変えられるものは、習慣的なもので例を挙げると勉強や掃除など。

なので出来ない事を見つけて無理に伸ばそうとせず、一つだけでも続けられることを見つけるようにします。続けられることは大抵が好きだったり得意だったりするので、普通じゃない人生に向けポジティブに進めることに。

 

| 2.普通じゃない人生を自分らしく生きる主観はあくまで自分

自らの生き方を他人と比べないということ。人間が不幸を感じる原因の多くは、他人と自分自身を比べることにより生じるもの。

幼少の頃は、周りの友達と同じおもちゃを持ってなくて泣いていたり、大人になっても友人が乗っている車を見ては羨ましく感じたりと、比較は良い影響はありません。最近はSNSなどで他人の状況を知ることも多く、その分自分と他人との比較も多くなりがちです。

ただ、この世の中は一人一人の人間が存在していて、それぞれに個人的な世界を持っているので、意見をはじめ認識や価値観など生き方は何もかもが違うもの。

当然過ごしている環境や生活程度も異なっています。なのでTwitterやInstagramなどを断ってみることで、他人と自分を比べる回数を大きく減らせることに。

普通じゃない人生を自分らしく生きる主観はあくまでも自分にあり、生きている意味は誰かに言われるものでなく比べるものでもありません。

 

| 3.理解できない人物を普通じゃない人と区分けしているもの

普通じゃない人の意味を知るということ。他人の情報や認識を自分のもののように取り入れ、理解できない人物を普通じゃない人と区分けしているもの。

これは一般的に常識人と呼ばれる人の姿ですが、自分の胸の内に違う考えが沸き起こった際、思考と行動に違いが出て自らに嘘を吐くことに繋がります。

しかし矛盾のない生き方を常にしている普通じゃない人は、実際の行動と思っていることに隔たりがないので、そうした矛盾を起こすこともありません。

更に他の人たちとまったく違うことを明白に認識、自ら人生を己のために生きているので、自分自身を苦しめることをしません。皆がしているからと、生きづらさを耐え我慢をし、そのことでストレスを溜め自らを消していくような行為はしません。

国や環境により普通じゃない人の基準は変わりますが、共通するのは普通の人に理解できない思考や行動をする人と、人生を己のものにし自らを愉しませることが当然の人。

 

 

 


覚えておくと役にたつかも、普通じゃないと言われる人に見られるとこ


 

| 1.常識的な概念があることで、普通と普通じゃないの区別が

地球外生命体とか、関わりを持ってはいけない毒きのこということ。これの意味は、大衆や大多数に理解されにくいというもの。

皆と同じではないなんて変だという常識的な概念があることで、普通と普通じゃないの区別が作られます。こうした普通の人が大多数の環境から考えて、普通じゃないのは地球外生命体と見られたリ毒きのこと見られたリ。

 

| 2.自然体の自身を現せないことが理解できないというもの

自らを苦しめることを、わざわざする意味が理解できないということ。自らを隠して偽ったり、自然体の自身を現せないことが理解できないというもの。

なので、周囲からの強制や過干渉などで自らを変えるように影響されても、自ら明確な意志が邪魔をして辛さや苦しみが伴います。、普通じゃない人は、自らを失ってまで生きる意味を認識できず、あるがままの姿を貫きます。

 

| 3.体裁や対面を気にかけて自分を偽ったりすることもない

人生の主人公は自身だと理解しているということ。他人の反応を一切気にしないので、普通じゃないということに自覚がないというもの。

自らの人生は己のものだという認識が明白にあるので、誰かに自身のことを意見されても影響はなく、自分の他が主観になる概念も持っていません。

更に他の人への体裁や体面を気にかけて自分を偽ったりすることもないので、人生の主人公は自分自身だと認識しています。

 

| 4.主張しないで合わせておこうなど、自らを隠すようなこと

自分の喜びのために生きるということ。社会性を持って他人と共存する際は、自分を偽って関係性を維持することも多いもの。普通じゃない人は、仲間外れにされるので自分を主張しないで合わせておこうなど、自らを隠すようなことはしません。

仮に批判や非難など否定されることがあっても、人生を己のものとして生きている認識があるので、楽しみを自分で作り喜ぶことを求めます。

 

 

 


普通じゃない人は仕事の面にも表れるもの、その詳しい性格の特徴面


 

| 1.達成するには、なによりもマイペースであることが重要

マイペースで自らのリズムを乱さないということ。当然のことですが発想だけみれば、普通の人と同じ発想をしているもの。

一般的には無理だろうとされるようなことを、普通じゃない人は成し遂げます。そんなことを達成するには、なによりもマイペースであることが重要。

 

| 2.効率的に取り組むことで、類い稀なる成果を上げることが

興味があることに対し、集中力が抜群ということ。集中すると同じ時間でも、その中身の効率が大きく変わってくるもの。普通じゃない人は、一つのことに集中し効率的に取り組むことで、類い稀なる成果を上げることができます。

 

| 3.楽しいと感じているので、苦労などとは露ほども思わない

努力することを、何とも思っていないということ。自らが好んでいることをやっているので、努力も苦にならないというもの。努力して取り組んでいること自体を楽しいと感じているので、苦労などとは露ほども思わないのが特徴の一つ。

 

| 4.やるほど結果も残って、取り組んだ分野への興味も湧く

意志が強く、自身が決めたことはやり遂げるということ。普通じゃない人は自らの能力が、高い所にあることを判っている人が多いもの。

なので、決定には自信を持っていて、やるほど結果も残っていくので、取り組んだ分野への興味も湧いていきます。

引き寄せの法則で、普通じゃない人生を。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

喜びを自分自身で作る認識をしている人。ここでは、普通じゃない人生は移し替えることが肝心、自分らしく生きる考え方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。